初給料、何に使った?
自立したい!22歳新入社員。

女子会の席でもなかなか聞けない、他人の年収やお財布事情。そんな知りたくても知れない実態を、リンククロスがズバッと聞いてまいりました。第21回目は、人材開発会社に就職したばかり、ピカピカの新入社員、22歳のNさん。初めての給料はいくら? その使い道は? 仕事と一人暮らし生活に奮闘中の彼女に、ズバッと斬り込みます! いまどき女子の家計管理法も登場。

今回の激白ウーマン

Nさん(22歳)

大学在学中は教師を目指していたが、途中で進路変更して、人材開発会社に就職。実家から通える通勤距離、しかも一人っ子でありながら、卒業前から一人暮らしをスタート。家計のやりくりや自炊が楽しく、寂しさなんて感じていない様子。海外ドラマであこがれたニューヨークへ行くため、貯金にも意欲的。

お仕事:人材開発会社の営業

「大学では教育学部だったので、友人たちのほとんどは学校の先生になっています。私も以前は先生になりたかったのですが、教育実習を体験したり、先生の実態を聞いたりしているうちに、かなりたいへんそうだなぁと……。まあ人材を育てるという意味では、今の会社も同じですし、なんてったって定時で帰れるんです!」

年収:約310万円

「まだ、1回しかお給料をもらっていないのですが、お給料にボーナスをプラスすると、このくらいの年収になる予定です。初めてのお給料は20万円くらいでした。まだ研修しか受けてないし、営業として全然役立ってないのに、こんなにもらっていいの?というのが給料明細を見たときの気持ちです」

貯金:12万円

「この12万は、大学のときのアルバイト代です。今後はしっかり貯金しようと思って、就職したときに自動積立定期預金にしました。とりあえず、毎月3万円を積み立てます。ほんとは4万以上貯金したいけど、ちょっと厳しそう。貯金してどうするのか? 来年ニューヨーク旅行に行きたいんです! いくら貯めればいいのかな? 物価高いんですよね?」

家賃:8万円

「大学を卒業する少し前に実家を出て、一人暮らしを始めました。1Kで狭いけど、新築だし、オール電化だし、住んでる街も気に入ってます。たいへん? そんなことないです。自分で自分のことするの、すっごく楽しいです! お金のやりくりするのも好きなんです」

ランチ:1万5000円

「会社にいるときはコンビニで済ませちゃうことが多いです。週に2~3回、外出したときはお店で食べます。先輩がおごってくれたこともありました。私がいる部署、“1度は先輩が後輩におごる”という慣例があるんです。その代わり、1度おごってもらったら、2度目はないのかも……」

食費:8000円

「夕飯はなるべく自炊しようと思って、一人暮らしを始めたときにレシピ本を買いました。よく作るのはナムルです。この間ごぼうの唐揚げに挑戦したんだけど、大失敗。こげちゃいました。炊飯器は持ってないです。ごはんは、レンチンの『サトウのごはん』で十分!」

交際費&スタバ代:2万5000円

「同期の子たちとは、よく飲みに行きます。この間もオールでカラオケ行っちゃった! 明日も居酒屋行って、その後ボウリングです。またオールになりそう。お酒はピーチウーロンが好き。ビールは苦くて飲めないです」

「外食費には、スターバックスコーヒー代が含まれています。スタバ大好きで、大学時代はアルバイトしてたんです。楽しかったなぁ。今も、週3~4回はスタバ行っちゃいます。朝にラテ買ったり、帰りにふらっと寄って、期間限定商品をオーダーしたり。なんだか落ち着くんですよね」

美容代:5000円

「美容院は半年に1回しか行かないので、月にするとせいぜい2000円くらい。残り3000円はコスメ代です。スキンケアはドラッグストアので済ませちゃうし、アイシャドウやチークはほとんどつけないけど、リップはデパコス! かわいい系ブランドは苦手で、イヴ・サンローラン・ボーテやSUQQUが好きです」

「いつもリップはいっぱい持ち歩いてるんです。(バッグの中をあさって、次々にリップを見せながら)今日は7本持ってます。仕事のときはこの色で、夜飲みにいくときはこの色で……と、使い分けてるんです。マットより、ツヤのあるのが好きかな」

洋服代:1万5000円

「会社に着て行ける服が全然なくて、オフィスカジュアル揃えないと。きれいめカジュアルっていうのかな? そういう服が欲しいです。ほんとうは、『ViVi』に載っているような服が着たいけど、あんなにスタイルよくないし、露出多くて会社では着られない」

趣味代:5000円

「映画館によく行きます。ふらっと一人で行くことが多いかな。アカデミー賞作品賞の候補作はだいたい観てますね。好きな俳優はブラッドリー・クーパー。家では、Netflixの海外ドラマを観てます。好きなドラマは、『SUITS/スーツ』と『ゴシップガール』! ニューヨーク行きたいって思ったのは、ドラマの影響です」

母へのプレゼント代:6000円

「初めてのお給料だから、お母さんにプレゼントしたいなぁと。ロクシタンのヴァーベナの日焼け止めと洗顔料を贈りました。お母さん、この香りが好きなんです。両親の留守中、実家にモノを取りに行ったときにプレゼントを置いてきたら、あとで電話がかかってきて、『あの香り好きなのよー』と言ってました。父へのプレゼント? 買ってないです!」

パスポートケースで家計管理

「お給料が振り込まれたら、6万円下ろしてきて、無印良品のパスポートケースに付いてるクリアポケットに1万5000円ずつ分けて入れます。その1万5000円で1週間やりくりする……っていうのを始めたところなんです。この家計管理法、インスタグラムで流行ってるんですよ」

「普通の封筒でもいいんじゃ? クリアポケットだと中が見えて便利なんです。それに、パスポートケースを手に入れたことで、やりくりするぞ!っていう気持ちがアガる。カードや通帳なども一緒にしまっておけるし、便利ですよ」

いつまでも母にあまえられない

「一人暮らしを始めたのは、いつまでも親にあまえてる場合じゃないと思ったから。実家から会社へ通うこともできるんですけどね。一人っ子だからか、母がね、ほんと何でもしてくれるんです。共働きで母だって働いてるのに、なんか申し訳ないなぁと思って」

「実は、ケータイ代は親がまとめて払ってくれてるんです。それに住んでるマンションも、実家から電車で15分くらいの距離。だから、週1回は母がおかず持ってきてくれます。やっぱり、お母さんが作ったのはおいしい! 先週も、大分の郷土料理のとりめしを持ってきてくれました。うちの両親は大分出身なんですよ」

理想は菅田将暉

「彼氏? もう3年以上いないです。ストライクゾーンは広めなんですけどね。理想のタイプは、3~4歳上で、中身がオトナで落ち着いてて、自分の考えを持っていて、人の気持ちを察することができて、見た目は菅田将暉似で……。あ、全然ストライクゾーン広くないか(笑)」

「将来何になりたいか? うーん、ざっくりしたイメージしかないです。できれば30歳になるまでに結婚したいし、子どもも欲しいけど、仕事は続けていきたいです。いつかアメリカで暮らしたいなぁと思うけど、難しいかなぁ。まずは、一人前に仕事ができるようになって、お母さんを安心させなきゃですね!」

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

編集・文/リンククロス

この記事を読んだ
あなたにおすすめ!

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status