手軽さと美味しさを両立!
鯛としば漬けの華やかちらし寿司。

女優やタレントとしても活躍され、2017年に第一子を出産された安田美沙子さん。旦那さんの健康はもちろん、産まれてきたお子さんのためにも、日ごろから健康的なメニューを心掛けているそう。そんな美沙子さんが食育インストラクターの資格を生かして提案するヘルシーメニューは「手軽に作れておいしい!」と、連載でも大好評! 2018年第1弾となる、31回目のテーマは、私たちが毎日食べている「ごはん」。もっとも身近な食材を使って、簡単に作れるおもてなし料理をご紹介します。

材料(4~5人分)

ごはん(炊きたてのもの)…約800g
鯛(刺身用)…約500g
食用菊(黄)…3個
青じそ…20枚
しば漬け…60g
塩、酢…各少々

A
米酢…大さじ3
砂糖…大さじ1
塩…小さじ1と1/2

実山椒(水煮)…大さじ1

作り方

1
食用菊は花びらを摘み取る。鍋に湯を沸かし、塩、酢、菊を入れてさっとゆで、冷水にとって水気をよくしぼる。青じそはせん切りにし、しば漬けは刻む。
2
小鍋にAを入れて中火で熱し、混ぜながら砂糖、塩を溶かす。
3
飯台をぬれぶきんでふいてごはんを入れ、しゃもじを伝わせながら2を回し入れる。全体を切るように混ぜ合わせ、青じそ、しば漬けを加えて混ぜる。
4
3に鯛をのせ、菊、実山椒を散らす。

素材を生かすことで、
ちらし寿司もさくっと作れる!

「ちらし寿司は、手間がかかって大変……というイメージがありますよね? でも、お刺身やお漬けもの、薬味などを活用すれば、実はとっても簡単に作れちゃうんです。しかも今回は、漬けものの酸味と塩味に、青じその香りをプラスすることで、悩みがちな酢飯の味つけもバシッと決まるレシピをご紹介」

「香り豊かで、ピリッとした辛みが食欲をそそる実山椒や、鮮やかな色みや食感がアクセントになる食用菊を散らせば、華やかさが増して風味もよくなります。実山椒や食用菊の量はお好みで加減してOKですので、お子さんと一緒に食べる場合は、取り分けた後に、実山椒を大人の分にだけ散らしましょう。実山椒にはシロトーネという成分が含まれていて、胃腸を整える効果もあるんです。誕生日やお祝い事など、家族や友人が集まる大切な日に、見栄え、美味しさ、手軽さの三拍子がそろった一品を囲んで、楽しい時間を過ごしてください」

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

プロフィール

TALENT
安田美沙子

1982年生まれ。京都府出身。タレント、女優としてテレビやCMで活躍中。2014年に結婚し、2017年5月に第一子を出産。料理を作るのも食べるのも大好きで、家族のために愛情たっぷりのごはんを日々作っている。料理やファッション、愛犬などの写真などを載せたブログ(https://ameblo.jp/misanna/)も大人気。『「またあれ作って」と言われる幸せごはんレシピ』(講談社刊)も好評発売中。

+ 安田美沙子の記事一覧

レシピ考案・料理/安田美沙子 写真/黒坂明美 ヘアメイク/佐々木シエラ
文・スタイリング(料理)/中田裕子 編集/井上峻、戸塚真琴

FOLLOW US

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン

RELATED ARTICLE関連記事

ふたりだから続けられる
ダイエットアプリ

ふたりだから続けられるダイエットアプリ

アプリダウンロードはこちらから

+ もっと見る+ もっと見る