今年の夏こそサーフィンデビュー!
初心者女子はまずお店に行こう。

カッコよく波乗りできる女性って素敵ですよね! 夏が終わる前にはじめたい!という初心者女子のために、サーフィンによる健康&ダイエット効果から、お店で実際に買い物するならといった実体験までまとめてみました。サーフィンはしたことないけど興味あり!という、リンククロススタッフ2名と一緒に、お店へ行ってきましたよ。

サーフィンは健康にも
ダイエットにも効果的!

まずはサーフィンの健康&ダイエット効果について、今回取材に協力してくれた、サーフブランドの代理店・アドバンスマーケティングの南波さんに伺いました。

「サーフィンは夜明けと共にできるスポーツ。だから、平日でも休日でも時間を有効に使うことができるのがポイントです。波に乗ってから出社するような人もいるほどです」

「健康面でいうと、サーフィンは全身運動。上半身が特に鍛えられます。シェイプアップ効果もあり、続けていけば、くびれなどができることも。またボードの上に乗らなくてはいけないため、バランス感覚も養えますね。そして何より、自然との一体感はクセになります。日常でのイヤなことや悩みなどをリセットさせてくれますよ」

すごい!サーフィンっていいことづくしですね。では、そんなサーフィンを始めるために必要となるものを揃えに、実際にお店へ行ってきました!

サーフィンショップ

今回訪れたのは、サーフィン・ボディーボード・スノーボード・スケートボード・BMXなど、アクションスポーツの商品を豊富に取り揃えるショップ「ムラサキスポーツ」。こちらの池袋店にお邪魔しました!

ムラサキスポーツ 池袋P’パルコ店
東京都豊島区南池袋1-28-2 池袋パルコ別館P’パルコ 8F
TEL:03-5953-6062
営業時間:11:00~21:00
https://www.murasaki.co.jp/brand/ridelifemag-murasaki-sports/shop_key/ikebukuro/33861

ショッピングスタート!

「ムラサキスポーツ 池袋P’パルコ店」に訪れた、リンククロススタッフの2人。たまにサーフィンをするという、アクティブなショップスタッフの横山さんにアテンドされながら、店内をまわっていきます。

まずは水着のフロアから。波乗り時はウェットスーツを着るとはいえ、その下は水着のため、欠かせないアイテムのひとつです。サーフブランドの『ROXY』をはじめ、さまざまなブランドがラインナップ。

「サーフィンをすることを考えると、水着はなるべく、ぴたっとしたデザインで、装飾が多くないものがおすすめ。ウェットスーツが体にフィットする作りのため、着づらくなってしまうんです。それも考慮した可愛いものを選んで下さい」と横山さん。とはいえ、可愛いデザインが多く、ついつい目移りしちゃう2人……。

続いて洋服選び。今日みたいなオフィスカジュアルじゃ、海は似合いません! やっぱりサーフガールっぽい、アクティブかつヘルシーなコーディネートが大切です。

「洋服選びのポイントは、着脱のしさすや動きやすさ。あまりタイトな格好だと、サーフィン前も後も着替えづらくて大変ですよね。あと素材感も大切。砂浜はどうしても汚れやすいので、そういうのが気にならないものを選ぶようにして下さい」と横山さん。普段なかなか着ないタイプの洋服だからか、2人とも選ぶのに時間がかかってます。

続いて足元選び。やっぱりビーチといえば、ビーチサンダル! どうやら2人は、最近トレンドのシャワーサンダル型が気になるみたい。ソール部分が花柄になっていて、コーディネートのアクセントにもなりそう。

いよいよウェットスーツ。レディースは、カラフルな色や柄使いのものも豊富なんです。

「いちばん大切なのが厚さ。服と一緒で、海に入るシーズンによって最適な厚みが変わるので注意が必要。袖丈もそうです。また女性用のウェットスーツは、ウエストラインをきれいに見せてくれるデザインなどもあるため、そういうポイントで選んでもいいかも」と横山さんがアドバイス。初めてのウェットスーツ選びに2人も悪戦苦闘中……。

いよいよサーフボード選び。「こんなに色んなサイズがあるんですね」とサーフィン初心者の2人も大興奮。「初心者の方ならショートよりもロングボードがおすすめです。小さな波でも乗れるので、浅い場所でサーフィンをはじめられますよ」と横山さん。

おすすめのブランドとして選んでくれたのが『LIB TECH』のもの。実際に目の前に出してくれました。「このブランドは自転車に踏まれても壊れないくらい頑丈な素材を使用しているサーフボードなんです。だから初心者の方でも気兼ねなく使えますよ」。

世界一のサーフボード・シェイパー(サーフボードを作る職人)と称される、メイヘムとのコラボ商品も展開しているブランドです。

衝撃に強く振動を吸収するハニカムファイバーと呼ばれる素材を使用した『LIB TECH』はすべてMade in USA。その中でも横山さんがオススメしてくれた「7’0″ PICK UP STICK」は、どんな波にも対応してくれる万能タイプ。まさに初心者におすすめのボードなんです。

サーフボード13万5000円/LIB TECH
http://www.advance-j.com/surf_brands/libtech_surf/lib-waterboard.html

最後にリーシュコード。ボードが流されないように足にくっつける用のコードです。「色々なカラーのものがあるので、お気に入りの1本を見つけて下さいね」と横山さんが、最後までレクチャーしてくれました。

サーフガールコーデに
着替えてみました!

水着からサーフボードまで、すべてのレクチャーを受けた2人。「今までサーフィンとは縁遠かったけど、これを機に始めてみたくなりました」と気分も高揚したいみたい。ということで、その気分がさらに盛り上がるよう、サーフガールスタイルにチェンジしてみました。いつもはしない格好とのことですが、2人とも似合ってますよ!

「このまま海まで行っちゃおうかな」なんて話が盛り上がるほど、サーフィンへの興味が湧いた2人でした。次は海での実践編があるかも!? 乞うご期待!

(左)
カットソー5,500円/BILLABON
パンツ7,800円、水着13,000円、サンダル3,500円、バッグ4,500円/すべてROXY

(右)
ショートパンツ5,000円/RIP CURL
Tシャツ3,500円、サンダル3,500円、バッグ9,000円/すべてROXY

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

写真/中田昌孝 編集/リンククロス 取材協力/アドバンスマーケティング、ムラサキスポーツ 池袋P'パルコ店

この記事を読んだ
あなたにおすすめ!

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン