「ストレッチや筋トレで喉のケア」
家入レオさんの歌声と体の関係性。

昨年デビュー5周年を迎え、念願の日本武道館での公演も果たした家入レオさんが、8月に14枚目となるシングル『もし君を許せたら』をリリース。今年の夏は、この楽曲を経ての音楽フェスなど大忙し。

今後もますます活躍が期待される彼女に、体が資本の仕事だからこそ取り入れている健康法や、ツアー中や普段の生活で気をつけていること、食生活や大好きなスイーツについて色々と語ってもらいました。そして、驚きのトレーニング方法も明らかに!

もっといろんな
経験をしたい。

──まずは、新曲『もし君を許せたら』に初めて出会ったときの印象を教えてください。

家入:最初にメロディを聴いたとき、すごくスタイリッシュだと思ったんです。だからこそ歌うときには真心を大切にしたいと思い、歌詞は人の繊細な心の動きを描き出せる杉山勝彦さんにお願いしました。

――『もし君を許せたら』は、フジテレビ系月9ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の主題歌にもなりました。手応えはいかがですか?

家入:自分がドラマに合うと思う音楽と、ドラマ制作の方が求めている音楽をひとつにしていくのがとても難しくて。でも、その苦しさが曲の栄養分になりましたし、痛みを伴った作業ではあったんですけど、すごく誇れる曲になったと思います。

――昨年はデビュー5周年を迎えられました。

家入:10代でデビューして昨年5周年を迎え、日本武道館という憧れのステージに立って。今まで駆け抜けてきたことが音楽的には自信につながっていたんですが、ひとりの人間としてもっといろんな経験をしたいな、と思って。

新しい自分を開拓したいという気持ちでドラマや朗読劇に挑戦させていただいたり。今年、少し長めのお休みをもらって、ロンドン一人旅をしました。そこで自分の環境を客観的に見ることができて、改めて自分は音楽が好きなんだなと感じました。

縄跳びと心拍数トレーニングで
汗を流すのが気持ちいい。

──夏は音楽をたっぷりと堪能できる夏フェスのシーズンです。ライブツアーなども含め、体力を使うことも多いと思いますが、健康のために何かされていることはありますか?

家入:ライブ前には縄跳びをやっています。3分間跳んで、1分間休むのをワンセットにして、それを6セット。心拍数トレーニングもやっています。傾斜をつけたランニングマシンで3分間ダッシュして、2分間歩くのを6セットおこないます。基本的に汗を流すのが好きなのでジムにもよく行ってますね。

──心拍数トレーニングはどこで知ったんですか?

家入:ジムのトレーナーさんから教えていただきました。この仕事は生活が不規則なので、自律神経が乱れがち。汗を流すことで心身ともに整えています。ライブなどで地方へ行くときも、グリッドという健康器具で筋膜リリースをしたり、ツボを押す用のテニスボールを持っていったりしています。

肩甲骨が硬くなると首が締まっていい声が出なくなるので、小まめにストレッチをしたりしています。あと、猫背になっても声が出なくなってしまうので、朝に腹筋をしたりして、体を鍛えることが結果的に喉のケアにつながっていますね。

普段から歩くのも大好きで、
3~4駅分くらいは平気。

──とてもスリムなイメージですが、ダイエットなどは気にされたりしていますか?

家入:めっちゃします!(笑) 常に「痩せたい」って言っていますね。周りが細い人ばかりで。食べるのも飲むのも好きだから大変です(笑)。

──とても意外です。では、食生活で気を遣われていることはありますか?

家入:カロリー制限とかは全然していないですね。でも栄養のあるものを摂取したいので、朝はMCTオイルとバターを入れたコーヒーを飲んでいます。

スイーツが大好きで、東京のチーズケーキは食べ尽くしたんじゃないかというくらい(笑)。でも、ツアー中は消化に時間が掛かるものを食べると歌えなくなっちゃうから、あまり食べられなくて。なので翌日に何もないときは思いっきり食べますよ。

アイスクリームもすごく好きなので、酔った勢いでそのままコンビニに行ってアイスを買っちゃったりして(笑)。お酒の後の締めのアイスがおいしいんですよ。夜中に食べるという罪悪感がまたいいんです(笑)。

――食事制限よりも、運動でそのスリムな体型を維持しているんですね。

家入:そうかもしれません。普段から歩くのも大好きで、マネージャーさんに車で送ってもらっているとき、たまに「ここで降ろしてください」と言って3~4駅分くらい歩いたりします。

無理のない範囲で行うのが
一番長く続く秘訣。

――夏は日差しも心配ですが、日焼け止め対策などはされていますか?

家入:日焼け止めがべたついちゃうからあまり得意じゃなくて、飲む日焼け止めを愛用しています。私、色素が薄くてすぐ目をやられてしまうんですが、それを飲むとちょっと軽減されるんですよね。マネージャーさんからは「日傘をさしてください」と言われているんですが、なかなか(笑)。さすがに日差しがすごく強いときはさしますけど。

――では、最後に今後やってみたいことを教えてください。

家入:長く歌っていきたいからこそ、音楽の勉強や人生の勉強をもっとしたくて。語学や楽器のことをもっと知りたいし、センスを磨いていきたいなと思っています。

10代でデビューしたときは自分の中を掘ることで、思春期の葛藤を歌にしていたんですが、20代になるとそれも難しくなってくる。人生の経験がないと作品が細くなっていってしまうという思いがあるので、いろんな世界に行って、さまざまなものに触れて、たくさんのことに挑戦していきたいですね。

かといって、何事も焦ってやってはダメだと思うんです。健康のために何かをするとしても、無理のない範囲ですることが一番長く続くと思いますし、どんなことでもゆったりとした気持ちでやっていくのが一番いいんじゃないかと思いますね。

家入レオさんニューシングル

『もし君を許せたら』8月1日(水)CD発売

初回限定盤A(CD+DVD)1,700円(税別)
初回限定盤B(CD+GOODS)2,200円(税別)
通常版(CD)1,200円(税別)

地上波CM出演、女優デビュー、朗読劇の舞台出演など、多方面での精力的な活動を経てリリースする今作は、フジテレビ系月9ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』の主題歌にも決定した。

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

プロフィール


家入レオ

いえいり・れお/1994年生まれ。福岡県出身。13歳で音楽塾ヴォイスの門を叩き、音楽の道へ。2012年にシングル「サブリナ」でメジャーデビュー。1stアルバム「LEO」はオリコン2週連続2位を記録し、第54回日本レコード大賞最優秀新人賞など、数多くの新人賞を受賞する。以降、ライブ活動を行う傍ら、ドラマ主題歌やCMソングなども担当。昨年の2017年にはデビュー5周年を記念し初のベストアルバム「5th Anniversary Best」を発売。そして、武道館公演を開催。さらに大原櫻子・藤原さくらとの初のコラボ楽曲の発売など、精力的に活躍。2018年2月には約1年7ヵ月ぶりとなるニューアルバム「TIME」をリリースし、5月には「あおぞら」を配信限定でリリースした。

+ 家入レオの記事一覧

文/斉藤俊彦 写真/島村 緑

この記事を読んだ
あなたにおすすめ!

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン