乳がんの早期発見・万が一の保障・治療後のケアまでトータルにサポート

いつものヘアスタイルが、病に向き合う力をくれる。 医療用ウィッグ「アンクス(ANCS)」を体験・前編

support : おっぱいと向き合う

DATE : 2019.04.25

いつものヘアスタイルが、病に向き合う力をくれる。 医療用ウィッグ「アンクス(ANCS)」を体験・前編

乳がんの重要な治療法となっている抗がん剤治療。けれども、副作用によって髪の毛が抜けてしまうことがあり、多くの患者さんが治療による脱毛に悩んでいます。そこで開発されたのが医療用ウィッグです。
医療用には、オシャレ用ウィッグにはない、細やかな工夫やサポートがいっぱいなのだそう。

医療用ウィッグって、いったいどんなものなの? どうやって買うことができるの? 乳がんの経験があるファイナンシャルプランナーの黒田尚子さんが、アートネイチャーの既製品ウィッグショップ「ジュリア・オージェ」表参道店を訪問。実際に、医療用ウィッグ「アンクス」を体験してみました。

既製品ウィッグショップ「ジュリア・オージェ」とは


「ジュリア・オージェ」は、アートネイチャーのオーダーメイドウィッグ技術による高い品質を、気軽に試せる既製品のウィッグブランド。全国81カ所にショップを展開しています。さらに顔の輪郭、髪の生え方やクセ、普段のファッションに合わせて、ウィッグと髪のプロフェッショナルであるショップのスタッフがアドバイス。ウィッグといっても、そのままつけるのではなく、好みに合わせてウィッグのカットやアレンジも。アフターケアにも力を入れ、気軽に通いたくなる居心地のいいショップを目指しています。

ジュリア・オージェ 表参道店
東京都港区南青山3-18-17 青山十八番館ビル1F
営業時間  :11:00~19:30
定休日   :年中無休
お問い合わせ:0120-76-9012

今回体験するのは……



ファイナンシャルプランナー 黒田尚子さん
各種セミナーや講演、新聞・書籍・雑誌・Webサイト上での執筆、個人相談など、幅広く活動。がんをはじめ、病気に対する経済的備えの重要性を訴えている。2009年12月の乳がん告知を受け、2011年3月に乳がん体験者コーディネーター資格を取得。

スタイルは無限。素肌に優しい、使い心地。


表参道店は、「ジュリア・オージェ」のフラッグシップショップ。東京メトロ表参道駅A4出口から1分という便利な場所にあります。ショップに入った途端、ずらりと並ぶウィッグに目を奪われる黒田さん。
「いろんなヘアスタイルがあるのですね。ウィッグだけでなく、エクステンションも豊富に置いてあります。医療用ウィッグ『アンクス』はどれなのでしょうか?」

表参道店の白岩さんに、アンクスのウィッグを教えていただきましたが、一見したところ、オシャレ用ウィッグとの違いはわかりません。


「見た目では、わからないですよね。アンクスは、オシャレ用ウィッグより、つけ心地を重視しているんです。治療中は肌が敏感になり、ウィッグをつけると頭皮に刺激を感じることがあります。そこで、内側の素材は、柔らかくて素肌に優しいものを使用しています」と、語る白岩さん。アンクスを手にとり、内側の生地を見せてくれました。

「これは、ACネットというアンクスオリジナルのネットです。触ってみてください。とっても柔らかいですよね? さらにフラット縫製なので、チクチクすることはありません。むれたり、におったりしないよう、通気性にもすぐれ、抗菌・防臭加工も施しています」


ここに並ぶウィッグはどれも自然なツヤ。さらに、頭頂部の分け目も自然で、自毛の頭頂部と何ら変わりはありません。

来店前に、アンクスのパンフレットを見て、その種類、スタイル、カラーの豊富さに驚いていた黒田さんですが……。

「パンフレットのスタイルは、ほんの一例。この他にもまだまだたくさんあるし、お客さまのご希望にあわせて仕上げのスタイリングをするので、ほんと無限といってもいいくらいなんです。スタイルのご希望、ご予算をお伝えいただければ、ぴったりなウィッグをお持ちいたしますよ」(白岩さん)

いざ試着室へ。似合うスタイル見つけたい。


黒田さん、さんざん迷ったあげく、たくさんのヘアスタイルから3点を選び、カーテンで仕切られた試着室へ。「ジュリア・オージェ」には、必ず個室かカーテンで仕切られた試着室があるのだそう。これなら、人目にさらされることなく、心おきなく試すことができます。

まずは、自毛を下地ネットにしまい……。


初めてのウィッグ体験。「あれ……10年前の私がいる?」


次は、一番気になっていたボブに挑戦。「似合う!」の声に、まんざらでもなさそう。小顔効果もあるような……。


話題のグレイヘアにも挑戦。「あら、上品なマダムに見えない?」


「これは迷いますね」と、ウィッグでの変身に心浮き立ちます。
「それに、すっごく軽くて、鏡を見ていないと、つけていることを忘れそうになります。ウィッグをつけているという違和感がまったくない!」

「みなさん実際につけてみて、その軽さに驚かれますね。1時間くらいかけて、3~5スタイルくらいはお試しになるお客さまが多いです。ウィッグの種類もたくさんあって、軽い調整で済めば、来店日にお持ち帰りいただけます」(白岩さん)

ウィッグを選んだら、ご要望にあわせて、カットやアレンジで調整します。


「変身を楽しむお客さまもいらっしゃいますが、アンクスのお客さまで一番多いのは、『もともとのヘアスタイルに近づけてほしい』というご要望です。その場合も、もとのヘアスタイルに近いものを選び、カットやアレンジでさらに近づけるようにします」と、白岩さん。
さらに、治療によって、毛量が変化することも考え、サイズやカットを調整するとのこと。もちろん、自宅でのお手入れについても、詳しく教えてもらえます。

「とはいえ、お手入れはほんとうに簡単なんです。それに、購入から1年間は、毎月1回無料でメンテナンスをご利用いただけます。その際に、シャンプー、トリートメント、スタイルセット、静電気(縮れ)直し、さらにはスタイル変更ができます」

黒田さん三変化。左から、いつもの黒田さん、ボブスタイルウィッグ、グレイヘアウィッグ。


アンクスを体験し、その自然な印象と軽いつけ心地に驚いた黒田さん。後編は、女性用ウィッグの発展にこの人あり!といわれる、アンクス生みの親と対談します!

>後編へ


パートナー特典・サービスの詳細はこちらから

              

つづきを読む