旬のフルーツで作る、
クリスマススイーツ・焼きりんご。

食育インストラクターの資格を持つ安田美沙子さんの人気連載「安田美沙子の家族のための健康料理」。12月はお子さんと迎えるはじめてのクリスマスパーティーをご紹介します。素材のうま味を引き出した、おいしくて華やかな心躍るクリスマスレシピを、前菜、スープ、メイン、デザートと4回にわたってお届け。ボリューム満点ラム肉のペッパークミン焼きに続くラストは、見た目もかわいい「焼きりんご」です。

クリスマスメニュー

1
ブロッコリーとカリフラワーの焦がしアンチョビバター和え
2
オニオングラタンスープ
3
ラム肉のペッパークミン焼き
4
焼きりんご

材料(4人分)

りんご(紅玉)…4個
シナモンスティック…2本
バター…小さじ8
はちみつ…小さじ8
シナモンパウダー…適量
ローリエ…4枚

作り方

1
りんごの芯を大きめにくり抜く。
2
くり抜いたりんごに、シナモンスティックを縦半分に切って入れ、バター、はちみつを小さじ2ずつ加える。
3
2にシナモンパウダーをふる。
4
耐熱皿に3を入れ、180度に温めたオーブンで40分焼く。
5
仕上げにローリエをりんごの葉に見立てて添える。

じっくり、じっくり焼いたりんごが
とろけるようなおいしさに!

「サクッと準備さえ整えてしまえば、あとはオーブンでゆっくり焼くだけ! パーティー料理は何品か並行して調理することが多いので、オーブン任せでおいしくなる料理が一品でもあると、とっても助かります。しかも、りんごは焼いても形が崩れずにかわいいままキープできるから、とってもオススメ」

「焼きりんごなど、りんごを皮ごと活用してお菓子を作るときは、鮮やかな赤がキレイに残る“紅玉”を使って作ってみてくださいね。シナモンスティックとローリエでりんごに見立てれば、さらに見栄えの良さも演出できますよ。フルーツを使ったデザートなら、たっぷりごはんを食べた後でも罪悪感が少ないのもいいところ! 自然な甘さが心地よく、スッキリとした後味なので、お酒にも合います。はちみつは、好みでもう少したっぷり加えても◎。りんごの甘さに合わせて加減してくださいね」

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

プロフィール

TALENT
安田美沙子

1982年生まれ。京都府出身。タレント、女優としてテレビやCMで活躍中。2014年に結婚し、2017年5月に第一子を出産。料理を作るのも食べるのも大好きで、家族のために愛情たっぷりのごはんを日々作っている。料理やファッション、愛犬などの写真などを載せたブログ(https://ameblo.jp/misanna/)も大人気。『「またあれ作って」と言われる幸せごはんレシピ』(講談社刊)も好評発売中。

+ 安田美沙子の記事一覧

レシピ考案・料理/安田美沙子 写真/黒坂明美 ヘアメイク/佐々木シエラ
文・スタイリング(料理)/中田裕子 編集/井上峻、戸塚真琴

この記事を読んだ
あなたにおすすめ!

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン

ふたりだから続けられる
ダイエットアプリ

ふたりだから続けられるダイエットアプリ

アプリダウンロードはこちらから

+ もっと見る+ もっと見る

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status