辛みと酸味が絶妙! ボリュームスープ
「具だくさんサンラータン」。

体調が万全でないとき、体の中から優しく元気に導いてくれるのが食事です。食欲がないときでもさくっと食べられるのはもちろん、簡単に作れておいしいメニューを料理家の市瀬悦子先生に教えてもらいました。体調に合わせて、「風邪を引いたときに食べる」「風邪予防で食べる」「体を整えるために食べる」「元気を出したいとき食べる」の4つのテーマで料理をご紹介! 第28回目のテーマは、「元気を出したいときに食べるごはん」。ラー油が効いたスープは、肉、野菜、卵が入って栄養満点! 食べるだけでパワーをチャージできます。

元気を出したいときに食べる
サポート食材「ラー油」

ラー油は、ごま油などの食用油にとうがらしやしょうが、にんにく、ねぎ、山椒などで風味づけしたもの。食欲をそそるピリッとした辛みを料理にプラスできるほか、ラー油に含まれるとうがらしには、胃腸の働きを活性化させる作用や食欲を増進させる効果もあります。疲労やストレスが溜まって体調を崩す……といった悪循環があれば、ラー油の刺激を味方にして改善しましょう。

材料(2人分)

豚バラ薄切り肉…80g
しいたけ…2枚
にんじん…30g
もやし…1/2袋(100g)
溶き卵…1個分
粗びき黒こしょう…少々

A
水…2と1/2カップ(500ml)
酢、しょうゆ…各大さじ1と1/2
酒…大さじ1
鶏がらスープの素…大さじ1/2
ラー油…小さじ1
こしょう、ごま油…各少々

B
水…小さじ4
片栗粉…小さじ2

作り方

1
豚肉は1㎝幅に切る。しいたけは石づきを除いて薄切りにし、にんじんは4㎝長さの細切りにする。
2
鍋にAを入れて混ぜ合わせ、中火で熱する。煮立ったら1、もやしを加えて2分ほど煮たら、混ぜ合わせたBを加えてとろみをつける。
3
2に溶き卵を回し入れる。卵に火が入り、ふわっと浮いてきたら火を止め、ひと混ぜする。器に盛り、黒こしょうをふる。

市瀬先生の「風邪ごはん」ポイント

辛くて酸っぱい、
人気の中華スープをおうちでも。
やみつきになる味わいで
体もポカポカに!

「酢の酸味とラー油×黒こしょうの辛みが後を引くサンラータンは、豚肉、もやし、にんじん、しいたけ、卵が入り、具材も栄養もたっぷり! 仕上げに水溶き片栗粉で軽くとろみをつけることで、おいしい一体感も生まれます。また、体調の回復とともに食欲がでてきたら、サンラータンをつけ麺風にして食べるのもイチオシ! ゆでた中華蒸しめんを冷水でしめてごま油をからめ、サンラータンにつけながら食べてください。具材は食べるときの気分や体調に合わせて、鶏肉やたけのこ、ねぎ、豆腐、トマトなどを加えても美味。ひとつのメニューでアレンジをいろいろ楽しめるのもいいところです」

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

プロフィール

COOKING EXPERT
市瀬悦子

いちせ・えつこ/料理研究家、フードコーディネーター。「おいしくて、作りやすい家庭料理」をモットーにしたレシピが、簡単で分かりやすいと大好評! 書籍、雑誌、テレビなどで数多くのレシピを提案し、幅広く活躍している。『切り口ひとつで美味しく見せる 驚きの魅せレシピ』(家の光協会刊)など、著書も多数。
http://www.e-ichise.com/

+ 市瀬悦子の記事一覧

レシピ考案・料理・監修/市瀬悦子 写真/黒坂明美
文・スタイリング(料理)/中田裕子 編集/井上峻

FOLLOW US

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン

RELATED ARTICLE関連記事

ふたりだから続けられる
ダイエットアプリ

ふたりだから続けられるダイエットアプリ

アプリダウンロードはこちらから

+ もっと見る+ もっと見る