食べ過ぎの失敗を翌日にリセット!
五感をフルに使う「快食瞑想」。

「食べ過ぎをおさえたい」「モヤモヤをリセットしたい」など、日常でよくある場面を“マインドフルネス=瞑想”で乗り切ろう! 第9回は、以前紹介した「食事瞑想」の進化版、「快食瞑想」をご紹介! 五感をフルに使った食べ方はダイエットも効果あり、食べ過ぎた翌日に最適! マインドフルネス入門編を併せて読むと、より理解が深まりますよ。

食べ過ぎちゃって胃袋増大。
過食を防いで、痩せたい!

春は歓送迎会にお花見など、食べ過ぎてしまうイベントが目白押し。気づけば今日もやってしまった……。翌日に反省したところで、昨日のツケは体に蓄積。胃袋も大きくなっちゃって、食べる量も自ずと増えちゃう。過食がおさえられて、痩せられる方法ないかな。

そんなときは……

気のおけない友人との食事は、楽しさも相まって食べ過ぎてしまいがち。でも翌日は後悔がつきまといますよね。しかも胃袋も大きくなり、食欲が増すという悪循環……。

そんなときに私も実践しているのが、マインドフルイーティングと呼ばれる「快食瞑想」。前回紹介した「食事瞑想」では、食べる前の姿勢などに重きを置いていましたが、今回は食べものへの感謝や食べ方に意識を集中させていきます。

五感をフルに使って食べることは、たくさんの感覚に注意を向け続けること。それは結果的にゆっくり味わうことになるので、食べるスピードが落ちて血糖値が上昇し、満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを防ぐことができます。

また食欲の増進は、空腹のほかに孤独や怒りなどのネガティブな感情も左右します。「快食瞑想」は食に対して感謝をするため、自ずと自分自身の心も満たされます。満腹感を得ながら、ネガティブな感情もコントロールできる。だからダイエットにも最適なんです!

快食瞑想のやり方

まずは産地や成分など食材選びからこだわりましょう。間違ってもコンビニの食べ物などはNG。添加物が多く、眠気が起こりやすく太りやすいためです。もし前日にお肉を食べ過ぎたのなら、美味しい野菜を選ぶなど、そういった点も意識してみてください。

いよいよ食事です。ここからは五感をフルに使い、ゆっくりと少量を味わっていきます。

最初は視覚。料理の色合いや形状に注意を向け、どんな風味や味なのかを想像してみましょう。続いて嗅覚。口に運ぶ前に、料理の香りを十分に楽しんでください。

口に入れたら、まずは触覚に意識を集中させます。舌に触れた食感が、柔らかいのか硬いのか。聴覚も忘れずに。噛んだ時に聴こえてくる音などに耳をすませください。最後が味覚です。噛んだ時に溢れ出る味、食べ物を飲み込む時の喉の感覚などに集中を。

また食べながら、食材を育んだ土地や生産者の人への感謝の気持ちを忘れずに。そうすると、満腹中枢だけでなく、心も幸福感で満たされるはずですよ。

次回は
「理不尽に怒られた瞬間」に
使える瞑想を紹介!

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

プロフィール


山下あきこ

やました・あきこ/医学博士、内科医、神経内科専門医。2016年に株式会社マインドフルヘルスを設立。マインドフルネス、コーチングを取り入れた健康や自己実現に関するセミナーで、行動変容を促すスキルと正しい知識を提供している。
https://mindful-health.co.jp

+ 山下あきこの記事一覧

監修・文/山下あきこ イラスト/河原奈苗 撮影・編集/リンククロス

この記事を読んだ
あなたにおすすめ!

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン

いつもの道が楽しくなるお散歩アプリ

いつもの道が楽しくなるお散歩アプリ

アプリダウンロードはこちらから

+ もっと見る+ もっと見る

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status