花咲き乳がんを正しく理解する。症状や治療法を解説

knowledge : おっぱいを知る

DATE : 2018.12.03

花咲き乳がんを正しく理解する。症状や治療法を解説

「花咲き乳がん」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。インターネット上で散見されるものの、具体的にどんな病気なのかご存じの方は少ないのが実情です。いったいどんな病気なのか、正しい病名や原因、症状、治療法について医師監修のもと詳しく解説します。

花咲き乳がんとは、いったいどんな病気なのでしょうか。正しい病名や原因、症状、治療法について解説します。

目次
・花咲き乳がんとは?原因や症状を解説
・花咲き乳がん(がん性皮膚創傷・がん性皮膚潰瘍)の治療法
・花咲き乳がん(がん性皮膚創傷・がん性皮膚潰瘍)にならないために気をつけることは?

監修: mammaria tsukiji院長 尹玲花先生

 

花咲き乳がんとは?原因や症状を解説



「花咲き乳がん」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは、がん性皮膚創傷・がん性皮膚潰瘍という病気の俗称であり、正しい病名ではありません。がん性皮膚創傷・がん性皮膚潰瘍とはどんな病気なのか、以下に解説します。


がん性皮膚創傷・がん性皮膚潰瘍とは

乳がん検診などでがんが見つかっても適切な治療をせずに放置していたり、自分で乳房の異常に気づいているのに病院を受診しなかったりしていると、がん細胞が皮膚にまで浸潤(がん細胞が広がること)し、皮膚を破って体の表面に現れることがあります。

がん組織が体表面に現れた状態をがん性皮膚創傷(そうしょう)といいますが、おできのような膨らみ(腫瘤)がいくつか集まったような状態になります。これがさらに進行すると腫瘤が壊れてその部分の傷が深くえぐれたような状態になり(潰瘍)、これをがん性皮膚潰瘍というのです。

がんを放置した結果出現する場合のほか、一度治療したがんが再発して皮膚にがん細胞が出現する場合もあります。がん性皮膚潰瘍は乳がんだけではなく他の部位のがんの進行や再発・転移でも出現することがありますが、出現頻度はとくに乳がんで高いという報告があります。 
がん性皮膚潰瘍の症状としては、傷から血液や滲出液(体液)がにじみ出し、痛みがあります。また、傷に細菌が感染して生じるがん性皮膚潰瘍臭という独特な悪臭が特徴です。出血や痛み、臭いのほか、乳房の外見も健康なときとはまったく異なった見た目となるため、肉体的にも精神的にも苦痛は非常に大きいものとなります。
とくに臭いはとても強く、がん性皮膚潰瘍になった本人だけでなく家族や見舞い客にとっても負担になります。


がん性皮膚創傷・がん性皮膚潰瘍の進行過程

がん性皮膚創傷・がん性皮膚潰瘍は以下のような過程で進行します。
初めは皮膚が赤くなったり炎症が起きたりしている症状が進行すると、体の表面に腫瘤ができ、それが壊れて潰瘍を形成する、というように悪化していきます。

≪がん性皮膚創傷・がん性皮膚潰瘍の進行過程≫
1. 皮下の硬結(こうけつ:炎症やうっ血、充血などで硬くなること)や、皮膚の赤みが現れる
2. がんの増殖や、腫瘤の形成が起こる
3. 腫瘤が壊死・自壊したあと、潰瘍(かいよう:皮膚や粘膜・角膜などに生じる、深部に及ぶ組織の欠損)が形成される
   ⇒この時点で「がん性皮膚潰瘍」という診断になる
4. 滲出液が分泌されたり、出血や痛みが起こったりする
5. 嫌気性菌(酸素なしに生育する細菌)の感染によって、悪臭が生じる
6. 患部が大きくなる(きのこ状・カリフラワー状)。または、陥没が起こる  

