植物を暮らしに取り入れる。
ハーブがくれる効能とは?

もっと手軽に、もっと健康に……。そんな想いからはじまったスペシャル企画です。明日はじめられる7つの健康なコトを、毎週水曜日は解説、金曜日は藤本美貴さんが実践と、7週に渡ってお届け。第1回目は「植物」について。緑のある生活は心だけじゃなく体も豊かになるんです。藤本美貴さん出演の金曜日更新の回もお見逃しなく!

植物とハーブと暮らす

緑に囲まれた公園を散歩したり、木々溢れる大自然の中へ行ったりすることで、私たちは不思議と心と身体がリフレッシュされます。植物と触れ合うコトは、心を豊かにするだけでなく、体内も浄化してくれるそうです。緑と暮らし、植物を取り込む、そんな生活のススメ。

人は本能で植物を求める。

植物には、太古から私たちの体調を整えるために使われてきたという長い歴史があります。近年は、そうした植物の働きが、科学的にも解明されるようになりました。総称してフィトケミカル成分(植物化学成分)といわれる植物の有効成分は、移動することのできない植物が、外敵から身を守るためにつくる物質ですが、人間が食べることでも、さまざまに役立つ作用があることがわかっています。フィトケミカル成分を取り入れることで、私たちの体調が整えられるという事実は、人が本能的に植物を求める理由といえるでしょう。

植物をさまざまなカタチでライフスタイルに取り入れることで、自然から離れた生活を送る現代人も、わずかでも自然に寄り添うことができるでしょう。食べたり、飲んだり、触れたりなどの日常の生活の中で、五感を通して植物とのつながりを意識することは、難しいことではありません。

水分補給にハーブを摂取。

ハーブに熱湯を注いで植物の成分を抽出したものをハーブティー(茶剤)といいます。主として植物の水溶性成分を取り出すことができます。日常のティータイムにハーブティーを加えることで、楽しみながら無理なくさまざまな成分を取り込め、「香り」の働きも得られます。

熱湯で成分を抽出するときのコツは、揮発性の成分が逃げないように、熱湯を注いだあとすぐに蓋をすることです。暑い季節には冷やしてアイスハーブティーにする方法も。熱湯で抽出する以外に常温の水で長時間抽出する方法もあります。これを「水出しハーブティー」といい、マテ茶などでカフェインの抽出量を抑えたいときに用いられます。

ハーブティーとして引用するだけでなく、濃く抽出したものを入浴剤としてお風呂に入れたり、タオルなどに浸して湿布にしたりもできます。

美味しい淹れ方

1
温めたティーポットにティースプーンで1杯分のハーブを入れ、熱湯を注いで蓋をする。
2
花や葉の柔らかいハーブは約3分、硬い実や根は約5〜10分おいて成分を抽出させる。
3
ティーポットを持って、ゆっくり回すように揺らしてお茶の濃度を均等にする。
4
茶こしなどを使ってティーカップに最後の1滴まで注ぐ。(最後の1滴には成分が濃く含まれています。)

——参考文献『天然おくすり 身近な食材や植物で不調を癒やす』池田明子著(学研プラス)

リコメンダー

池田明子

いけだ・あきこ/ソフィアフィトセラピーカレッジ校長。西九州大学客員准教授。一般社団法人日本フィトセラピー協会代表理事。一般社団法人日本ハンドケア協会代表理事。フィトセラピスト、臨床検査技師、植生工学士。植物の力を心身の健康と美容に活用する「フィトセラピー(植物療法)」の専門家「フィトセラピスト」などの養成と、心を癒す「ふれあい」ケアの普及、「ハンドケアセラピスト」などの養成を行っている。最新著が、今回参考にした『天然おくすり 身近な食材や植物で不調を癒やす』(学研プラス)。

藤本美貴さんが登場するイメージ編へ!

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

イラスト/クラーク志織 編集/井上峻

FOLLOW US

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン

RELATED ARTICLE関連記事

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status