しくじりは許されない結婚前の挨拶。
服装選びで、お義母さんを攻略せよ!

素敵なプロポーズを受けて結婚が決まると、理想の結婚式を妄想したり探したりしたくなりますよね。でもその前に、重要な関門があるんです。そう、パートナーとなるカレのご両親への挨拶です。特に、これが初対面という人は要注意。昼ドラみたいな「嫁と姑」関係にならないよう、お義母さんへの第一印象は“やり過ぎ”ぐらい力を入れるべきなんです! ということで、私「結婚したい代(よ)」が、スタイリストさんと一緒に、6タイプのお義母さん別おすすめファッションを考えてみました! 男性はスーツを着ていけばいいかもしれないけど、女の子は大変なんです。

お義母さんが専業主婦

お義母さんが専業主婦。これって実はいちばん多そうだけど、いちばん難しい相手かも。自由に使える時間がある分、どんなお嫁さんかいちばん気にしそうだし、バリバリ働くお嫁さんもあんまり好きじゃないかも!?

服装も、ビシッと決め過ぎはお高くとまっていると思われそうだし、カジュアル過ぎても軽率だと思われそうな予感……。

そこで私たちが出した結論は「主張が強すぎず地味すぎない洋服」。例えば、カラシ色やボルドーなどを選ぶことで、派手すぎず地味すぎず、親しみやすさを。ひざ下のフレアスカートやバレエシューズなどで女性らしさを出しつつも、アクティブな印象も演出します。

「息子を立ててくれそう!」と思わせる服装を目指しましょう!

お義母さんがキャリアウーマン

お義母さんがバリバリのキャリアウーマン。年齢的に、役職や収入なども高いかも。こういったお義母さんは、若い女性社員をたくさん見ているから、きっと目も肥えているはず。だから、できない子には絶対厳しい!? となると服装は「デキる部下」感が大切なんじゃないかと、私たちは結論を出しました。

まずジャケットは必須。できれば、スーツスタイルがベターです。色はグレー、ネイビー、ベージュあたり。ボトムはパンツか膝丈スカートを選びましょう。インナーは、シャツだとリクルートスーツみたいになってしまうので、シンプルなカットソーを。上質な靴や時計、アクセサリーなど、小物も抜かりなく。

デキる感が伝われば、きっとすぐ、お義母さんのお気に入りの嫁になれるはず!?

お義母さんがアパレル・デザイン系

お義母さんがアパレルのお仕事か、デザイン系のお仕事をしている場合。いわゆるクリエイティブ職ですね。こういったお義母さんと相対する時は、あなたのファッションセンスが問われます。いわゆるベーシックなスタイルで行ったら、鼻で笑われちゃうかも!? 「息子の嫁、ダサいわね」なんて。

だから私たちの結論は「トレンドを取り入れよう」です。もちろんTPOも大切で、トレンドだからといって品のない格好は絶対ダメ。きちんとした印象を与えつつ、適度にトレンドを取り入れるように。自分のセンスに自身のある方は、1点くらいエッジーなアイテムを合わせて、感度の高さをさりげなくアピールするのもありです。

お義母さんもトレンドに敏感だから、最近注目のブランドを身につければ会話もきっと弾むはず!

お義母さんが農家・自営業

カレの実家が、農業をやっていたり、自営業でお店などをやっている場合は、得てしてお義母さんも働き手にカウントされているものです。となると、嫁にもそんなアクティブさをきっと求めるはず! 「ウチの息子が家業を継いだ時に、この子はちゃんと働けるのかしら」なんて思ってるお義母さんに会うのに、フリフリのスカートなんて穿いて行った日には……。

「動きやすさを意識したパンツスタイル」が私たちの結論です! お洒落さや女性らしさよりも「いつでもお手伝いできます!」という健気さをアピールすることに心力を注ぎましょう。正直、野暮ったいくらいが丁度いいんです。足元はスニーカー、バッグも動きやすそうな斜めがけかリュック。変な小細工は必要ありません!

いっそ、最後に仕事のお手伝いまでしていったら、ハートワシ掴みなはず。

お義母さんがトリマー・ペットショップ

このタイプには、トリマーやペットショップで働いているお義母さんだけでなく、“ペット大好きお義母さん”も含まれます。極端に言ってしまえば、「息子よりもペットが好き」なお義母さんです。だから必要なのは、私もペット好きなんですアピール。

そこで出した結論が「犬や猫ちゃんたちを想起させる服装」。ちょっとやりすぎかなと思っても、臆せず着こなしましょう。必要となるのが、犬や猫を彷彿とさせるような、ほんわかカラーのフワフワなモヘアニット。そして、動物モチーフがワンポイントに入ったアイテム。この組み合わせを揃えられたら、いくらでも話題の種はふりまけるはず。

あと事前に、お義母さんが飼ってるペットや好きなペットの品種も聞いて、下調べも忘れずに!

お義母さんがリタイア組

リタイア組とは、定年退職などされ年金暮らしをしているお義母さんのこと。カレがけっこう年上の場合だと、そういった可能性もありますよね。こういったお義母さんは、まず「息子がようやく結婚相手を連れてきた」という感情が湧き、連れてきた嫁は「孫みたい」と、大抵どんな服装でも可愛がってくれるはずです。

でも、せっかくならより媚を売りましょう。孫みたいに年齢が離れているからこそ「いっそ幼いくらいの愛されルックでひたすらかわいらしく」が私たちの結論です。パステルカラーのカーディガン、フレアスカートなど、かわいらしさを全面アピール。小物もかわいらしいものを。ジャケットみたいなかっちりとした服装なんて必要ないんです!

リタイア組のお義母さんは基本優しいですが、うっかり「おばあちゃん」と呼んだりすると怒られるので注意してくださいね(間違えないか!)。

第一印象は見た目が9割です!
みなさんご参考に!
次回は顔合わせで使える
最強の手土産をご紹介します!

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

イラスト/河原奈苗 服装提案/小笠原吉恵 文/結婚したい代 編集/井上峻

この記事を読んだ
あなたにおすすめ!

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status