大人になっても胸って大きくなるの?効果的なタイミングとその方法を医師が分析!

care : おっぱいを愛そう

DATE : 2018.10.22

大人になっても胸って大きくなるの?効果的なタイミングとその方法を医師が分析!

ボディラインが出るタイトな洋服などを着た際、いつも以上に気になってしまうのが胸のサイズ。
今回は「大人になっても胸を大きくする方法ってあるの?」という、誰しもが考えたことのある疑問について探ってみましょう。

目次
・大人になっても胸は大きくなりうる!
・バストアップに効果的!?食生活を見直して美胸を目指そう!

監修:医療法人優美会理事長、吉井クリニック院長 吉井 友季子先生 

大人になっても胸は大きくなりうる!

胸が大きくなるタイミングとしてまず思い浮かぶのが、第二次性徴における体の変化です。かたさや形をかえながらこのステップを経て大人の胸へと成長し、初潮から約5年で落ち着くといわれています。
とはいえ、大人になってからはもう大きさに変化が訪れないと肩を落とす必要はありません。胸は2つの要素によって大人になってからも大きくなる、ないしは小さくなることもあるのです。

①胸が大きくなる時期やタイミングとは

まず、胸が大きくなる要因のひとつが体重の変化です。胸の約9割は脂肪で構成されており、出産の必要性からも元々脂肪や水分を溜め込みやすい構造となっています。したがって、体重が増えると必然的に胸の脂肪も増え、結果としてサイズアップすることが考えられます。

②ホルモンバランスの変化

もうひとつは、ホルモンバランスによるサイズ変化。多くの女性は、生理前になると胸が張ったりブラジャーがきつくなったりすることがあります。
これは、排卵後に分泌されるプロゲステロンという黄体ホルモンの作用によるもの。このホルモンは、妊娠に備えて体が子宮のコンディションを整えようとすることで分泌されます。この作用によって乳腺が刺激され胸が張ったように大きくなりますが、生理開始とともにその分泌は収まり胸も元の大きさに収まります。
また、女性ホルモンのエストロゲン、プロゲステロンをコントロールするピルの服用によっても同様のことが起きる場合があります。しかし、この場合の乳房増大や張りはあくまでも医学的には“副作用”として捉えられる事象なので、バストアップを目的としてのピル服用は絶対にやめましょう。
また、過剰なダイエットや慢性的なストレスは女性ホルモンの分泌を妨げるので注意が必要です。胸はもちろん、体や肌にとっても負担がかかるので気をつけましょう。

③バストアップに最適なのは生理前?それとも生理後?

バストアップに女性ホルモンが大きく関係しているというのは前述した通りです。しかし、黄体ホルモンのプロゲステロンが分泌されて胸が張っている時期は、見た目は大きく見えたとしても、実は乳腺が水を溜め込んで浮腫んでいる状態です。つまりバストアップには不向きなタイミングなのです。
女性らしい体をつくったり、肌にツヤを与えたりする女性ホルモンのエストロゲンの分泌がピークになるのは、生理後から排卵日までの約1週間半。この時期にバストアップのマッサージを行いましょう。 

バストアップに効果的!?食生活を見直して美胸を目指そう!

エストロゲンって食事から摂取できるの?

エストロゲンそのものは、食材などによる経口摂取はできません。けれども大豆に含まれる大豆イソフラボンは、その化学構造がそれと似ていることから植物性エストロゲンとも呼ばれます。豆乳や豆腐、納豆、味噌などに含まれているので、積極的にとってみましょう。

この他にも、ザクロ種子に含まれる植物性エストロゲンなど、バストアップに効果があるとされる成分は存在します。ただし、これらの食材を沢山とったからといって胸にすべて栄養素がいくわけではありません。

一日に大量に摂取すると栄養バランスが崩れてしまうことはもちろんのこと、バストアップどころか肌や他の臓器に影響が出てしまう可能性も。あくまでも意識して食べる程度に留め、一度に多く摂取するといったことは止めましょう。

一方で、胸を大きく見せるために欠かせないのが大胸筋を鍛えるエクササイズです。胸の土台として位置するこの筋肉を重点的に鍛えることは、胸そのものを大きくするために食材をとることよりも、目に見えた効果が実感できるので建設的。効率よく筋肉をつけるためにも高タンパク食材の、ささみや鶏の胸肉、卵白、そして前述した大豆製品をエクササイズ後に摂取するといいでしょう。


バストアップに必要な生活習慣へ

バランスのいい食事に加えて女性ホルモンの分泌を活性させたいのであれば、生活習慣そのものを見直す必要があります。特に睡眠不足は、自律神経を乱してしまうことで女性ホルモンの分泌を阻害させたり筋肉をつくる成長ホルモンを低下させたりと、さまざまな不調の原因となります。睡眠時間が多くとれない場合でも、朝は決まった時間に起きるなど極力規則正しい生活を送るようにしましょう。


胸を大きくしたいならマッサージが有効って本当?

スキンケアの一貫として胸の質感を高めてハリ感をもたらすことは可能です。
とくにエストロゲンが優位になっている生理後は、体の浮腫がとれてリンパの流れも活性化されるタイミング。

お気に入りのクリームを使ってマッサージが習慣化できたら、併せて胸の状態もチェックしてみましょう。生理後の乳腺の張りが取れた状態のときのマッサージは、胸の変化に気づきやすいので乳がんのセルフチェックの時期としてもベスト。

定期的なマッサージとチェックで、健やかで美しい胸を手に入れましょう!

PROFILE

【監修】吉井友季子先生 YUKIKO YOSHII

医療法人優美会理事長、吉井クリニック院長
大阪市立大学医学部卒業。H11年大阪府吹田市江坂で吉井クリニックを開院。
内科、外科、婦人科疾患、健診や予防医療、美容医学に力を入れ成果をあげている。
著書多数。健康・美容に関して雑誌、新聞でコメントを求められることも多い。
http://www.yoshiiclinic.jp/