乳がんの早期発見・万が一の保障・治療後のケアまでトータルにサポート

HOSPITAL SEARCH 乳がん検診サポートサービス

定期的に乳がん検診を。

病院に行こうと思ったとき、最初にぶつかるのが“どの病院に行けばいいのか分からない”という問題。リンククロス ピンクでは、「女性技師の対応」など、自分にあった検診施設を検索できるサービスを提供します。当社の保険契約にご加入中のご契約者さま・被保険者さまおよびそのご家族(2親等以内)は予約サービスもご利用いただけます。

女性が安心して受診するために、
このような条件で絞込みができます

検査コース 乳がん検診・レディースドック
検査内容 視触診・乳腺エコー・マンモグラフィ
専門性 乳腺専門医・検診マンモグラフィ読影認定医師・マンモグラフィ検診画像認定施設
女性対応 女医による診察がある・女性技師による対応がある

乳がん検診の種類

問診・視触診

乳房にしこりや変形、陥没、分泌物がないかを問診、視診、触診によって医師が確認します。
触診は体への負担はありませんが、しこりが小さい場合や深い位置に存在する場合には判別することができないのがデメリット。
これらの所要時間は5分くらいです。

エコー(超音波)検査

エコー(超音波)検査は、診察台のうえに仰向けに寝そべった姿勢で行います。乳房に超音波検査用ゼリーを塗り、エコーを出す
プローブという器具を直接乳房に当ててさまざま方向に滑らせ内部の画像を映し出していく検査で、所要時間は10分程度です。

放射線による被ばくや、検査に伴う痛みはなく、手で触れることのできない小さなしこりも発見することができます。
また、妊娠中や授乳中の女性にも検査が可能です。

ただし、病変に伴うことがある微細な「石灰化(カルシウム成分)」は発見しにくいという弱点があります。

マンモグラフィ検査

マンモグラフィ検査では、2枚の透明な板で乳房を挟んで圧迫し、薄くのばした状態で撮影します。所要時間は10分くらいで、しこりや視触診やエコー(超音波)検査では見つけられない微細な「石灰化(カルシウム成分)」も発見できるのが特長です。マンモグラフィ検査を受けることで、乳がんによる死亡率を下げる(早期発見できる)効果があるとされています。

一方、マンモグラフィ検査は乳腺が発達している乳房では小さなしこりが発見しづらくなります。乳腺が発達していると乳房全体が白っぽく映ってしまい、小さなしこりを発見しづらいという欠点があるのです。

一方、このようなタイプの乳房でもマンモグラフィは石灰化の発見には有用です。また、乳房が張っている場合は、圧迫することによる痛みを感じる場合が多く、少ないながら放射線被ばくもあります。

乳腺の状態には個人差があるので、自分の乳房がマンモグラフィに適しているかどうか、どのくらいの頻度で検査を受けるのがよいか、医師に確認してみると良いでしょう。

乳がん検診の選び方

【すべての年代】

月に1回乳がんセルフチェックを行いましょう。

セルフチェックの方法はこちら!

【20歳代】

  • 乳がんリスクの高い人、自覚症状のある人は専門医を受診

【30歳代】

  • 超音波検査(乳腺組織が多い30歳代、乳腺組織が多い人が小さなしこりを発見するには超音波が有用)
  • マンモグラフィ検査(マンモグラフィ検査でしか検出できない石灰化が発見されることがある)の両方

【40歳代以降】

  • マンモグラフィ検査・超音波検査(小さなしこりを発見するのに有用)の両方

乳がん検診の種類と選び方。
自分に合った検診を選ぶには?

 

よくあるご質問

Q
検査の費用はどのくらいかかりますか?
A
一般的にはマンモグラフィと乳腺エコーがそれぞれ5,000~7,000円です。視触診を追加すると数千円費用が上がります。また、MRIは3万~4万5,000円程です。マンモグラフィと乳腺エコーの組み合わせのコースであれば1万円前後で受診いただけます。
Q
どれくらいの頻度で検診を受けたらよいですか?
A
厚生労働省は40歳以上の女性に対し2年に1回マンモグラフィを受診するようにすすめていますが、できれば毎年受診するのが好ましいです。
親子、姉妹に乳がんの方がいる場合なども、1年に1回受診するのがおすすめです。
Q
妊娠中・授乳中でも検査を受けられますか?
A
検査は受けていただけますが、しこりなのか乳腺なのか判断しにくく、見落としたり検出できないこともあります。そのため、断乳後6か月以降のご受診を勧める医療機関も多くございます。医師によっても判断が異なりますので、ご受診希望の医療機関に確認いたします。お問い合わせフォームまたはお電話にてお問合せください。
もし気になる症状がおありでしたら、乳腺専門医(または乳腺科)を受診していただくか、産科に通っていらっしゃるようでしたらその際先生に相談してみてはいかがでしょうか。

もっと見る

株式会社ウェルネス医療情報センターの運営サイトに移動します。