胸に左右差があるのが気になる……きれいな胸を手に入れる方法

trouble : おっぱいの悩み

DATE : 2018.10.10

胸に左右差があるのが気になる……きれいな胸を手に入れる方法

「胸の大きさや形が左右で違う」とまじまじ鏡を見つめた経験は、多くの女性がしているはず。特にその差が大きい場合、見た目が気になったりブラジャー選びに悩んだりすることもあるでしょう。
そこで今回は、医師監修のもと、胸に左右差がある原因と、その改善方法をご紹介。あなたも、バランスのいい胸を手に入れませんか?

目次
・左右の大きさは違うもの
・胸の大きさに左右差ができてしまうのはなぜ?
・胸の左右差を改善するには?

監修:医療法人ビバリータ ポートサイド女性総合クリニック院長 清水なほみ先生 

左右の大きさは違うもの

左右の胸の大きさに差があるけれど、何かの病気だろうか……そんな悩みの声はよく聞かれます。しかし、胸には基本的に左右差があるもの。胸の一部分だけが腫れたり、しこりや痛みを伴ったりするものでなければ、左右差があるのは決して特別なことではありません。
私たちは、左右の胸をひとくくりにして“胸”という1つのパーツとして捉えがちです。しかし、右腕と左腕、もしくは右足と左足で骨格や筋肉のつき方が違うように、目の大きさが左右で異なるように、胸の大きさや形、乳首の位置にも差があって当たり前なのです。

とはいっても、大きさや形が左右対称の胸には、多くの女性が憧れるもの。できることなら、パッドで調整をせずにブラジャーを着けられたり、自信をもって水着になれたりする胸を手に入れたいものですよね。そこでここからは、胸に左右差ができる理由と、その差を埋める方法をご紹介します。 

胸の大きさに左右差ができてしまうのはなぜ?

胸の大きさや形に左右差がでるのには、いくつかの理由があります。なかには、遺伝ではない後天的理由、生活習慣が原因になっているケースも多くあるのです。

・体の歪みによるもの

背中が曲がったままの姿勢で長時間デスクワークをしている、すぐに足を組むクセがある、よく頬杖をつく、寝るときに毎回決まったほうを下にしている……これらの習慣は、積み重ねることで体の歪みを生みます。真っ直ぐに立っているつもりでも、頭が前に出て背中が丸まっていたり、頭が左右どちらかに傾いていたりするのは、体が歪んでいる証拠です。
こうした体の歪みは、局所的に血流を悪くする可能性があります。これが胸につながる血管で起こると、栄養や酸素を含んだ血液が十分に行き届かなくなり、結果的に胸のボリュームダウンにつながることがあるのです。ただし、乳腺の発達に明らかな左右差を引き起こすほどの血行不良が起きるケースは非常にまれです。

・筋肉のつき方の違いによるもの

日常生活の中でなんとなくクセになっている仕草も、長年繰り返すことで、やがては筋肉の発達具合に差を生み出します。例えば、バッグの持ち手をいつもどちらかの一方の肩にかけたり、重たい荷物をいつも同じ腕で持ったり、テニスや卓球など片腕だけを激しく動かすスポーツをしていたり……そうすると、左右どちらかの筋肉だけが発達してしまうのです。胸を構成する脂肪と乳腺は、大胸筋に支えられることで形をキープしています。そんな胸の土台ともいえる筋肉の発達に違いがあれば、おのずと胸の大きさや形、位置などにも左右差が生まれます。


・小さめのブラジャーを使用していることによるもの

ベストなサイズよりも小さいブラジャーを着用していると、胸が圧迫されて血流が滞ったり、皮膚や組織が傷ついたりする可能性があります。すると、胸の大きさや形に差が出てしまいます。

・病気によるもの

胸の左右差で最も注意しなければならないのが、病気が原因で起こっているものです。例えば乳腺炎という病気では、左右の胸の大きさに違いが生じることがあります。
乳腺炎とは、どちらかの胸に母乳が溜まってしまったり、赤ちゃんが乳首を噛むなどしてできた傷から細菌が感染したりして、乳腺に炎症が起こる病気。炎症が起きているほうの胸は大きくなり、同時に赤くなったり、しこりができたり、お母さんが高熱を出したりします。
胸の大きさが変わる以外に何か異変を感じたら、すみやかに医師に相談するようにしましょう。 

胸の左右差を改善するには?

胸の左右差を改善するためのポイントは、大きく分けて2つあります。まず1つめは、生活習慣を改善することです。先にも述べたとおり、姿勢が悪かったり、左右どちらかの筋肉ばかりを使ったりというクセがあると、胸に左右差が生まれます。寝るときは仰向けになるようにしたり、バッグは左右どちらの肩にもかけるようにしたりと、バランスのよい体づくりに取り組みましょう。

ただし、一度習慣化した動作を改善するのは、なかなか難しいもの。上記のような心がけ以外に、以下のような取り組みを生活に取り入れるのもおすすめです。

-胸を開くストレッチを行う

特に猫背の方におすすめなのが、いつも丸めている胸を大きく開くストレッチ。両手を背中の後ろで組み、思いきり胸を張るだけでOKです。また、肩甲骨が動くのを意識しながら、肩を回すのもおすすめ。血流改善効果も期待できます。

-体の歪みを改善する体幹トレーニングを行う

体幹を鍛えると、自然と背筋が伸びた正しい姿勢をとれるようになります。自宅で実践する際は、バランスボールを用意するのがおすすめ。イスの代わりにバランスボールに座るだけでも、体幹を鍛えることが可能です。

・今すぐ左右差を解消したいならブラジャーで調整を

今すぐ胸の見た目を変えたいなら、やはりブラジャーに頼るのがいいでしょう。大きい方の胸に合ったサイズのブラジャーを選び、小さいほうのカップには、胸がきれいに収まる程度にパッドを入れます。
このとき、小さいほうの胸に合わせてブラジャーを選んでしまうと、先述のとおり血行不良や組織を傷める原因になり、大きい方の胸の形が崩れる可能性があるので、注意が必要です。同じく、小さいほうの胸にパッドを入れすぎると、さらに左右差が大きくなってしまう可能性があります。ブラジャーをつけたとき、カップの上に胸が乗っていたり、わきの肉がはみ出ていたりするのは、サイズが合っていない証拠。購入時によくチェックしてくださいね。

胸の大きさや形に左右差があっても、痛みやしこりなどの異常がない限り、健康上はあまり気にする必要はありません。ただし見た目が気になる場合は、生活習慣を見直したり、ブラジャーの力を借りたりすることで差を埋めることはできます。胸の左右差に悩んでいる方は、ぜひ今回ご紹介した方法を実践してみてくださいね!

PROFILE

【監修】清水なほみ先生 NAHOMI SHIMIZU

医療法人ビバリータ ポートサイド女性総合クリニック院長
全ての女性が「自分らしい輝きを取り戻す」場として、横浜に婦人科クリニックを開業。婦人科医としての診療のみにとどまらず、漢方やキネシオロジーなどの代替医療も総合的に活用しながら診療にあたる。また、トランスフォーメーショナルコーチ®のテクニックをフルに活用し、ブログでの情報発信やワークショップ、診療内のカウンセリング等で「本来の自分の姿に戻ることで健康を取り戻す」医療を展開している。
http://www.vivalita.com/