パワーが出る、スタミナメニュー!
「なすとピーマンのひき肉みそ炒め」。

体調が万全でないとき、体の中から優しく元気に導いてくれるのが食事です。食欲がないときでもさくっと食べられるのはもちろん、簡単に作れておいしいメニューを料理家の市瀬悦子先生に教えてもらいました。体調に合わせて、「風邪を引いたときに食べる」「風邪予防で食べる」「体を整えるために食べる」「元気を出したいとき食べる」の4つのテーマで料理をご紹介! 第16回目のテーマは、「元気を出したいとき食べるごはん」。ピーマン×なすをみそベースで甘辛く味つければ、ごはんとの相性も抜群! 食が進み、気分も上がりますよ。

元気を出したいとき食べる
サポート食材「ピーマン」

通年出回り、手に入りやすいピーマンは、食べる機会も多い身近な野菜。苦みや香りが苦手……と感じる人も多いかもしれませんが、細胞を活性化させて疲労回復を促す“ビタミン”がトマトやレモンよりも多く含まれています。毛嫌いするのはもったいない、栄養価の高い食材です。特にピーマンのビタミンは脂溶性で、油といっしょに炒めると吸収率がアップし、熱しても損なわれない強さを持ち合わせているため、加熱調理に最適です。

材料(2人分)

なす…3本
ピーマン…3個
豚ひき肉…120g
赤とうがらしの小口切り…1/2本分

A
みそ、みりん…各大さじ2
砂糖、しょうゆ…各大さじ1/2

ごま油…大さじ1/2

作り方

1
なすはへたを切り落として縦6等分に切り、長さを斜め半分に切る。水に5分ほどさらし、水気をふく。ピーマンはへたと種を除き、縦に1㎝幅に切る。Aは混ぜ合わせる。
2
フライパンにごま油を入れて中火で熱し、香りが立ったらひき肉を入れて炒める。肉の色が変わったらなすを加えて2分ほど炒め、赤とうがらし、ピーマンを加えてさっと炒める。
3
2の余分な脂をペーパータオルで除き、Aを加えて手早く炒め合わせる。

市瀬先生の「風邪ごはん」ポイント

熱に負けない&油と相性がいい!
特性を活かしたメニューで
ピーマンの本領発揮!
疲れた体もしっかりサポート。

「栄養豊富なピーマンは、鮮やかな色味や食感が料理のアクセントにもなる食材。スーパーでいつでも買うことができますが、選ぶときはつややかで色が濃く、張りのあるものを見極めましょう。今回のメニューでは、なすや豚ひき肉と炒める&発酵調味料の“みそ”で調味することで、さらに栄養価を高め、食欲も栄養も満たす一品に。作るときは、食材の大きさをなるべくそろえて切ることで口当たりが良くなるだけでなく、見栄えも良くなります。また、なすは油をすぐに吸収してしまうので、油だけで炒めようとすると、必要以上に油を使ってしまうことも……。まず、ひき肉を先に炒めて脂をしっかり出してから、なすを加えて油の量を抑える&肉のうまみを吸わせましょう。さらに調味前に余分な脂を除くことで、脂っぽさが抑えられて味もよくからみますよ」

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

プロフィール

COOKING EXPERT
市瀬悦子

いちせ・えつこ/料理研究家、フードコーディネーター。「おいしくて、作りやすい家庭料理」をモットーにしたレシピが、簡単で分かりやすいと大好評! 書籍、雑誌、テレビなどで数多くのレシピを提案し、幅広く活躍している。『切り口ひとつで美味しく見せる 驚きの魅せレシピ』(家の光協会刊)など、著書も多数。
http://www.e-ichise.com/

+ 市瀬悦子の記事一覧

レシピ考案・料理・監修/市瀬悦子 写真/黒坂明美
文・スタイリング(料理)/中田裕子 編集/井上峻

この記事を読んだ
あなたにおすすめ!

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン

ふたりだから続けられる
ダイエットアプリ

ふたりだから続けられるダイエットアプリ

アプリダウンロードはこちらから

+ もっと見る+ もっと見る

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status