オーブン任せで焼くだけ絶品甘辛!
「チキンとさつまいものグリル」。

体調が万全でないとき、体の中から優しく元気に導いてくれるのが食事です。食欲がないときでもさくっと食べられるのはもちろん、簡単に作れておいしいメニューを料理家の市瀬悦子先生に教えてもらいました。体調に合わせて、「風邪を引いたときに食べる」「風邪予防で食べる」「体を整えるために食べる」「元気を出したいとき食べる」の4つのテーマで料理をご紹介! 第29回目のテーマは、「元気を出したいときに食べるごはん」。チキンを主役にしたメニューで体調を万全にし、クリスマス気分も盛り上げましょう。

元気を出したいときに食べる
サポート食材「鶏手羽元」

鶏手羽元は、タンパク質をはじめビタミンやコラーゲンなどがたっぷり。炭水化物、脂質と並ぶ三大栄養素のひとつであるタンパク質は、皮膚や骨、筋肉などをつくる重要な栄養素で、体力はもちろん免疫力の維持にも欠かせません。目の健康を守るビタミンAや体や脳の疲労を回復させる成分も含まれているので、仕事や家事に追われる年末こそ、積極的に摂取しましょう。

材料(2~3人分)

鶏手羽元…8本
さつまいも…小1本(200g)
紫玉ねぎ…1個
タイム…3~4本
塩…小さじ1/3
粗びき黒こしょう…少々

A
にんにくのすりおろし…1/2かけ分
トマトケチャップ、ウスターソース、しょうゆ、オレンジマーマレード…各大さじ1

作り方

1
手羽元は骨に沿って切り込みを入れ、塩、黒こしょうをすりこむ。
2
ポリ袋にAを入れて混ぜ、手羽元、タイムを加えてもみ込み、室温に30分ほどおく。さつまいもは1㎝幅の輪切りにし、玉ねぎは芯をつけたまま8等分のくし形に切る。
3
オーブン用シートを敷いた天板に2を重ならないように並べ、200度に温めたオーブンで25~30分焼く。

市瀬先生の「風邪ごはん」ポイント

野菜はじゃがいもやかぶなど
好みのものと組み合わせてもOK。
みんなが大好きな甘辛チキンで
食欲を刺激する!

「鶏手羽元は骨に沿って2本切り込みを入れることで、中まで火が入りやすくなり、生焼けの心配もありません。さらに味もしっかり入るので、何本でも食べられるくらいおいしくなりますよ。特に今回は鶏手羽元と一緒にさつまいもや紫玉ねぎを焼くことで、ボリュームも満点! 食材の色味もそろえることで、おもてなしにも重宝する仕上がりになります」

「年末は忘年会やクリスマスなどで人が集まる機会が多いですが、風邪などにかかって体調を崩す人も多い時季。そんなときは、パーティー料理も体に効く栄養満点のメニューにして、体調をしっかりサポートしましょう」

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

プロフィール

COOKING EXPERT
市瀬悦子

いちせ・えつこ/料理研究家、フードコーディネーター。「おいしくて、作りやすい家庭料理」をモットーにしたレシピが、簡単で分かりやすいと大好評! 書籍、雑誌、テレビなどで数多くのレシピを提案し、幅広く活躍している。『切り口ひとつで美味しく見せる 驚きの魅せレシピ』(家の光協会刊)など、著書も多数。
http://www.e-ichise.com/

+ 市瀬悦子の記事一覧

レシピ考案・料理・監修/市瀬悦子 写真/黒坂明美
文・スタイリング(料理)/中田裕子 編集/井上峻

FOLLOW US

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン

RELATED ARTICLE関連記事

ふたりだから続けられる
ダイエットアプリ

ふたりだから続けられるダイエットアプリ

アプリダウンロードはこちらから

+ もっと見る+ もっと見る

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status