夏だ、海だ、江の島へ行こう!
映えも歴史も全部楽しめルート。

ついに夏が到来。よし海へ行こう! ということで、今回の東京ガールズ散歩は、都心にも近い海岸沿いのエリア「江の島」を散歩します。海水浴のイメージが強いかもしれませんが、お土産屋さんや飲食店だけでなく、神社、植物園、展望台……と観光スポットがぎゅっぎゅっと詰まっているんです。女子にうれしい写真映えスポットも見つけましたよー! 夏の散歩は江の島で決まりです!

目次

10:45

江ノ電で気分もアガる!?
江ノ島駅から、いざスタート!

今回のガールズ散歩は、江ノ島電鉄の江ノ島駅がスタート地点。湘南沿いを走るレトロな車両の江ノ電が気分を上げてくれます。江ノ島駅から江の島に上陸するまでの道中には、さまざまなお店が並んでいて、散策に最適です。

江ノ電 江ノ島駅
神奈川県藤沢市片瀬海岸1-4-7
https://www.enoden.co.jp/train/station/enoshima/

11:00

江の島のインスタ映え発見!
カラフルスムージーで朝ごはん。

まずは、江ノ島駅からすぐの場所にあるスムージー専門店「imore(アイモア)」へ。2018年4月にオープンしたお店はすでに大人気で、テレビや雑誌などでもよく紹介されています。

人気の秘密は、このカラフルスムージー。鮮やかな色合いと表面に描かれたアートな模様がインスタ映えすると話題に。全5種類の中から、小松菜・りんご・マンゴー・バナナを使った「GREEN SMOOTHIE(グリーンスムージー)」と、ブルーベリー・アサイ・いちご・バナナを使った「PURPLE SMOOTHIE(パープルスムージー)」をオーダーしました。

「見た目はかわいいけど、気になるお味は?」
フルーツの甘さと野菜のバランスがよく、とってもおいしい! チアシード入りで腹持ちも良く、朝ごはんとしても良さそう。もちろんフレッシュな野菜や果物で作っているから栄養補給もばっちりです。カロリーを気にせずインスタ映えを楽しめるのは、女子にはとってもうれしいですよね!

imore(アイモア)
神奈川県藤沢市片瀬海岸1-8-39 2F
営業時間:11:00~18:00
定休日:火曜日
https://www.instagram.com/imore_enoshima_subana/

11:30

麦の香ばしさがクセになる。
江の島を冠した新感覚プリン。

imoreから江の島に向かって少し歩くと見えてくるのが、青と黄色のビビットな色使いが映える「江の島プリン」。2019年3月にオープンしたばかりのプリン専門店です。

こちらの江の島プリンは、自然食品を手がける「日本精麦株式会社」が運営しているそうで、健康食材の大麦をローストした“麦こがし”を使っているのが特徴。青のフタが人気NO.1の「江の島プリン」。卵黄をたっぷり使ったなめらかな口どけです。今回は、より麦こがしを使っている、黄色のフタの「江の島プリン レトロ」と、スタッフさんオススメの「江の島プリン オルゾ」をチョイス。

「江の島プリン レトロ」はしっかり固めなプリン。口の中いっぱいに麦の香ばしさと風味が広がります。「江の島プリン オルゾ」は、大麦を濃く煎ったオルゾのジュレをのせているから、大麦の香ばしさを存分に味わいながら2つの食感を楽しめます。大麦とプリンという意外な組み合わせは、ついついクセになること間違いなし。

店外にアイコンの星が大きくペイントされたベンチは、フォトスポットになること間違いなし。入れ物の瓶のデザインもかわいいから、お土産にもぴったり。江の島でしか味わえないプリンをぜひ堪能してみて。

これからの季節は、ソフトクリームも気になりますよね! プリンにも使われているカラメルソースがかかった 「江ノ島プリンソフト」もぜひ食べてほしい逸品。ソフトクリームとカラメルソースが絶妙にマッチします。江の島上陸までのお供として買ったら、散歩再開です!

江の島プリン
神奈川県藤沢市片瀬海岸1-11-27
営業時間:10:00~17:00
定休日:火曜日
TEL:0466-52-7433
https://enoshima-pudding.com/

12:00

弁天橋を渡って江の島に上陸!
島がまるごと観光スポット。

弁天橋を渡って、いよいよ江の島へ上陸! 「青銅の鳥居」が出迎えてくれます。なぜ鳥居があるかというと、江の島には日本三大弁財天を奉る「江島神社」があるからなんです。

江島神社の入り口となる「朱の鳥居」までの参道となる弁財天仲見世通りには、たくさんの飲食店やお土産屋さんが軒を連ねます。せっかくなら、お店をのぞきながら、お散歩を楽しみましょう。

ぜひ買って欲しいのが「丸焼きたこせんべい」。江の島食べ歩きグルメの定番中の定番で、お店の前はいつも行列が絶えません。専用機で生たこをプレスして焼き上げてくれるから、できたてほやほやを頬張れます。

顔よりも大きなサイズですが、口当たりが軽いのでサクサク食べられます。ほかに「丸焼きえびせんべい」もあるので、友達とシェアするのも良いかもしれませんね。

12:30

日本三大弁財天・江島神社。
江の島でパワースポット巡り!

