人気の山はあえて夜登る!
高尾山を楽しくナイトハイク。

モデルの千国めぐみさんが、巷で話題の健康スポットを訪ねる連載企画。プチブームにはなっているけれど、まだまだ体感したことのない人が多い健康スポットを、丁寧にレポートします。第6回目は、山ガールをはじめ、アウトドア好きの女性たちにじわじわと火が点きはじめているナイトハイク。夜の山を登るってあぶなくないの? いえいえ、夏は日中炎天下だし、人気の山は混雑しているので、意外と快適だったりするんです。ただし、装備はしっかりと! 今回は高尾山に行ってきました!

トレンド情報

ナイトハイクってなに?

その名の通り、夜、山に登ることをナイトハイク(ナイトハイキング)と呼びます。夏は日中暑いため、夜登ることでそのストレスも軽減。また人混みも避けることができます。夜行性の昆虫や植物などが見られたり、山の上から夜景を眺めたりと、ナイトハイクならではの楽しさも。基本、服装や持ち物は通常の登山と一緒ですが、絶対に忘れちゃいけないのがライト。懐中電灯もいいですが、両手が自由に使えるヘッドライトがベターです。今回訪れた高尾山の売店でも販売していたので、忘れた方は購入しましょう。

本日はここに行ってきました!

高尾山
http://www.takaotozan.co.jp

都心から電車で約1時間。さまざまな登山コースがあり、初心者から登山に慣れた人でも楽しめる、関東イチの登山名所。ケーブルカーで昇れる展望台にはビアガーデンがあるため、それ目当てで来る方も多いそう。ちなみに藤原倫己の6ヶ月間ダイエットで訪れた陣馬山も、高尾山から登頂することが可能です。今回は最もビギナー向けの1号路を登りました。ゆるやかなコースですが、夜だと印象ががらりと変わります。

大自然を歩き、美しい夜景に出会う。
ナイトハイクならではの魅力とは?

アウトドア好きの千国さんもはじめてという、ナイトハイク。登山者よりも下山者が増えてきた頃に、山頂を目指します。標高599mとはいえ、約100分のコース。少し雨もパラついています。
「夜に山を登る機会なんてなかったので新鮮です」と千国さんも出だしは意気揚々です。高尾山といえど夜の山道、無事何事もなく、たどり着けるのでしょうか?

登山開始時はまだ多少明るさがありましたが、登るにつれ段々とあたりが薄暗くなってきます。1合路途中にある展望台のビアガーデンに後ろ髪を引かれながら、どんどん登り進めていきます。「もうライトがないとあぶないかも」と早速点灯させる千国さん。先ほど降った雨のせいで、舗装されていない地面は少しぬかるんでいます。
途中、ナイトハイクしている人に出会い話を聞くと、なんと「蛾」目当てに登っていることが発覚。見れば、ほかの登山者たちは、みな一様に虫取り網を片手にハイクしています。「蛾が流行っているなんて知らなかった」と千国さんはじめ、一同驚きました。

登山道も終盤にさしかかると、夜のため通常の道が規制され、迂回して登らなければいけない箇所がでてきます。かなりデコボコした道で、各々ライトをかざしながら慎重に歩きます。「昼間の登山と違って、緊張感がありますね。でもそれが楽しいのかも。ひとりで登るのはちょっとイヤかな……」。スタッフが転倒しかけたり、びっくりするくらいの大きなキノコを発見したり、いろいろありましたが、なんとか頂上が見えてきました……!

ついに到着。雨が降ったおかげか、美しい雲海が山頂から望めました。これもひとえに、ナイトハイクを頑張ったおかげですね、千国さん。
「山頂に着いた達成感はもちろんですが、美しい夜景、夜だから見られる景色はナイトハイクならではの醍醐味ですね。ハマる人の気持ちがわかりました。しかも、暗くて道があまり見えないからこそ、一緒に登った人との一体感も高まる気がします。ぜひ仲の良い女友達とのナイトハイクをおすすめしたいですね。盛り上がりますよ! あと高尾山は日中混んでいるので、夜だと人も少なくて気兼ねなく登山できたのも良かったです。ただ、もっとハードな山にチャレンジとなると、何度か登って慣れている山じゃないと辛いかもしれません。無理は禁物です。次は富士山、登ってみたいなー」

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

プロフィール


千国めぐみ

ちくに・めぐみ/ファッションモデル。『Pinky』(集英社)や『CanCam』(小学館)のモデルを経て、現在は『mina』(主婦の友社)『with』(講談社)でレギュラーモデルを務める。美容、特にスキンケアの知識や情報にとても精通していて、2013年には「美容薬学検定1級」も取得。またアニメやゲームも好む。2016年7月に雑誌内にて結婚を発表した。

+ 千国めぐみの記事一覧

写真/黒坂明美 スタイリング/滝沢真奈 編集・文/戸塚真琴

この記事を読んだ
あなたにおすすめ!

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン

いつもの道が楽しくなるお散歩アプリ

いつもの道が楽しくなるお散歩アプリ

アプリダウンロードはこちらから

+ もっと見る+ もっと見る

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status