身体に優しいロースイーツ・前編。
「甘酒ロートリュフ」。

今年のバレンタイン、どんなチョコを贈りますか? せっかくなら、相手の健康を気遣ったロースイーツを作ってみては? ロースイーツとは、お砂糖を使わず、素材の味を最大限に活かすヘルシースイーツのこと。ライフデザイナーでロースイーツの講師でもあるHALUさんに、前編・後編の2回に分けて、初めてでも簡単なレシピを教えてもらいました。前編では、飲む点滴とも呼ばれる甘酒を使った「甘酒ロートリュフ」のレシピを紹介します。

ロースイーツって?

「ロースイーツとは、48度以下で調理された非加熱スイーツのこと。精製された砂糖や小麦粉、乳製品などの動物性食材を一切使わず、添加物や人口甘味料なども使用しないので、血糖値などが上がりづらくなります。また、食物からとれる良質な油脂分、食物繊維、ミネラルなど、栄養価が豊富な食材を使っているのも特徴です。今回は甘酒を使ったトリュフと、バナナとアボカドを使ったタルトを考えてみました」(HALUさん)

1
甘酒ロートリュフ
2
ローチョコタルト

材料(20個分)

甘酒(無糖)…150ml
ココナッツオイル…大さじ1
カカオバター…80g
カカオパウダー…40g
塩…2つまみ

アーモンドダイス…適量
ローストアマニ…適量

作り方

1
カカオバターを溶けやすいサイズに刻み、湯煎にかけて溶かす。
2
甘酒・ココナッツオイル・カカオパウダー・塩を入れ、湯煎にかけながら混ぜ合わせる。そのあと、冷蔵庫で30分ほど冷やす。
3
手で押せるくらいに冷やし固まったら、ラップに一口サイズ分ほどのせ、丸く成形する。
4
カカオパウダー、アーモンドダイス、ローストアマニなど、まわりに好きなトッピングをまぶしたら完成。

しっかり甘さを感じて、
元気になれるヘルシートリュフ。

「見た目は普通のトリュフチョコですが、砂糖や甘味料は一切使わず、甘酒の甘みで作っているのがポイント。甘酒は『飲む点滴』と呼ばれるほど栄養が豊富で、疲労回復に効果的なブドウ糖、美肌効果のあるビタミンやミネラル、腸内環境を改善してくれるオリゴ糖や食物繊維などが含まれています。トッピングを変えれば味や食感のバリエーションが増えるし、男性にも女性にも喜ばれるはず! 材料さえ揃えば簡単に作れるので、ぜひ試してみてください」

後編のローチョコタルトはこちら

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

プロフィール

HALU

はる/ビューティースイーツクリエイター・ライフデザイナー。神奈川県葉山町出身。学生時代の過度なダイエット経験から独学で栄養学を学び、ロースイーツと出合う。学生時代からマルシェでのスイーツ販売を開始し、資生堂のヘルスケア事業部と健康飲料のリブランディングに携わる。卒業後はフリーで、スイーツのオーダーメイド販売、講師活動、企業とのタイアップ商品開発、レシピ開発などをし、2017年には世界初の医学会監修のレストラン立ち上げに携わる。@haluchn

レシピ考案・料理・監修/HALU 写真・文/リンククロス

この記事を読んだ
あなたにおすすめ!

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status