カリスマトレーナーAYAさんが語る
食事・睡眠・トレーニング法。

10月は、乳がんの正しい知識を広め、乳がん検診の早期受診を推進するピンクリボン月間。それに先駆けて9月15日に、20~35歳女性限定のセミナーがおこなわれました。そこに登壇されたのが、クロスフィットトレーナーのAYAさん。多くの芸能人のパーソナルトレーナーを務めるAYAさん流の食事、睡眠、トレーニング法を伝授してくれました。椅子に座ったままできる、ながら腹筋トレーニングの実践も!

ピンクリボンセミナー

~20-30代女性のためのカラダケアセミナー~

女性なら誰でもかかる可能性のある病気、“乳がん”。セルフチェックや検診が大切という話を聞いたことがあっても、きちんと対策できているか不安ですよね。そこで本セミナーでは、専門医の山内英子先生(聖路加国際病院 副院長 ブレストセンター長 乳腺外科部長)が登壇。乳がんと女性のカラダについて教えていただきました。また、人気トレーナーのAYAさんも登場し、健康的な美ボディを作り出すための食事・睡眠・トレーニング法を語っていただきました。

主催:公益財団法人日本対がん協会、マイナビウーマン
https://woman.mynavi.jp

日本人女性の
11人に1人が乳がんに?

山内先生による、乳がんセミナーがスタート。女性が罹患するがんで、いちばん数が多いのが乳がん。日本人女性の11人に1人が、一生涯にかかると言われ、生活の欧米化に伴い、国内での罹患数は増えているだそう。

山内先生は、乳がんについて、こんなデータを教えてくれました。

  • 乳腺が発達する20代から発症する病気だが、39歳未満の人は罹患者の3%程度。
  • 乳がんのピークとなる年齢は40~50代。
  • 日本で新たに乳がんと診断される方は、毎年約9万人。
  • 家族も乳がんという罹患者は、約10%。遺伝子が原因で罹患された方は、3~5%程度。
  • 出産経験のない女性は、出産経験のある女性の約1.9倍、乳がんにかかりやすい。

まずは正しい知識と
セルフチェックから。

有名人が乳がんと診断されると、「乳がん検診を受ける人が一気に増える」とのこと。でも、山内先生はこう続けます。

「40代以上は定期的な検診が必要ですが、遺伝性の因子がない20~30代がむやみに検診を受ける必要はありません。検診では、検査に伴う被ばくがあり、1回の検査での影響は小さいですが、年に何度もすると被ばく量が多くなります。体の負担だけでなく、再検査となったときの心の負担も気になります。有効性が確立し、制度がしっかりしている検診を選ぶことも大切です」

「大切なのは、セルフチェックの方法など、乳がんの正しい知識を身につけること。セルフチェックで、違和感があったら、病院に行ってください。過度な検査は必要ありません」

さらに、遺伝を気にした米女優アンジェリーナ・ジョリーが乳房を切除してしまった驚きのエピソードなども織り交ぜながら、乳がんについて詳しく解説していただきました。

運動が苦手な人こそ
クロスフィットに挑戦を!

山内先生のあとは、人気インストラクターのAYAさんが登壇。ご自身が実践する食生活から、すぐにマネできるトレーニングまで、語ってくれました。

「私が教えているクロスフィットは、歩く・走る・座る・立つ・起き上がる・持ち上げるなど、『日常生活で繰り返し行なう動作』をベースに体全体を鍛えるトレーニング法のこと。動ける体つくりがクロスフィットのコンセプト。最初からそんなに難しいことはしないので、運動に自信がない人もぜひチャレンジしてほしいです」

朝トレーニング後の
おにぎりが習慣。

続いて気になる食事の話に。糖質制限ダイエットが流行っていますが、AYAさんは朝だけは炭水化物を取るようにしています。

「朝のトレーニング後におにぎり1個を食べています。ポイントは、自分の手のひらで握ること。茶碗によそうと量が多すぎて、適量がわからなくなるためです。お肉も手のひらサイズを食べるように意識しています。でも、野菜はいっぱい摂ってOK! 私は自分で作ったサラダを毎食たっぷりと食べています」

「脂質も積極的に摂取します。砕いたナッツをサラダにかけたり、おやつにナッツを食べたり。ナッツの脂肪っていい脂肪なんです。勘違いされている人もいますが、まったく脂肪を摂らないと肌がカサカサになっちゃうんです。ただし、ストイックな食生活を送っているのは平日だけ。休日は“チートデイ”と称して、いろいろと好きなものを食べるようにしています!」

夜にジムで運動すると
睡眠の質が悪くなる。

食事の話のあとは、ダイエットについての持論を語ってくれました。

「食事だけ、トレーニングだけではなく、両方の相性が大切なんです。相性が合ったときに、人間の体は変わりだすので、このことは忘れてほしくないですね」

「あと睡眠も大切で、6~8時間が適量。私は早朝トレーニング指導をしているので、毎朝5時半に起きて、22時には布団に入るようにしています。みなさんの中には、夕方まで働いて夜にジムで運動をする方が多いと思うんですが、それだと夜アドレナリンが出てしまい、睡眠の質が悪くなるんです」

「難しいかもしれないですが、朝に運動したほうが、体にいいんです。太陽のリズムと体のリズムを合わせるのが本来自然なので、可能ならやってみてください」

ながら腹筋トレーニング

仕事の合間にできるながら腹筋トレーニング。

ラストは、椅子を使って腹筋を鍛える、ながらトレーニングをレクチャーしてくれました。

1
椅子に浅めに座り、膝を曲げて足を上げます。足を上げる時間は20秒ぐらいから始めてください。
2
手を合わせ、体を左右にねじります。ねじる時間は10秒ずつキープします。下半身はそのままで上半身のみねじるのがポイント。下半身はずっと同じ位置でキープします。

「例えば、お仕事中にパソコン作業がひと段落した時にやってもらいたいです。腹筋を鍛えることで、姿勢も良くなり、スタイルアップにもつながります。このトレーニングは短時間でできるので、時間がないというのは言い訳にならないはずです(笑)」

自分の体の声に
耳を傾けよう。

セミナー後、AYAさんに少しだけお話を伺いました。

「たくさんの女性の方に来場していただいて、本当にうれしかったです。ありがとうございます。きっと今日の話を受けて、乳がんをはじめ、体のことに対しての意識が変わったんじゃないでしょうか? まずは『自分の体の声に耳を傾ける』、そこからでも始めてみてほしいです。自分の体のことだからこそ、もっと大切にしてあげましょう」

山内先生による乳がんについての正しい知識、そしてAYAさんの健康的な美ボディのための話。あなたはどう感じましたか? まずは自分の体の声に耳を傾けながら、日頃のケアから始めてみてはいかがでしょうか?

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

【スタッフクレジット】 写真・編集・文/リンククロス

この記事を読んだ
あなたにおすすめ!

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン