SOMPOひまわり生命

自分や家族を守る「4つのお守り」あなたに合ったお守りはどれ?

  • 終身保険
  • 収入保障保険
  • 終身医療保険
  • がん保険
まとめて資料請求

もしものときに備えて、保険は入っておいたほうがいいのかな…。でも、色々な保険があって難しい。
とお考えの方に、あなたの大切な家族への想いをカタチにできる、組み合わせ可能な4つのお守りをご用意しました。

自分や家族を守る「4つのお守り」あなたに合ったお守りはどれ?

  • 終身保険
  • 収入保障保険
  • 終身医療保険
  • がん保険
まとめて資料請求

もしものときに備えて、保険は入っておいたほうがいいのかな…。でも、色々な保険があって難しい。
とお考えの方に、あなたの大切な家族への想いをカタチにできる、組み合わせ可能な4つのお守りをご用意しました。

あなたのお守り診断

組み合わせるとあなたに合ったお守りに!?

<各保険を組み合わせた保障のイメージ図>

各保険を組み合わせた保障のイメージ図

お守りシリーズを組み合わせることで、それぞれのライフステージに必要な保障を用意することができます。もちろん、既にご契約中の保険に、必要な保障をプラスしていただくことも可能です。

まとめて資料請求

万が一のときの死亡保障が一生涯続く掛け捨てではない死亡保険

一生のお守り 無配当 低解約返戻金型終身保険

終身保険
一生のお守り

もしものときの死亡保障は一生涯
何歳で亡くなられても死亡保険金を受け取れます。
解約返戻金をおさえた分、保険料は割安
「低解約返戻金期間(保険料払込期間)」中の解約返戻金は、「無配当終身保険」の70%におさえていますので、その分保険料は割安となっています。
掛け捨てではないので、解約返戻金が活用できる
将来の蓄えとして活用することもできます。
※解約された場合、以後の保障はなくなります。

オプション

保障内容

ご契約例無配当低解約返戻金型終身保険

契約年齢:30歳 保険金額:500万円
保険期間:終身 保険料払込期間:60歳まで

このような場合にお支払いします 保険金額
死亡保険金 万が一のことがあってお亡くなりになられた場合 500万円
高度障害保険金 所定の高度障害状態になった場合

こんな方におすすめ!

  • 万一の時の保障を用意しながら、将来の蓄えとして準備したい方
  • 葬儀費用を計画的に積み立てたい方

万が一のときに、お給料のように毎月の生活費を受け取れる保険

じぶんと家族のお守り 無配当 無解約返戻金型収入保障保険

収入保障保険
じぶんと家族のお守り

万が一のとき、パパやママのお給料と同じように毎月一定額を受け取れる
「毎月受け取る金額」と「受け取る期間」はお客さまのニーズに応じて設定できます。

例えばこんなとき…

一家の大黒柱が亡くなり収入がなくなってしまった。家事や子育てで家族を支えていたママが亡くなってしまった。 年金がお給料の代わりになり、のこされたご家族を経済的な困難から守ります。ホームヘルパーやベビーシッターを頼む費用にも充てることができ、日常の生活を維持することができます。

オプション

  • 喫煙状況や健康状態などが、当社の定める基準に適合する場合に、割安な保険料でお申込みいただけます。【健康体料率特約】
  • 七大疾病により所定の事由に該当した場合などに、以後の保険料のお払込みは必要ありません。【七大疾病・就労不能保険料免除特約】
  • メンタル疾患や七大疾病により所定の事由に該当した場合に、生活サポート年金を受け取れる。【無解約返戻金型メンタル疾患保障付七大疾病保障特約】
  • 障害等級1級または2級と認定され、障害基礎年金の受給権が生じた場合などに、就労不能年金を受け取れます。【無解約返戻金型就労不能保障特約】
  • ※七大疾病:がん(上皮内がん含む)、心疾患、脳血管疾患、糖尿病、高血圧性疾患、腎疾患、肝疾患

保障内容

ご契約例

契約年齢:35歳 基準年金月額:20万円
保険期間・保険料払込期間:60歳まで最低保証期間:2年

※保険期間満了まで残り2年を切った時点でもしものことがあった場合でも、毎月20万円を2年間お受取りいただけます。

このような場合にお受取りいただけます お支払い金額
遺族年金 万が一のことがあって亡くなられた場合

設定した期間まで
年金として毎月20万円

高度障害保険金 所定の高度障害状態になった場合

※遺族年金と高度障害年金は重複してお受取りいただけません。

※この保険には、保険期間を通じて解約返戻金はありません。

こんな方におすすめ!

