勤務は過酷? 合コン三昧?
38歳キャビンアテンダント。

女子会の席でもなかなか聞けない、他人の年収やお財布事情。そんな知りたくても知れない実態を、リンククロスがズバッと聞いてまいりました。第22回目は、外資系LCCでキャビンアテンダント(CA)をしている38歳のMさん。今も根強い人気を誇る花形職業ですが、その実態は? お給料はどのくらいなの? やっぱり合コンはするの? 一見、華やかかつ優雅なCAの真実、ズバズバ聞いちゃいます!

今回の激白ウーマン

Mさん(38歳)

航空会社の地上職、都市銀行の秘書を経て、外資系航空会社のCAに。華やかでいろんなところに行くことができるCAにあこがれ、子どもの頃からの念願を叶えたが、過酷な勤務に疲れを感じることも。大好きな海外旅行と気前の良い彼氏が、日々のパワーになっているそう。

お仕事:キャビンアテンダント

「外資系LCCのCAになって、今年で7年目です。国内線と国際線、両方に乗務します。国際線はアジア便なので、最長のフライト時間は6時間くらいです」

「私が大学を卒業した年は就職氷河期で、CAの新卒採用はほぼなし。地上職として航空会社に入ったものの、本来の希望ではないし、シフト勤務もしんどかったので、定時で帰れる銀行に転職したのですが、CAになる夢をあきらめきれなくて……。31歳のとき、今の会社のCA募集を知って応募しました」

年収:約500万円

「先月の手取りは、34万円くらい。搭乗すればするほど、額が増える仕組みなので、月によって変動があるんです。フライトは、全CAに均等に割り当てられるのですが、『もっと飛びたい、もっと給料が欲しい』というCAは、他の人に交渉してフライトを譲ってもらうことができます。外資の航空会社だとよくあるんですよ」

貯金:120万円

「銀行勤務時代に始めた月1万円の自動引き落とし型預金を粛々と続けてます。額を増やす気はないです。貯金は苦手。あればあるだけ使ってしまう……」

家賃:6万8000円

「1LDKマンションです。空港までの通勤時間は40分くらい。一人暮らしには十分な広さだし、最寄りの駅から歩いて1分なのが気に入ってます。キャリーケースをコロコロ引かなきゃいけないし、帰りが夜遅くになることも多いので、駅近は絶対条件」

食費:5万円

「料理はほとんどしません。家で食べるときは、駅前のスーパーのお惣菜ですませちゃう。でも、お取り寄せは大好きで、最近はラム肉とすき焼き用の飛騨牛を取り寄せました。冬は、殻付きの牡蠣を送ってもらうのが楽しみ!」

「お酒も大好きで、一番好きなのは焼酎。キンミヤって知ってます? 家には紙パックのキンミヤが必ず置いてあります。ソーダで割るのが好きなので、ソーダストリームも買いました」

勤務中の食事代:1万6000円

「フライトのときの食事代です。国際線の場合はクルー用のミールが出るのですが、カロリーが気になるので、ほとんど食べません。代わりに、コンビニで買ったものを持ち込みます。サラダ、サラダチキン、栄養ドリンク……だいたいこんなメニューです」

交際費&飲み代:4万円

「赤提灯のお店が好きで、一人でも飲みに行っちゃう。地元に行きつけがあって、ボトルも入れてます。もちろん、キンミヤです! ただし、フライトの前日は控えめにします。アルコールチェッカーで数値をチェックしながら飲んだこともあります(笑)」

「つらいのがスタンバイの日。急病などで乗務できないCAが出た場合に備えて、待機しなくてはいけない日が、月に何日かあるんです。いつ呼ばれるかわからないから、当然お酒は飲めません。スタンバイが終了するまで、10、9、8、7……って、カウントダウンしちゃうことも。スタンバイ終了時に飲むキンミヤがまたおいしいんですよー」