花咲き乳がん(がん性皮膚創傷・がん性皮膚潰瘍)の治療法

がん性皮膚創傷・がん性皮膚潰瘍が出現するとどんな症状が出るのかを解説してきました。ではどのような治療方法があるのでしょうか。


がん性皮膚創傷・がん性皮膚潰瘍は進行性で完治は難しい

がん性皮膚潰瘍が出現した場合、多くはステージⅣという状態で、乳房とは離れた臓器(骨・肺・肝臓・脳など)にもがんが転移しているため、病巣を取り除く手術は行いません。

ステージⅣというのはかなり乳がんが進行した状態のことをいいます。
乳がんは進行の度合いによって0~Ⅳまでの5つのステージに分けられ、数字が大きくなるほど進行していることを示します。初めてがんであると診断されたときのがんの状態をもとに判断されるもので、その後病状が変化したとしても、それによってステージが変わるわけではありません。病状の改善や悪化に伴ってステージも変化すると思う方もいるかもしれませんが、そうではないのです。
ステージ0を「超早期乳がん」とステージⅠを「早期がん」とよび、ステージⅠの乳がんの5年生存率(がんと診断された人が5年後に生存している割合)は99.9%、ステージⅣの5年生存率は33.0%です。


乳がんのステージについて詳しくはこちらを参考にしてください

再発・転移によって皮膚に出現した場合、遠隔転移(がんから離れた骨や臓器などへの転移)を伴わず、皮膚転移のみの場合は切除手術を行うこともあります。また潰瘍化すると、QOL(Quality of life:生活の質)が低下するので、症状緩和や潰瘍化予防の目的で患部を切除することもあります。加えて、再発・転移どちらの場合でも放射線療法や化学療法(または併用)、そしてホルモン療法が適応となります。これらの効果が得られればがんを小さくすることが期待できますが、完全に消失させることは非常に困難です。
完治が難しいことから治療としては症状のコントロールを行って、がんになった方のQOLを向上することが目的となります。


がん性皮膚創傷・がん性皮膚潰瘍のケア

がんそのものによる痛みには、全身に作用する痛み止めを使用します。病気になった方の自尊心の低下や社会的孤立感にも直結する悪臭(がん性皮膚潰瘍臭)に対しては、臭いの軽減効果の高い薬が開発されています。
がんそのものによる痛みだけでなく、血液や滲出液が常に出る状態のため、患部を保護しているガーゼの交換の際などにも痛みを伴いますので、ケアの際には温水のシャワーを用いるなど、できるだけ痛みの少ない方法で行います。  

花咲き乳がん(がん性皮膚創傷・がん性皮膚潰瘍)にならないために気をつけることは?



がん性皮膚創傷・がん性皮膚潰瘍は防ぐことができるのでしょうか。正しい知識を身につけましょう。


早期発見・早期治療に勝るものはない

ステージ0の段階で乳がんが見つかれば、理論的には手術で病巣を取り去ることができるので、再発の危険性はないといえます。つまり、再発によって皮膚にがん細胞が出現し、がん性皮膚創傷・がん性皮膚潰瘍を発症することもないといえるのです。 
ステージ0でなくても、できるだけ早くがんを発見し治療を行うことでがん細胞が小さく、転移も少ないうちに手術を行えるので、再発のリスクは低くなります。定期的なセルフチェックと乳がん検診の受診を行うことで早期発見は可能です。もしもがんと診断されたら、すぐに治療に進みましょう。将来の再発のリスクを減らすために最善の治療法を医師とよく相談することが大切です。

がん性皮膚創傷・がん性皮膚潰瘍について、理解できたでしょうか。早期発見と早期治療で出現を防ぐことができるので、日頃から自分の乳房の状態について知っておき、定期的に検診を受診するとともに、異変を感じたときは専門医を受診しましょう。

PROFILE

【監修】尹玲花先生 IN REIKA

mammaria tsukiji院長
女性の役に立ちたいと外科医を志し、聖路加国際病院で乳腺診療に約10年間携わった後、女性のための乳腺クリニックを開設。キャリアを通して、患者さんに『寄り添う』ことをキーワードに診療にあたっている。
https://mammaria.jp/