  • 特約により、働けない状態になった時のサポートを手厚くしたい方
  • お子さまがいるご家庭に

日帰り入院や手術にかかる費用を一生涯サポートする医療保険

新・健康のお守り 医療保険(2014)B型・手術Ⅰ型・60日型

終身医療保険
新・健康のお守り

保障は一生涯。保険料は加入時のまま変わらない。
入院は日帰り入院から保障。手術は公的医療保険の対象となる約1,000種類を保障。
短期化する入院期間も日帰り入院から保障されれば安心。
公的医療保険が適用されない先進医療※1の技術料を通算2,000万円まで保障します。【医療用新先進医療特約】※2

※1 先進医療とは、厚生労働大臣が定める先進医療をいい、療養を受けた日現在に規定されているものに限ります。そのため、対象となる先進医療は変動します。 先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院、または診療所において行われるものに限ります。

※2 被保険者が既に所定の先進医療関係の保障にご加入の場合には、付加できません。

オプション

  • 契約日から5年ごとの期間に所定の無事故条件に該当されたとき、1回につきご加入時の保険料の10%、最高5回(50%)まで、以後の保険料を割引きます【無事故割引特則】
  • ※50%割引が適用されるには、最短で加入後25年超必要です。
  • ※ご契約年齢・保険料の払込期間によっては、付加できない場合があります。また、最大割引率が50%に満たない場合があります。
  • 三大疾病:がん、急性心筋梗塞、脳卒中により入院した場合、その入院が疾病入院給付金の1回の入院の支払限度日数を超えて継続しても、無制限に疾病入院給付金が受け取れます【三大疾病支払日数無制限特則】
  • 三大疾病:がん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中により、所定の事由に該当した場合、以後の保険料のお払込みは必要ありません。【医療用特定疾病診断保険料免除特約】
  • 要介護1以上と認定された場合などに介護一時金を受け取れます(1回限り)。【介護一時金特約】

保障内容

ご契約例

医療保険(2014)B型・手術I型・60日型(死亡保険金不担保特則・医療用新先進医療特約付)
入院給付金日額:10,000円 保険期間:終身

入院した時 日帰り入院対応! 入院給付金 手術した時 約1,000種類の手術に対応 手術給付金 先進医療を受けた時 通算2,000万円まで保障 医療用新先進医療特約

こんな方におすすめ!

  • 病気やケガによる、入院・手術に備えたい方

がん治療のための入院・手術を一生涯保障する保険

勇気のお守り がん保険(2010)BⅡ型

がん保険
勇気のお守り

がん治療のための入院・手術を一生涯保障
がんと診断確定されたら、治療開始前でもがん診断給付金が受け取れる。
再発や転移など2回目以降の診断確定でも同額が受け取れる。
※2回目以降のがん診断給付金のお受取りには条件があります。
がん治療のための通院・往診を一生涯サポート(がん外来治療給付金)

がんに対する保障の開始(責任開始日)は、保険期間の始期の属する日から、その日を含めて91日目となります。

オプション

  • がん治療のために先進医療を受けた場合は、技術料を通算1,000万円まで保障します。【がん先進医療特約】

保障内容

ご契約例

がん保険(2010)BII型
がん入院給付金日額:5,000円(プラン1)
保険期間:終身

保障内容 プラン1

診断

がん診断給付金何度でも!

● 初めてがんと診断確定されたとき
● 前回のがん診断給付金のお支払事由該当日から起算して2年を経由した後に新たにがん(再発・転移を含む)と診断確定されたとき

1回につき50万円

入院

がん入院給付金何度でも!

がんの治療を目的として1日(日帰り)以上入院したとき

1日につき5,000円

手術

がん手術給付金何度でも!※1

がんの治療を目的として所定の手術を受けたとき

種類により1回につき20・10・5万円

通院・往診

がん外来治療給付金

● 外来期間中にがんの治療を目的として、医師の治療処置を伴う外来治療(通院・往診)を受けたとき※2
● 通算無制限(1年間120日限度★)
所定のがん治療が必要と認められる場合には外来治療期間を1年ごとに延長

1日につき5,000円
+オプション

先進医療

がん先進医療給付金(がん先進医療特約※3)

がんの治療を目的として先進医療※4による療養を受けたとき

先進医療※4の技術料を通算1,000万円まで保障

※1内視鏡による手術、放射線治療など、60日に1回の給付限度となるものがあります。
※2がん入院給付金がお支払対象となる場合、がん外来治療給付金はお受取りいただけません。
※3被保険者が既に当社で所定の先進医療関係の保障にご加入の場合には、付加できません。
※4先進医療とは、厚生労働大臣が定める先進医療をいい、療養を受けた日現在に規定されているものに限ります。そのため、対象となる先進医療は変動します。先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院、または診療所において行われるものに限ります。

こんな方におすすめ!

  • がんになった時に備えたい方

まとめて資料請求 無料相談