乳がんの早期発見・万が一の保障・治療後のケアまでトータルにサポート

【胸を小さくしたい!】胸が大きすぎるのが悩み…胸を小さくする方法はあるの?

trouble : おっぱいの悩み

DATE : 2020.04.02

【胸を小さくしたい!】胸が大きすぎるのが悩み…胸を小さくする方法はあるの?

胸が大きいことはよいことと思われがちですが、本人にとっては悩みの種だった……ということもありますよね。よいことだと思われがちな分、「胸を小さくしたい」という悩みは周囲に相談しづらいのではないでしょうか。この記事では美容家監修のもと、胸が大きくなる原因や、胸をすっきりさせたり、小さく見せたりする方法をご紹介します。

監修:バスト&ヒップケアサロンTHE BEAUTIFUL代表、(一社)ビューティフルボディセラピスト協会 代表理事、セラピスト養成スクールBEAUTIFUL BODY therapist school主宰 中村ひろ美さん

自分の胸が大きすぎると感じている人のよくあるお悩み

自分の胸が大きすぎると感じている人の抱える悩みはさまざまです。まずは、よくあるお悩みについて解説します。


◆着たい服が着られない

胸を強調するようなデザインの服を着ると過剰にセクシーに見えたり、シャツなど前開きの服を着るとボタンとボタンの間に隙間ができたりと、すっきり着こなせず、着たい服が着られないことがあります。

◆太っているように見える

胸が大きい分、体が大きく見えるので、実際よりも太っているように見えてしまうことも。着やせしようとすると、さらに着られる服が限られる……という悪循環になりがちです。

◆男性の視線が気になる

胸が大きいと、どうしても男性からの視線を集めてしまいがちです。道行く人にも胸を見られてしまったり、性的な視線にさらされてしまったりするのはつらいですよね。

◆かわいい下着があまりない

カップ数が標準より大きいと、購入する人が少ない分、ブラジャーのデザインも少なめです。色のバリエーションも少ない傾向にあり、カップ数の小さいブラジャーを着けられる人がうらやましくなることも。

胸はどうして大きくなってしまうの?

では、なぜ胸は大きくなるのでしょうか。その要因について解説します。


◆遺伝や体質によるもの

母親も胸が大きいなど、遺伝も胸が大きくなる要素のひとつです。ただし、胸の大きさに関する遺伝的要素は約30%と言われており、個人の体質によるところも大きいとされています。

◆女性ホルモンが大量に分泌

女性の胸は思春期から成人期の間に女性ホルモンが分泌され、乳腺が発達することによって大きくなります。特に思春期に女性ホルモンが大量に分泌されると、胸が大きくなりやすいと言えます。

◆ホルモン分泌の乱れ

あまりに胸が大きすぎる、胸の発達が早すぎるといった場合は、ホルモンの分泌が乱れている可能性も考えられます。その場合、乳がんのリスクが高まる可能性もあるなど健康面の不安も出てくるため、「おかしいな」と感じたら早めに医療機関を受診しましょう。

胸をすっきり見せる方法とは?

次に胸をすっきり見せる方法について、すぐ実践できる方法を2つ解説します。


◆胸を小さく見せるブラをつける

胸を実際の大きさよりも小さく見せてくれるブラジャーとして、「フルカップブラジャー」「さらしタイプのブラジャー」の2種類があります。「フルカップブラジャー」は、カップの面積が広く胸全体を包み込み、胸の広がりや高さをおさえてくれます。「さらしタイプのブラジャー」は、胸に布を巻いて平らに見せる「さらし」のように、面で胸を押さえてボリュームを調整してくれます。各下着メーカーから胸を小さく見せるブラジャーが発売されているので、気になる方は探してみるとよいかもしれません。

◆胸が目立ちにくい洋服を選ぶ

着た時に胸が目立ちにくい洋服を選ぶのもひとつの方法です。デザインはVネックがおすすめ。鎖骨は見えても谷間は見えないくらいの胸元の空き具合だと、上半身がすっきりとして見えます。生地はリネンやシフォンなど、伸縮性のない薄い生地を選ぶとやぼったく見えません。色も黒やネイビーなどの「引き締めカラー」を選ぶと、よりバストラインをほっそりと見せることができるでしょう。

バストダウンが期待できるエクササイズ

最後に、胸のボリュームダウンが期待できるエクササイズやマッサージについて解説します。


◆有酸素運動や筋トレで全身を引き締め!

脂肪が多すぎると、体はもちろん胸のシルエットも崩れて見えてしまいがち。胸をすっきり見せたい時には、全身を引き締めることができる有酸素運動や筋力トレーニングに取り組んでみるのもひとつの方法です。

ただし、ウォーキングやジョギング、エクササイズなどの有酸素運動は胸が揺れやすく、不快感や型崩れ、下垂につながりやすいため、スポーツブラでサポートをしっかり行うようにしましょう。

また、腕立て伏せはやり方によっては乳房を支える胸筋が大きくなり、胸が大きく見えることがあります。腕立て伏せは膝を立てる・壁に向かうなど胸に負荷の少ない方法で行いましょう。

◆胸周りのリンパマッサージ

胸の大きさによる重みや圧迫感などを感じる人には、不快感を和らげることができるリンパマッサージもおすすめです。マッサージをすることで、胸やその周りのリンパの流れの促進につながり、バストの軽さやシルエットのすっきり感を出すことができます。胸の中心部からわきの下にむかって、大きく円を描くようにマッサージしましょう。優しくなでるようにマッサージするのがポイントです。

「着たい服が着られない」「太ったように見える」など、胸が大きい人の悩みはさまざまです。胸が大きくなる原因には遺伝や体質、ホルモンバランスの乱れなどが考えられます。胸のボリュームを抑えて見せるためには、胸を小さく見せるブラジャーやシルエットがすっきり見える服を身に着けると効果的です。バストのボリュームダウンを目指すなら、有酸素運動や筋トレ、マッサージなどに長期的に取り組むとよいでしょう。胸が大きいことは相談しづらい悩みかもしれませんが、諦めることはありません。理想の体型に近づけるよう、できることから始めてみませんか?

PROFILE

【監修】中村ひろ美 HIROMI NAKAMURA

バスト&ヒップケアサロンTHE BEAUTIFUL代表
(一社)ビューティフルボディセラピスト協会 代表理事
セラピスト養成スクールBEAUTIFUL BODY therapist school主宰

トップセラピストとして5000人以上の女性の施術を担当。
独立後は女性らしい身体作りに特化したサロンを運営する傍ら、各種メディアにおいて数々のバストケア監修や執筆を手掛ける。変化の分かるボディケアには定評があり、モデルや女優、アナウンサーなど幅広い職業の女性から支持を受ける。
バストケアとヒップケア、女性ホルモンを専門分野とする。

つづきを読む