第48話 がん患者はお金が心配。

よく耳にする「がん」という病気のこと、あなたはどれくらい知っていますか? 備えあれば憂いなし、まずはがんについて知るところから始めましょう。健康のことが気になるりんちゃん家族と共に、楽しく解説します!今回は、がんになった時にかかるお金のお話です。がんになるとイチバン心配になるのが、死の不安よりも経済面だそう。では、実際にどれくらいかかるのか、ズバッとお伝えしちゃいます!

がんになった時の
イチバンの心配は「お金」。

がんになってイチバンの心配は、意外なことかもしれませんが、お金のことです。一般の方に「がんになった場合に心配なこと」を調査したアンケートでは、「がんによる死の不安」を超えて、「経済的な不安」がトップでした。

治療費のことが気になっては、安心して病気の治療に専念することができません。ここで、がんの治療費について概要をお話しましょう。

治療費はケースバイケースですが、だいたいをイメージしていただくために、初期の肺がんで入院したYさんを例に出してみます。Yさんの肺がん手術の医療費は全体でおよそ150万円でしたが、公的医療保険によって3割負担なので、自己負担は45万円でした。

ただし、先進医療や差額ベッド代は保険適用外ですから、そのような治療を選択した場合は、自己負担が重くのしかかってきます。2週間個室を利用したYさんの差額ベッド代は約45万円。医療費の自己負担と差額ベッド代が同じなのには、ちょっと驚きです(病院側の都合でうつった場合には、負担する必要はありません)。

Yさんは手術後に抗がん剤治療を受けることになりました。1回15万円で、月に2回なのでひと月に30万円かかります。これも、3割負担なので、自己負担は10万円程度です。

がんの治療費については、「がん治療費.com」で保険が利く標準的な治療を受けた場合の5年間の医療費を見ることができるので、参考にしてください。

——参考文献『がんのひみつ 最新版』中川恵一著(朝日出版社)

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

プロフィール


鈴木ポガ子

すずき・ぽがこ/アスキー・メディアワークス第1回デジタルMANGA新人賞デジタルコミックエッセイ部門で部門賞を受賞し、2013年より漫画家・イラストレーターとして活動。50回に及ぶリンククロスでの長期連載「がんのことみんな知ってる?」のほか、ぬか漬けマンガ『ぬかロイド花子』が電子書籍として発売中。最新情報は@pogako

+ 鈴木ポガ子の記事一覧

漫画/鈴木ポガ子 編集・文/井上峻 監修/中川恵一

この記事を読んだ
あなたにおすすめ!

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status