26歳、大学病院ナースのお仕事。
看護師さんの給料っていくらなの?

女子会の席でもなかなか聞けない、他人の年収やお財布事情。そんな知りたくても知れない実態を、リンククロスがズバッと聞いてまいりました。第23回目は、大学病院で看護師をしている26歳のSさん。入院すると医師よりもお世話になる看護師さん、大変そうなお仕事ですが、お給料はどのくらいなの? どんなときにやりがいを感じるの? ナースのお仕事、裏の裏までズバッと聞いちゃいます!

今回の激白ウーマン

Sさん(26歳)

高校卒業後、看護学校で3年間学んだ後、都内の大学病院・消化器科の看護師になった。6年目を迎えて仕事にも慣れてはきたが、ちょっとしたミスが事故につながることもあるため、気の抜けない日々を過ごす。出身は甲信越地方。3人の弟がいるとのことで、いかにもしっかり者の長女といった印象。

お仕事:大学病院の看護師

「都内にある大学病院の消化器科で、看護師をしています。看護師になりたいと最初に思ったのは、中学生のとき。祖父がガンで入院し、そのときに看護師さんを見ていて、ここまで誰かに必要とされるのってすごいなぁと。私たち家族には『平気だ』と強がる祖父が、看護師さんには『ここがつらい、痛い』と本音を話すんです。私もそんなふうに、誰かに必要とされたい、病気で苦しむ人の役に立ちたいと思いました」

年収:約630万円

「先月の手取りは、33万円くらいです。月によって変動があり、夜勤が多い月や、勤務日数や勤務時間が増える年末年始などは、額が増えます。お盆や年末年始など、世間が休んでいるときほど、忙しいです」

「勤務時間はシフト制で、私がいる科は2交代制。8時から16時の日勤と、16時から9時の夜勤に勤務時間が分かれていて、1カ月の基本の勤務時間は160時間です。勤務時間中は、入院している患者さんの世話、さまざまな検査、入院・退院・転院の準備等でとにかくバタバタ。シフトを終えてから、看護記録をつけ、気がつくと数時間が……って感じです」

貯金:230万円

「毎月の貯金額は特に決めてません。余ったら、貯金にまわすって感じ。もっと計画的に貯金したほうがいいのかなとも思うんだけど、忙しくて、そこまで頭が回らなくて……」

家賃:8万5000円

「病院から2万円の家賃補助が出るので、月10万5000円のところに住んでます。新築の1DKマンション。もちろんオートロックで、最寄り駅は、病院がある駅の隣の隣。気に入ってるのは、浴室乾燥機付きのところです」

ランチ代:1万6000円

「病院内にあるコンビニで買うことがほとんどです。昼12時近くなると、レジの前に大行列ができるし、遅くなるとろくなもの残ってない。本当は、職員向けの食堂に行きたいです。そっちなら定食が400円くらいなので、安くてしっかり食べられる。でも、忙しくてムリなんですよね」

食費:1万1000円

「家では絶対にコンビニめしは食べません。近所のスーパーで買った食材で、自分で作ります。といっても、チャーハン、オムライスなど、簡単なものしか作らないですけど。肉じゃがとか、煮物を作りおきすることも多いかな」

交際費:11万円

「11万円って、すごいですよね。自分でも驚きました。そのうち3万円は、結婚式のご祝儀代です。ここ何カ月か、毎月のように結婚式があって……」

「看護師仲間、みんなすっごく飲むんですよ。1軒目の飲み代が一人6000~7000円くらいで、そのあとはだいたいカラオケ。学生時代の友人との食事は4000円にはおさまるので、それにくらべると多いかも。私もビール、ワイン、ハイボールなど、お酒が好き。翌日が休みで、心置きなく飲めるときは最高ですね。先生(医師)たちと行くこともありますよ。その場合は、先生たちが多めに出してくれます」

洋服代:2万円

「かわいらしくて、ヒラヒラしたブリッコぽいのは苦手。シンプルなデザインで、黒、白、ベージュ、紺などのベーシックカラーが好きです。ボーナス入ったら、ブランドもののバッグを買うのが楽しみ。バッグは20万円くらいのが多いかな」

趣味代:2万円

「休日は、よく旅行します。泊まりで行きたいけど、まとまった休みはなかなかとれないので、大抵は日帰り。でも、年1回は海外旅行に行くかな。ビーチリゾートが好きで、今年の春はベトナムのダナンに行きました。海やプールでのんびりしたり、マッサージしてもらったり。そういう旅がいいんですよね」

「写真も好きで、ミラーレスのデジカメを愛用してます。スマホでもよく撮影するので、この中に(スマホを指さす)8万枚の写真データが入っているんです。動画の編集するのも好きで、友人の結婚式で流すムービーの編集を頼まれることも多いです」

医療保険代:1万円

「2年前に保険会社の窓口で相談して、掛け捨てタイプの保険と積み立てタイプの保険に加入しました。毎日患者さんを見ていると、人間いつ病気になるかわからないなぁと実感します。周囲の看護師仲間で、保険に加入していない人なんて、いないんじゃないかな」

ジム代:8000円

「運動不足なんです。勤務中は、ほとんど座ることなくバタバタしてますが、それって運動ってわけじゃないし。ジムでしっかり筋トレと有酸素運動して、体力をつけたいなと思ってます。でも、月3回行くのがやっとって感じ」

ナスカレは看護師の必需アプリ

「勤務シフト表が配られると、すぐにスマホの『ナスカレ』アプリに登録します。ナースカレンダーの略なんです。看護師はみんな使ってるんじゃないかな? 他の人ともシフトが共有できるのが便利なんです。同じ病院だけでなく、看護学校時代の友人の勤務シフトも見られる。ナスカレで友人の勤務シフトをチェックして、休日が同じだったら『この日一緒に遊ぼう』って誘います」

患者の笑顔と後輩の成長

「患者さんが退院するときは、何よりもうれしいですが、再発して戻ってくる人もいるし、亡くなってしまう人も……。何度体験しても、慣れないですね。辞めようと思ったこと、何度もあります。特に1~2年目は、何もできない悔しさと先輩に怒られるつらさで、毎日泣いてました。辞めなかったのは、患者さんからの感謝の言葉や笑顔に励まされたからかな」

「最近うれしかったのは、後輩の成長。今は、1年目、2年目の子たちの指導もするのですが、『やめたい』と泣いてた子がどんどんたくましくなってくるのは、先輩冥利につきるというか。やっぱり、この仕事好きですね。できれば長く続けたいです」

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

編集・文・写真/リンククロス

この記事を読んだ
あなたにおすすめ!

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status