美容代:5万円

「指先はお客さまの目に触れるので、ネイルサロンは欠かせません。もちろんカラーはベージュ系、料金は1万円くらいです。美容院はカットとカラーで1万円くらい。実家がある名古屋に行きつけの美容院があるので、名古屋までのフライト&ステイがあったときに行くようにしています」

「コスメは、お金かかってないです。スキンケアは、実家の母がエステサロンで購入したものを送ってくれます。メイクは、空港の免税店で出国時に買うので、せいぜい月5000円くらい。CAは10%オフになるんです」

「残りの2万5000円は、美容クリニック代です。CA仲間の間で有名なクリニックがあって、すっごくお手頃な価格で施術してもらえるんですよ! 毎月レーザーでシミ取りし、2~3カ月に1度、たるみを防ぐ施術をお願いしています」

ファッション代:1万円

「自分で買うのはZARAが多いかな。高級なものが欲しいときは、デートのときにカレに買ってもらうことが多いです。これまでに買ってもらったものの総額は……100万円くらいかなぁ。このカルティエの腕時計もカレに買ってもらいました。たしか78万円くらい?」

海外旅行費:3万円

「2カ月に1回は、海外旅行に行きます。1回で5万円くらいしか使わないので、月にすると3万円くらい。先月はグアムに行きました。自分で出したのは、飛行機代と家族へのお土産代くらいです。あとは、カレが出してくれました」

「CAになった一番のメリットは、飛行機代が安いこと。今の会社は福利厚生が充実していて、他社の便でもOKなんです。新幹線で実家の名古屋に帰るより、ハワイに行ったほうが安い。ホノルルなら約2万4000円、ヨーロッパなら約3万円。もちろん往復です! 家族は、これに2割増しくらい。友人割引もあります」

優雅な姿の裏には……

「中腰になることが多いせいか、腰痛持ちのCAは多いですね。私もジムに行くと、なるべく体幹を鍛えるトレーニングをします。あと、航空性中耳炎になる人も多く、そうなると乗務停止なんです。職業病ですよね」

「空港内を移動するCAって、だいたいヒールの高い靴を履いてますよね。あのときは、注目を浴びるし、颯爽と歩きたいですからね。機内では、2~3cmくらいのヒール靴に履き替えます。CAはみんなそうじゃないかな。機内で7cmヒールは無理です、仕事できない(笑)」

CAになってよかった?

「しんどいときも多いです。夜遅いフライトが多く、生活が不規則になりがち。最初の頃は、機内であくびをこらえるのに必死でした。乗務中にうっかり居眠りすると、反省文書く羽目に……。だから夜遅い便に乗る前は、なるべく夜型の生活をして、なんとか体内時計を調整します」

「LCCならではの苦労も。航空運賃を抑えるには、到着から次の離陸までの時間を短くして、運用効率を高めることが必要なんです。だから私たちは、6時間のフライトを終えたら、1時間後にまた同じ飛行機で6時間のフライト……なんていうのが当たり前なんです」

「6時間のアジア便より、12時間以上かかるヨーロッパ便のほうが大変そうですよね。でも、大手のヨーロッパ便の場合、フライト後にちゃんとその都市に滞在できたり、仮眠室と仮眠の時間が設けられていたりするんです。大手から転職してきた先輩たちは、ロンドン便のほうがラクだったとこぼしてます」

カレとの出会いは合コン

「今のカレとは、付き合って1年半くらい。合コンで出会いました。仕事は某メーカーの社内弁護士で、同い歳です。これまで合コンにはたくさん参戦したけど、今はもう出てないですよ! カレがいるし、私より若手に声がかかるようになっちゃったし。世代交代って感じ?」

「この仕事は、40代半ばくらいまでは続けたいです。それ以上になると、体力的に厳しいかも。今のカレと結婚するかどうかはわかりません。この人でいいのかな……という迷いもあるし、カレの気持ちもわからなくて。でも、子ども欲しいんですよね。年齢的なことを考えると、そろそろ決めなきゃいけないですね」

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

編集・文・写真/リンククロス

この記事を読んだ
あなたにおすすめ!

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status