消費税10%の前に
買うもの・買わないものって?

2019年10月1日からの大問題といえば、消費税の増税! 8%から10%になるってことは、欲しかったあのアイテムや、いつも買ってるあの商品も高くなるわけで、やっぱり買いだめすべき? なんて思っている人のために、消費税増税前の心構えや知識について聞いてきました。教えてくれたのは「FP黒田のズバッとお悩み相談室」の連載でおなじみ、ファイナンシャルプランナー黒田尚子さん。目から鱗の話もたくさんあります!

Q.黒田さん、なんで
消費税って増税するの?

A.その理由は、ズバリ日本の現状にあります。65歳以上の高齢者が全人口の2割以上を占める日本は、超高齢化社会! 医療費や介護費、年金など、社会保障の負担は膨らむばかりなんです……。消費税の増税は、増え続ける社会保障の財源確保を目的として実施され、おもに国が抱える借金の返済や医療、年金、教育などに使われることになっています。

Q.消費税以外の税金を
上げればいいのでは?

A.確かに、なんで所得税や法人税じゃダメなのって思いますよね? 消費税の良いところは、景気動向に左右されず、その場で徴収されるので脱税もされない。また現役世代の負担感が大きい所得税と違って、高齢者を含め、世代間の格差がない税収でもあります。そう聞くと、消費税が社会保障の財源としてうってつけだと思いますよね。

Q.でも10%に消費税が
上がったら生活変わりそう……。

A.仰る通りで大きな影響を及ぼしますよね。そのため、今回の増税では、酒類および外食を除く食品表示法に規定される飲食料品と週2回以上発行される新聞などの生活必需品に対しては、消費税を8%に据え置く軽減税率が適用されます。

しかも、増税後の景気落ち込みを防止するために、2020年6月まではクレジットカードを利用したキャッシュレス決済での買い物をすると、代金の最大5%分がポイント還元されるシステムを導入。ほかにも、住民税非課税世帯と0~2歳の子どもがいる世帯を対象に、額面2万5000円のプレミアム商品券の発行といった対策も行われます。

Q.やっぱり増税前に
買いだめしたほうがいいの?

A.買いだめしておきたい気持ちは分かりますが、なんでもかんでも買うのはちょっと待って! きちんと見極めが重要です。そこで買ったほうが良いもの、買わなくても良いものを紹介していきたいと思います。

【買ったほうが良いもの】

基本的に、必要かつ安くなりにくいものは買っておくべきです。例えば、ブランド品・コスメ・定期券・航空券・TDLやUSJなどのテーマパークのチケット・書籍など。これらは10月以降、買う予定がすでに決まっているのであれば、早めに購入しましょう!

また生活必需品に関しては、日持ちする、軽減税率の対象外となる飲食料品(もちろんお酒も含まれます!)・ペットフード・医薬品類(サプリメント、栄養ドリンク、コンタクトレンズ)なども、買っておいて良いかもしれませんね。

【買わなくて良いもの】

軽減税率の対象となる飲食料品は、急いで買いだめする必要はありません。サプリメントも、トクホ(特定保健用食品)・機能性表示食品・栄養機能食品は、医薬品ではなく食品扱いになるので、8%のまま。愛用されている方は、ラベル表示で確認しておきましょう。

酒類も注意が必要。通常のアルコールは消費税が10%にアップしますが、ノンアルコール飲料などアルコール1%未満であれば、10%の対象にはみなされないんです。

生活スタイルによって、生活必需品は人それぞれ。自分にとって、必要かつ値上げ必須なアイテムが何かをチェックしてみては?

Q.家電とか家具は
高いし買うべきですよね?

A.悩みますよね……。でも大型家電製品や家具などは、増税後に値下げセールの可能性が大! 高額な商品でかつ、売り切れたり、値下げしたりしなくて欲しいものがある場合は、買っておいたほうが良さそうです

あと、増税する前に買っておくべきものとしてよく挙がるマイホームに関してもお伝えしますね。物件価格が高額なだけに、2%の差は大きいのですが、そもそも消費税の対象となるのは、建物部分と業者への仲介手数料のみ。土地は課税対象外なんです。

物件価格も増税前の駆け込み需要を見込んで、価格を上乗せしてくる可能性もあり、人によっては、増税前にムリして購入しないほうが良いケースも出てくるはずです! 逆に、リフォームをするなら、増税後に特典がなければ9月までに手配しておいたほうが良いです。水回りなどは高額になりがちなのでご注意を!

Q.買い物以外に増税前、
やっておくべきことありますか?

A.増税前にやっておきたいのは、根本的な家計の見直しをすることです。自分や家族にとって必要なモノを再検証するだけでも、増税分が相殺できるかもしれません。

ちなみに、家計の節約候補に挙げられる民間保険の保険料ですが、消費税は非課税です。保険会社の経費など支払いが増えるという点で間接的な影響は否定できないとはいえ、増税によって、値上げされることはありませんので、ご安心を!

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

プロフィール


黒田尚子

くろだ・なおこ/1969年生まれ千葉県在住。1998年より独立系FPとして活動。現在は、各種セミナーや講演、新聞・書籍・雑誌・Webサイト上での執筆、個人相談を中心に幅広く行う。2009年12月の乳がん告知を受け、2011年3月に乳がん体験者コーディネーター資格を取得。がんをはじめ病気に対する経済的備えの重要性を訴える活動も行っている。『親の介護は9割逃げよ ~「親の老後」の悩みを解決する50代からのお金のはなし~』(小学館文庫プレジデントセレクト)が好評発売中!
http://www.naoko-kuroda.com

+ 黒田尚子の記事一覧

文/黒田尚子 イラスト/大嶋奈都子 編集/リンククロス

この記事を読んだ
あなたにおすすめ!

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status