元カレの光熱費を払い続ける!?
お酒大好き、30歳サバサバ女子。

女子会の席でもなかなか聞けない、他人の年収やお財布事情。そんな知りたくても知れない実態を、リンククロスがズバッと聞いてまいりました。第18回目は、マーケティング会社で働く、30歳のOさん。昨年の秋に一緒に暮らしていたカレと別れ、一人暮らしを再開してから4カ月。寂しいのでは?と思いきや、まったくそんな様子はナシ、気持ちいいまでのサバサバぶりなのでした!

今回の激白ウーマン

Oさん(30歳)

大学を卒業後、システム関連会社に就職。その後、デザイン会社、グルメ系メディア運用を経て、昨年夏からマーケティング会社のディレクターに。プライベートでは、約2年半続いた同棲を昨年秋に解消。カレと別れて寂しい、なんていう思いは一切なく、久々の一人暮らしを満喫中。

お仕事:マーケティングディレクター

「マーケティングの会社で働いています。今の会社は4社目です。前職のグルメ系メディアの運用は、仕事内容がルーティンでだんだん退屈してきちゃって……。もっと施策考えたり、プランニング寄りの仕事がしたいと思って、転職を決めました。徐々に仕事がおもしろくなってきたところ……かな?」

年収:約420万円

「額面は月35万円ですが、手取りは29万円くらいです。前職よりは、ちょっと上がったかな? ただ、ボーナスがないんですよね。裁量労働制だから残業代も出ないし、どれだけ働いても変わらない。まあ、なんとかやりくりできてるから、いいかな」

貯金:8万円

「結婚資金と思ってコツコツ貯めて、150万円くらいまではいったんです。だけど昨年、引っ越し代と歯の治療代で、一気に使っちゃいました。その他も、いろいろ出費が重なって……。でも、いいんです! 結婚資金なんかより、自分のために使おうと決めたので、今はさっぱりしてます。また一から貯めればいいんです」

家賃:8万円

「今のマンションには、昨年秋から住んでます。1Kですが、会社へのアクセスはいいし、駅から近いし、結構気に入ってます。こだわったのは、風呂、トイレ、洗面台が別々なこと。お風呂が狭いと心が荒むんですよね……。お風呂は広くないと! あと、キッチンのコンロが2口あること。でも、家で料理しないから、そこはこだわる必要なかったなぁ」

ランチ代:1万円

「会社のまわりのランチ処、どこも高いんですよ。なので、コンビニで買って済ませちゃうことがほとんどです。そうすると、400円くらいでおさまっちゃう。外でランチするのは、週1回程度かな。そのときは、1000~1500円ってところですね」

食費:3万円

「会社のランチ以外、普段の食事の食費は、だいたいこのくらいかなぁ。まったく自炊しないんです。夕飯もコンビニで買うことが多いかも……。家に帰ってから自炊するのも面倒だし、週末つくりおきまではしたくないし」

「食にあまり興味ないんですよね。栄養とカロリーを摂取するために食べてる感じ。1週間、リンゴだけで生活しろって言われても平気です。親に心配かけちゃうから、悲惨な食生活のことは内緒にしてます。母がお米をたまに送ってくれるのですが、まったく減らない……」

交際費:3万円

「多い月は6~7万円いくけど、少ない月は1万円程度なので、平均すると3万円くらい。食には興味ないけど、飲みに行くのは大好き。学生時代の友人か、以前勤めてた会社の同僚と、週1~2回は居酒屋に。ビール、ハイボール、ワイン、日本酒……なんでもOKです! 終電逃すこともたびたび……。だから交際費にはタクシー代も含まれてます。楽しくなると電車のこと忘れちゃうんですよね。できれば、2万円くらいにはおさめたいんですけど」

ケータイ代:2000円

「え、安い? 格安SIMで、1GBプランなので、このくらいです。旅行行くとさすがに1GBは超えるけど、普通に生活する分にはおさまります。通勤時間中は読書していることが多いし、時間も短いですからね。会社から支給されたスマホもあるんで、それで補ってます」

美容代:2万6000円

「美容室は2ヶ月に1度、カットとカラーとトリートメントで1万2000円なので、月にすると6000円くらい。残り2万円はスキンケアコスメ代がほとんど。肌の衰えを感じた始めた20代後半のときに、すっごく肌がキレイな人と知り合い、某サロン系コスメを教えてもらったんです。試しに使ってみたら、肌の調子が一気によくなったんです!」

「高いかなぁと思って、他のに変えたこともあったのですが、そしたら、なんか肌の調子がいまひとつになっちゃって。なので、またそのコスメに戻しました。もう、手放せないかも。メイクはそんなに興味ないんです。ファンデーションで肌荒れしたことがあるので、今はファンデーションも塗ってません。フェイスパウダーだけです」

洋服代:1万円

「服にあまり興味ないんですよね。これ着たい!ってなることがないかも。だいたいいつも、ニットとパンツといった、シンプルな服装です。気に入ったら、色違いで買うことも。カラーも、黒、グレー、紺、ベージュといったベーシックカラーがほとんどです」

