乳房の痛みの原因は?乳がんでみられる痛みと治療について

knowledge : おっぱいを知る

DATE : 2019.01.24

乳房の痛みの原因は?乳がんでみられる痛みと治療について

乳がんは胸に何らかの痛みを感じるものだと思っている人がいるようですが、本当にそうなのでしょうか。乳がんの自覚症状にはどんなものがあるのか、また乳房が痛む症状にはどんなものがあるのか解説するとともに、乳がんの治療法についても医師監修のもと詳しく解説していきます。

目次
・乳房に痛みがある……これは乳がん?
・乳がんの治療と、痛みについて

監修:昭和大学病院乳腺外科准教授 明石定子先生 

乳房に痛みがある……これは乳がん?


乳がんにかかった芸能人が、「胸がチクチク」して乳房の異変に気付いたと公表したことで、乳がんは胸に何らかの痛みを感じることがあると思う人がいるようです。しかし、乳がんの自覚症状で痛みを感じることはほとんどありません。では「乳房が痛い」という場合、その原因は何なのでしょうか。

・乳腺症や乳腺炎の痛み

生理前に乳房が張ったり、痛みを感じたりした経験はありませんか?これは乳腺症といって、エストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンの正常な変動の影響で乳腺が大きくなることによるもので、30~40代の女性に多くみられる乳腺の良性変化(病気ではない変化)です。主な症状は乳房の痛み、張り、しこりに加えて、乳頭から透明もしくはまれに茶褐色の分泌液が出る異常分泌。月経前になると症状が強くなり、月経後には軽くなるという特徴があります。

しこりがあっても、月経周期に連動していれば心配ありませんが、月経周期に関係なくしこりを感じたり、乳頭から血液が混じった分泌物が出たりする場合は乳がんが隠れている可能性もありますので、専門医を受診しましょう。

他に、乳房が痛くなる原因として乳腺炎が挙げられます。これは授乳期に多く発生する乳房の炎症で、具体的には、赤い腫れや、痛み、膿、しこりなどが症状として現れます。原因は乳汁の詰まりや細菌感染で、乳房の症状だけでなく、発熱や悪寒、ふるえなどを伴う場合もあります。治療としては、抗菌薬による治療を通常行いますが、乳腺膿瘍になった場合は皮膚を切開して膿を出すことがあります。

乳腺炎は乳がん発症とは直接関係ありません。見た目は乳腺炎に似ているけれども、乳房が腫れる原因として、まれに炎症性乳がんというしこりを作らないタイプのがんであることがあります。


・乳がんの自覚症状

乳がんの自覚症状の9割以上はしこりです。乳房だけでなく、わきの下にもしこりができる場合があります。しこりの他にみられる自覚症状として、引きつれ、「えくぼ」のようなくぼみ、左右の乳房の大きさや張りが明らかに異なるといった乳房の変形や、乳頭の一つの孔(あな)から血液の混じった黄色~茶褐色~赤色の分泌液が出る、乳房に赤みや腫れがある、乳首の先が擦り傷のようにジュクジュクとしている、などがあります。


・乳がんは痛みのない早期に発見・治療を!

乳がんの自覚症状は前述したようにほとんどの場合痛みを伴いません。進行していくとしこりが大きくなり、皮膚の赤みや痛み、腫れや出血などの症状をきたしますが、そうなる前の初期の段階で見つけて、できるだけ早く治療を開始することが大切です。セルフチェックと定期的な検診の受診を行うことで、進行する前の乳がんも見つけられる可能性が高まります。 

乳がんの治療と、痛みについて

乳がんの治療や、乳がんの転移に伴う痛みについてご紹介します。

・乳がんの治療に伴う痛みや不快感

手術のあとや、放射線治療、薬物治療には痛みや不快感を伴います。手術を受けたことによる胸やわき、二の腕にかけての痛みは数か月で和らぐことが多いです。手術後の主な後遺症としては、わきのリンパ節を切除した際にリンパの流れが悪くなり、手術を行った側の腕がむくみ(リンパ浮腫(ふしゅ))、だるさや痛みを伴うことがあります。

抗がん剤治療を行う場合では、倦怠感や嘔吐、脱毛、口内炎などが主な副作用として起きることがあります。副作用の程度は使用する薬や個人によって差があります。


・骨転移の治療と、痛みへの対策

乳がんが転移する場合、約30%の方で最初に骨に転移が起こります。中でも背骨や骨盤、大腿骨(太ももの骨)などのへの転移がよくみられます。転移した場所に応じて痛みが現れます。また、がんが骨に転移すると骨がもろくなり、体重のかかるところでは骨折を起こし、通常激しい痛みを伴います。

そのため、骨転移があると分かった場合、通常の薬物治療に加えて骨を丈夫にする治療を行います。骨折が起こりそうな場合や、痛みが強い場合には放射線療法によって痛みの緩和をはかることもあります。
治療と並行して、さまざまな鎮痛薬を使って痛みをコントロールします。

WHO(世界保健機関)では、がんの痛みは治療すべき症状であるとして、「患者さんには痛みをコントロールするために十分な鎮痛剤を要求する権利があり、医師にはそれを投与する義務がある」と、鎮痛剤の使い方の原則を定めています。そして、この使い方によって、ほとんどの痛みがコントロールできるという調査結果が出ています。

乳がんの初期症状で痛みを感じることはないということが理解できたでしょうか。日頃から自分の乳房の状態や月経周期による乳房の変化に注意しておき、異常を感じたら専門医を受診しましょう。

PROFILE

【監修】明石定子先生 SADAKO AKASHI

昭和大学病院乳腺外科准教授。東京大学医学部医学科卒業後、同大学医学部附属病院第三外科、国立がん研究センター中央病院外科、同乳腺外科を経て2010年から同センター乳腺科・腫瘍内科病棟医長。2011年より現職。これまで3,000例以上の手術に携わる。日本外科学会指導医・専門医、日本乳がん学会乳腺専門医・指導医・評議員、検診マンモグラフィ読影認定医師。
http://www.showa-u.ac.jp/SUH/department/list/nyusen/index.html