にぎやかな弁財天仲見世通りを進むと「朱の鳥居」に到着します。

実は、江の島内にはいくつも神社があるのを知っていますか? 主に「辺津宮」「八坂神社」「中津宮」「奥津宮」「龍宮」があり、それを総称して江島神社と呼ばれているんです。つまり江の島は、散歩しながらパワースポット巡りできる場所でもあるんです!

せっかくならおみくじも楽しんでみて。ちなみに江島神社には、縁結びや女子力アップなど、女性に嬉しいご利益もたくさんあります。近くにはカップルのための「恋人の丘」もあるので、デートにも最適。恋人の丘にある「龍恋の鐘」を鳴らしたカップルは決して別れないといわれているから、意中の人と来てみては?

江島神社
神奈川県藤沢市江の島2-3-8
TEL:0466-22-4020
http://enoshimajinja.or.jp/

13:00

色鮮やかな季節の花々と
展望台からの景色にうっとり。

江の島は歩いて散策する以外に、部分的にショートカットできる有料エスカレーターの「江の島エスカー」があります。エスカーを使えば頂上まで登るのもラクラク。わずか4分で頂上に到着できちゃいます! ちなみに1959年にできた日本初の屋外エスカレーターだそう。

頂上には、色鮮やかな花と季節折々の植物が植えられた「江の島サムエル・コッキングダム苑」が。入園料はエスカーとセットの「江の島展望灯台セット券」にすれば、お得に購入可能できます。女子心くすぐる和洋折衷の庭園は、撮影スポットも多数ある絶好の散歩スポットです。

庭園を抜けると、湘南のシンボル的な展望灯台「江の島シーキャンドル」があります。入園料を払っていれば無料で展望台まで行けるので、ぜひ登ってみましょう!

高さは59.8メートル。展望台からの見晴らしは、最高! 天気がいい日には、富士山や伊豆半島などが見えます。陸地と青い海、歩いてきたルートを見下ろして「こんなに歩いてきたんだ!」なんて、会話が盛り上がること間違いなし。

江の島シーキャンドル
神奈川県藤沢市江の島2-3-28
営業時間:9:00~20:00
https://enoshima-seacandle.com/

13:30

海を眺めながらランチ。
生しらすとさざえを頬張る。

展望台を楽しんだあとは、さらに江の島の奥へと進みましょう。お目当ては、創業140年を誇る日本料理店の「魚見亭」。全席オーシャンビューが自慢で、特にテラス席だと、富士・箱根・伊豆大島までを一望できるそう。ここでは、江の島名物“生しらす”がたっぷり乗った「しらす丼」が食べられます。

注文したのは「生しらす丼定食(1050円)」と「江ノ島丼定食(1000円)」。生しらすは天候や漁の状況によっては食べられない日もあるので、見つけたらぜひ注文してみて。江ノ島丼はコリコリした食感のさざえを、親子丼のように卵でとじた丼です。美味しいのはもちろんのこと、江の島散歩でお腹がペコペコだから、食が進むこと間違いなしですよ!

魚見亭
神奈川県藤沢市江ノ島2-5-7
営業時間:10:00~日没後30分(季節により変動あり)
定休日:なし
TEL:0466-22-4456
https://enoshima-uomitei.com/

14:30

帰りはショートカット。
遊覧船でラクしちゃおう!

お腹いっぱいになったあとは、江の島の側端“稚児ヶ淵”へ。岩間を泳ぐ魚や貝などの海の生き物が見られます。この日は時間があいませんでしたが、かながわの景勝50選にも選ばれた美しい夕陽が楽しめるスポットでもあるんです。

おすすめが、稚児ヶ淵から出航している遊覧船「べんてん丸」。乗船すれば、あっという間に江の島を脱出して弁天橋の中腹に戻れます。「歩き疲れたな……」と思ったら、帰り道はショートカットしちゃいましょう。

べんてん丸
TEL:0466-22-4141(藤沢市観光センター)
https://www.fujisawa-kanko.jp/access/bentenmaru.html

いかがでしたか? 東京からすぐ近くだけど、観光スポットがいろいろあって日帰り旅行にもぴったり! 鎌倉にも近いので、各地を巡るのも楽しそうですよね。これからベストシーズンを迎える江の島を、みなさんも訪れてみてくださいね! 東京ガールズ散歩では、今後もおすすめのお散歩スポットをご紹介して行きます。

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

写真・文・編集:リンククロス

この記事を読んだ
あなたにおすすめ!

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン

いつもの道が楽しくなるお散歩アプリ

いつもの道が楽しくなるお散歩アプリ

アプリダウンロードはこちらから

+ もっと見る+ もっと見る