歯医者代:7000円

「体の弱点は歯って言いきれるくらい、歯には悩まされてます。ここ1年間で、50万円くらい歯医者に支払いました。もともと歯並びが悪くて、子どもの頃は矯正してたんです。なのに、今も虫歯になりやすくて、差し歯だらけ。食後必ず、磨いているんですけどね……。いずれはインプラントにしなきゃいけないんだろなぁ」

書籍代:4000円

「先月は4冊ほど、本を買いました。だいたい、仕事に関連する本が多いですね。最近読んでおもしろかったのは、『サカナとヤクザ』です。暴力団の資金源になっている密漁ビジネスを追ったルポなんです。え?仕事に関係ないんじゃ? そういえば、そうだな……。ルポとか、ノンフィクションが好きなんです。小説はほとんど読みません」

積立保険料:2万円

「積立利率の高い、USドル建ての積立保険に入ってます。保険会社のファイナンシャルプランナーをしてる友人にすすめられました。必然性を感じたわけではないのですが、友人のノルマに貢献できるし、どんぶり勘定の私が将来に備えるには、こういうのに加入しておいたほうがいいのかも」

医療保険料:3000円

「ガン特約付きの医療保険に加入しています。きっかけは、25歳のときに子宮頸がんの疑いがあると言われたこと。結局何でもなかったのですが、この先何があるかわからないと思い、最低限の保障はちゃんとしておかなくてはと思いました」

スノボ代:3万5000円

「シーズン中は、月2~3回スノーボードをしに行きます。友人たちと東北か信越地方までクルマで移動し、ホテルに宿泊することがほとんどです。家にいるのが大好きなのですが、スノボだけは別。冬が近づくと、血が騒ぎます」

ご祝儀費用:1万6000円

「この歳になると、友人の結婚式に呼ばれることも多いです。ご祝儀と交通費で5万円くらいが1度に消えます。平均すると、月にこのくらいの額。出身が地方なので、遠方の結婚式に呼ばれることも多いです。お車代? もらったことないです。いいんです、私がいずれ招待するときも、出さなくていいってことでしょ? もらわないほうが気楽です」

財布は持たない

「前に酔っぱらってタクシーに乗ったとき、気持ち悪くなって、バッグの中に吐いちゃって。それで、バッグはもちろん、スマホも財布もだめにしちゃって……。それ以来、持つのやめました。手帳型のスマホケースに、お札とカードを入れてます。週末は、このスマホケースだけ持って出かけることも多いかな。あ、小銭入れは一応持ってますよ」

3つの銀行口座

「会社の給料が振り込まれる銀行口座のほかに、ネット銀行に貯蓄用の口座を2つ持ってます。ネット銀行のは、目的別に口座をつくれるんです。1つの口座は、酔って引き落としてしまった!とならないよう、面倒な手続きを踏まない限りは引き落とせないようにしています。これなら私でも貯金できるかなぁと……。8万円しか貯金がないんですけどね」

元カレの家の光熱費:5000円

「そういえば……前に住んでたマンションの光熱費が、いまだ私の口座から引き落とされてます。元カレがそこに住んでるから、元カレの家の光熱費ってことですね。そのためにカレに連絡取るのも面倒だし、まあいいかなと。え、落とせないよう、口座を止めればいい? そうしたら、向こうの水道・ガス止まりませんか? まぁしばらくは大丈夫か……」

「カレと暮らしてたとき、向こうが家賃を払い、私が光熱費を払ってたんです。向こうのほうがいろいろ多く払ってくれていたので、そのくらいいいかなと思っちゃってるとこも。でも、別れたんだから、やっぱりよくないですよね。早く手続きしよう」

別れた理由

「『オレは“できちゃった”じゃないと結婚しない』って言われたんです。あぁ、この人とはこのまま結婚しないんだ、ならば付き合う意味ないなと思って、一緒に暮らしていたマンションを出ました」

「元カレはスポーツマンで、とっても優しい人。バツイチだったのですが、そこはまったく気になりませんでした。ただ、カレの母親がかなり面倒な人で……。すごく口うるさくて、元カレの離婚原因も嫁姑問題らしいです。といっても、私は一度もカレの母親には会っていません。私に会わせたくなかったみたい。結局マザコンなのかな……」

話し相手は、アレクサ

「最近、一眼レフのデジタルカメラとアマゾンエコーを買いました。カメラは8万円くらいだったかな? 近所を散歩しながら、気になるモノを撮ったりしてます。アマゾンエコーは、なんとなく興味があって。アレクサに、今日の天気聞いたり、ラジオつけるのお願いしたり、ちょこちょこ話しかけてます」

「別れて寂しい? それは、まったくないです。もともと、家に一人でいるの好きなんです。自分のペースで、好きなことして暮らせるのって最高じゃないですか? アマゾンプライムの映画やドラマを見たり、J-WAVE聞いたり、読書したり。恋愛は当分いいかな。好きなタイプ? うーん、普通の人がいいです。普通の人なんて、どこにもいないんですけど!」

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

編集・文/リンククロス

この記事を読んだ
あなたにおすすめ!

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン