笑って泣けて健康の勉強になる漫画本。
漫画読破後はマネしたくなる!

健康的なライフスタイルを提案するリンククロスは、いわゆるストイックなトレーニングを自らに課すマッチョイズムではなく、無理をしない自分らしい健康を信条としています。なぜなら、急に高負荷な筋トレをはじめても、多くの人は続かないですよね!? 例えば読書をして、気持ちの面から健康を意識してみる、なんてのはいかがでしょう。今回オススメするのが、内容も秀逸で健康の勉強にもなり、活字よりも気軽に読めちゃう漫画本。どんなに忙しくてもリサーチのため、1日5冊以上漫画を読む(サボりではないので悪しからず汗)、編集長・井上が、リンククロスユーザーに読んで欲しい3作品をご紹介。

健康漫画1冊目

『ぼくの体はツーアウト』
全8巻
著者:よしたに
発行:集英社

三十代著者による体験記。
身体が気になる男性必読です!

連載当初は、平日はサラリーマン・休日は漫画家という、2足のわらじで働いていた著者が(現在は専業漫画家)、自らの身ひとつで「人間ドック」「肥満外来」「禁煙外来」などの診察系から、「ウォーキング教室」「ボクシングジム」「乗馬ダイエット」などの習い事系まで、ありとあらゆる健康にまつわる体験をしていくエッセイ漫画(健康?な体験も多少あります)。この漫画の良いところは、著者の主観で全編書かれているため、体験での感想や所々のコメントが、すごくリアル。だから、何かはじめる前の参考としても読めそう。パートナーの身体が気になる方は、プレゼントするのもアリ?(妙なプレッシャーを与えるかもしれないので注意!)。

健康漫画2冊目

『ストレッチ』
全4巻
著者:アキリ
発行:小学館

ゆるい世界観がクセになる!?
実用的なストレッチ法が満載。

まずは主役女子2人がカワイイ(重要)。しかも「ストレッチに特化した漫画」というのも、面白いところ。後輩と同居することになった先輩女子が、ダイエットという名目で後輩のストレッチに付き合わされる、というシンプルな設定ですが、漫画内で紹介するストレッチはどれも参考になるものばかり。しかも、ゆるい2人の掛け合いを主軸とした日常を描いた内容ながら、実はストーリーとしてもかなり深みがあります。きっと巻を重ねるごとに引き込まれていくはず。これを読んで、パートナーや友だちと2人でストレッチをしてみる、なんてのも良いですよね! 女性の同居生活を覗き見するといった使い方はやめましょう(すいません)。

健康漫画3冊目

『玄米せんせいの弁当箱』
全10巻
著者:魚戸おさむ
脚本:北原雅紀
発行:小学館

改めて食事を大切に……。
食を考えさせられる1冊!

最初に目に飛び込んでくるのがインパクト大の表紙。10巻すべて、お弁当の写真が使われ、どの巻も美味しそう! 内容は日本の食文化や農家の話など、“食育”について丹念な取材をもとに描かれたハートフルストーリー。主人公の大学講師・結城玄米(通称=玄米せんせい)は「食べることは生きること」という理念のもと、生徒たちにぬか床を作らせたり、さまざまな講義を行っていきます。食べ物を題材にした面白い漫画は多数ありますが、これほど「食」について掘り下げた漫画は少ない気が。読後には「もっと食事を大切にしなきゃ」という気持ちにさせられるはずです。家族や恋人と読んで、食と健康について語り合うきっかけにしてみましょう!

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

編集・文/井上峻

FOLLOW US

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン

RELATED ARTICLE関連記事