素材のうま味が体にしみわたる!
「きのことあさりの和風だしパスタ」。

体調が万全でないとき、体の中から優しく元気に導いてくれるのが食事です。食欲がないときでもさくっと食べられるのはもちろん、簡単に作れておいしいメニューを料理家の市瀬悦子先生に教えてもらいました。体調に合わせて、「風邪を引いたときに食べる」「風邪予防で食べる」「体を整えるために食べる」「元気を出したいとき食べる」の4つのテーマで料理をご紹介! 第22回目のテーマは、「体を整えるために食べるごはん」。少し多めのだし汁でスープパスタ風に仕上げ、食欲がなくてもツルッと食べやすい一品です。

体を整えるために食べる
サポート食材「きのこ」

カロリーが低く、ヘルシー食材としてダイエット食にも活用されるきのこ。しいたけ、まいたけ、しめじ、えのきたけ……など、種類も豊富でとても使い勝手のいい食材です。さらに、カリウムやマグネシウムなどのミネラルをバランスよく含むことで、余分な塩分を体外に排出するデトックス効果や、食物繊維による便秘&腸内環境の改善、免疫力アップなども期待できます。

材料(2人分)

スパゲッティ…160g
あさり(砂抜き済みのもの)…150g
まいたけ…1パック(100g)
しいたけ…2枚
しょうがのせん切り…1かけ分
万能ねぎの小口切り…適量
すだち…1個

A
だし汁…1と1/2カップ
しょうゆ…小さじ2
塩…小さじ1/4

作り方

1
あさりは殻と殻をこすり合わせてよく洗う。きのこは石づきを除き、まいたけは小房に分け、しいたけは薄切りにする。
2
鍋にたっぷりの湯を沸かして塩適量(分量外・目安は熱湯2リットルにつき塩大さじ1強)を加え、スパゲッティを袋の表示時間より1分ほど短めにゆではじめる。
3
フライパンにA、あさりを入れて中火で熱する。煮立ったら、しょうが、まいたけ、しいたけを加え、きのこがしんなりとするまで煮る。
4
2の湯をきって3に加え、さっと混ぜ合わせる。器に盛って万能ねぎを散らし、すだちを半分に切って添える。

市瀬先生の「風邪ごはん」ポイント

少しの工夫で、ごはんは
もっとおいしく食べられる!
食欲不振をカバーする、
アイデアパスタをお届け!

「食材からだしが出る、うま味の強い“きのこ”と“あさり”を組み合わせ、食欲を刺激するメニューに。普通のパスタにはだし汁を加えませんが、今回はスープパスタの和風版“だしパスタ”にすることで、さらっとおいしく食べ進めることができます。食欲がないときは、さっぱりとした“すだち”の香りをプラスするのも効果的! 味に変化が出て、食べ飽きることもありませんよ。また、体調が回復して食欲が出てきたときには、バター適量を加えるのもオススメです」

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

プロフィール

COOKING EXPERT
市瀬悦子

いちせ・えつこ/料理研究家、フードコーディネーター。「おいしくて、作りやすい家庭料理」をモットーにしたレシピが、簡単で分かりやすいと大好評! 書籍、雑誌、テレビなどで数多くのレシピを提案し、幅広く活躍している。『切り口ひとつで美味しく見せる 驚きの魅せレシピ』(家の光協会刊)など、著書も多数。
http://www.e-ichise.com/

+ 市瀬悦子の記事一覧

レシピ考案・料理・監修/市瀬悦子 写真/黒坂明美
文・スタイリング(料理)/中田裕子 編集/井上峻

この記事を読んだ
あなたにおすすめ!

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン

ふたりだから続けられる
ダイエットアプリ

ふたりだから続けられるダイエットアプリ

アプリダウンロードはこちらから

+ もっと見る+ もっと見る