ホワイトデーのガチなお返し。
健康になってほしいから花を……。

毎回、500円=ワンコインのポテンシャルを調査している本企画。対決形式でいつもお送りしていますが、今回はある男のたっての希望により、いつもとは違った内容でお届けします。先月のバレンタインデーで、仕事とはいえ、お母さん以外からチョコがもらえたライターの永野くんは「どうしてもお返しがしたい」と編集部に懇願。「藤本美貴さんの記事を読んで、植物のある生活が健康にいいと知ったんで、花を買いたいです」。えっ、義理チョコで花って、ちょっとガチすぎない?というこちらの忠告を無視し、ワンコインで買えるホワイトデーのお返しを探し始めたのであった……。

前回のあらすじです

バレンタイデー企画と一緒に見るとより楽しめますよ。

今回の主人公

義理チョコ大好きライター
永野優太

ながの・ゆうた

START

前回、義理チョコをくれた、
池田さん・金子さんへのお返しです。

「2人に似合う花は何かな?」
真剣に悩んでいて、撮影班も緊張……。

池田さんへのお返し

チューリップ

「このチューリップは、前回チョコを食べさせてくれた池田さんにあげたいです」。切り花じゃなくて鉢付きというところもビックリだけど、まぁよしとしましょう。ちなみにチューリップは春の花。ちゃんと育てれば、6月頃までは花が枯れないため、プレゼントとしては最適です。「ミキティも花で季節を感じるって言ってましたもんね。池田さんにも春を感じて欲しいな……」。そっか、もう何も言いません!

金子さんへのお返し

イチゴの花

随分と花が少ないけど……というこちらからのアドバイスに対して「実は意味があるんです。あとで言いますけど」と、一蹴する永野くん。ちなみに小さなイチゴが、もうすぐ実りそうではあります。「イチゴってもうすぐ旬ですよね? ぜひ金子さんには頑張って育ててもらって、食べてほしい」。ちなみにイチゴの旬は、品種によっても違いますが、一般的には4月〜5月。3月にプレゼントして4月に実れば、確かに時期的にはバッチリ。もしかして狙ってた? 「いえ、ですから違う意味が……」。

池田さんのような美しい花です。

「この前はチョコ食べさせてくれてありがとうございました。このチューリップが、なんだか池田さんみたいに美しく思えたので、これをお返しします」。撮影だから食べさせただけなんだけど……と、池田さんは思ったそうだが、永野くんの真剣さに押され、何も言えなかったようです。「切り花じゃなくて、鉢植え付きって新しいですね。でも、逆にアリかもしれない」。池田さん優しすぎです……。

イチゴを見るたびに僕を思い出して。

「チューリップとの華やかさの差!」「いえ、違うんです。これはイチゴの花なんで、イチゴが実るんですよ。イチゴを見るたびに僕を思い出してほしくて……」「えっ!?」。なんてこと言うんだ永野くん、義理チョコのお返しだよ、わかっているのかな? でも、その真剣さに、金子さんも言葉を失っています。「でもイチゴ好きだし、買うと値段も安くないから嬉しいです」。女性陣が大人でよかった……。

今回わかったのは、花を贈る相手は本命にすべきです。以上!

次は普通の調査をします!

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

写真/黒坂明美 編集・文/井上峻

FOLLOW US

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン

RELATED ARTICLE関連記事

ふたりだから続けられる
ダイエットアプリ

ふたりだから続けられるダイエットアプリ

アプリダウンロードはこちらから

+ もっと見る+ もっと見る