健康への意識・美容・雨のすごし方。
クリスタル ケイさん新作への想い。

気分が暗くなりがちな雨の日。大好きな音楽を聴くことも、すてきなすごし方のひとつですよね。そんな時にぜひ聴いて欲しいのが、クリスタル ケイさんが6月13日にリリースした、2年半ぶりのニューアルバム『For You』。来年で歌手生活20周年を迎える彼女が語る、日頃の健康面で気をつけていること、美容のこと、雨の日のすごし方、そして新作への想い。いつでもポジティブな印象が強い、彼女の意外な一面も明らかに!?

――NHKドラマ10「デイジー・ラック」の主題歌にもなった「幸せって。」が新作アルバムに収録されていますが、クリスタル ケイさんにとって、女性が幸せな毎日を過ごすために必要なことはなんだと思いますか?

クリスタル ケイ:基本的なことではありますが、健康的な食事と運動だと思います。私は食べることがすごく好きなので、食べるために運動しているようなところもありますけど(笑)。体を良い状態にしておくと、気持ちいいし、心もクリアになるし、歌にもいい影響があると思います。

それからメンタルの部分では、“気持ちの切り替え”も大事だと感じています。実は私は、結構考え過ぎちゃったりするタイプなんですが、ネガティブなことをずっと考えていると、ネガティブなことしか引き寄せないと思うんです。

「これがない」とか「これがダメ」とか考えるのではなくて、「こんなに何かがある」とか「これがあるから幸せ」という考え方に切り替えると、すぐに良いエネルギーを引き寄せられるし、嫌なことを忘れられるんです。

――美容の面で気をつけていることはありますか?

クリスタル ケイ:パックしたり、美顔器を使ったりはします。それから、血の流れとかリンパの流れをよくすることは大事だと思って、オイルでマッサージをしたり、ストレッチをしたり、できる限り湯船につかるようにしています。

食事面では、野菜をきちんと食べるようにしているくらいかな……。美容にすごく凝ってる方は、「これを食べると肌に良い」とか気をつけられているんだと思いますが、そこまではできてないです(笑)。

――2年半ぶりのアルバム『For You』で意識した点を教えてください。

クリスタル ケイ:今回は、制作時間が約1ヵ月しかなかったのですが、私は追い込まれると集中力が高まるタイプなので(笑)、満足のいくものができたと感じています。歌に関しては、芯のある歌声を意識しました。

ただきれいに歌うだけだと“通り過ぎてしまう”こともあると思うので、メッセージをより強く届けるために、ひとつひとつの言葉に想いを込めるということをすごく意識して、何十テイクも録り直した曲もあります。作品はずっと残るものなので、やっぱり良い作品にしたいですし、そのためには妥協しないことが大事だと思っています。

――『For You』は12枚目のアルバムです。これまでの作品との違いを教えてください。

クリスタル ケイ:13歳でデビューし、長く歌手として活動してきた中で、これまでは自分のことだけで精一杯だったような気がします。でも最近は、自分のためではなく、聞いてくださる人のために歌いたい想いが強くなってきました。そういう変化が歌声や作詞作曲にも表れていて、“届けたい”気持ちをより強く感じてもらえるのかなと思います。

――特に思い入れのある曲を教えてください。

クリスタル ケイ:「I Just Wanna Fly」は何回も何回も録り直しました。いろんな歌い方を試して、それを聞いて、また歌ってという感じで。この曲は、壮大な感じの中に強さがあって、イントロはほとんど声がメインです。そのイントロで聴き手の気持ちをつかみたいと考えていたので、すごくこだわりました。

同じように歌声を意識した曲というと「幸せって。」もそうです。ドラマの内容もアラサー女子の話で自分とリンクするところがあったので、テクニックではなく、飾らずにどれだけまっすぐ強く歌えるかを大切にしました。アルバム全体が背中を押す内容になっているのですが、「幸せって。」はその中でも特にメッセージ性が強い曲で、聴いている人が“自分は大丈夫”と安心できるような曲を目指しました。

――アルバムがリリースされた6月は梅雨の時期でもあります。雨の日はどんな気分になりますか?

クリスタル ケイ:やっぱりちょっとダラーっとなります(笑)。雨は嫌いじゃないんですけど、どちらかというと外よりも家の中にいたい派です。でも、予定があれば、雨でももちろん外出はします。ちなみにみんなにも体感して欲しいのが、雨の中のフェス!

先月シークレットゲストで出演もした『EDC Japan』で、出演していない日も見に行ったのですが、その日は雨の中ひとり、びちょびちょになりながら、いろんなアーティストを観ていました。コンディションはよくないけど、その時しか感じられない「今を生きてる!」っていう感覚はクセになるはず(笑)。

――野外イベントなど、雨の中で歌われた経験はありますか?

クリスタル ケイ:私、最強の晴れ女なんです(笑)。以前に出演したフェスが、すごく雨が降って、会場の横にある川の水位もすごく上がって、お客さんもふくらはぎくらいまで水に浸かっているような状態で……。一度中断もするくらい本当にすごい雨だったんですが、私の出番が来て、ステージに上がったら、パッと雨がやんだんです(笑)。

ステージはもちろん、旅行でも何でも大切な時に雨が降るという経験は少ないのですが、野外のイベントで一度だけ雨の中で歌ったことがあります。その時は、雨に濡れながら歌うって滅多にないことなので、楽しかったです。

私も濡れて、お客さんも濡れてるから一体感が生まれるというか、独特のライブ感が出るんです。びちょびちょになりながら、やりきった時の達成感もすごかったです。

――来年、歌手活動20周年を迎えられます。今後の予定や目標を教えてください。

クリスタル ケイ:来年は新曲のリリースもしたいですし、地元の横浜でライブをしたり、クリスマスライブをしたり……。常にステージで祝っているような年にしたいです。

そして、今後も音楽で国境を越えられるように、日本国内だけでなく、世界を目指して活動を続けていきます。そして、女性としてはロールモデルになれるようなかっこいい女性になって、勇気や希望を与えられる存在になれればいいなと思っています。

クリスタル ケイさんニューアルバム

『For You』6月8日(金)配信開始/6月13日(水)CD発売
初回限定盤(CD+DVD)3,780円(税込)/通常版(CD)2,700円(税込)

日本屈指のR&Bアーティストが活動20周年に向けて、ニューアルバムをリリース。30代女性の等身大の姿を描いた佐々木希主演のドラマ「デイジー・ラック」の主題歌「幸せって。」をリード曲に、全11曲が収録されている。

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

プロフィール


クリスタル ケイ

1986年生まれ。神奈川県横浜市出身。1999年7月、13歳の時に「Eternal Memories」で歌手デビュー。2005年には「恋におちたら」が大ヒット。2007年にリリースしたアルバム『ALL YOURS』ではオリコン1位を獲得する。また、2013年からはニューヨークにも拠点を移して活動し、アーティストとして更なる進化を遂げる。2014年11月よりマネージメントをLDHに移籍。

+ クリスタル ケイの記事一覧

文/小林 聖 写真/荻窪番長

この記事を読んだ
あなたにおすすめ!

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status