第18話 がんの進行度。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

よく耳にする「がん」という病気のこと、あなたはどれくらい知っていますか? 備えあれば憂いなし、まずはがんについて知るところから始めましょう。健康のことが気になるりんちゃん家族と共に、楽しく解説します! 前回までのおさらいをしながら、テレビなどで耳にするステージ=進行度の仕組みについて、今回は説明していきます。

進行度(ステージ)の表し方。

前回までのお話のおさらいになりますが、がんのかたまりがまだ小さく、もとの臓器にとどまっている段階なら、完治の可能性は高くなります。さらにがんが進行すると、リンパ腺(リンパ節)へ転移します。この段階になると「進行がん」と呼ばれますが、まだ治療の望みはあります。しかし、ほかの臓器に転移してしまうと、完治はむずかしくなります。

がんは一般的にこのような経緯を辿るので、がんの進行の度合いは、もとの臓器にあるがんの大きさ・リンパ腺への転移の程度・はなれた別の臓器への転移の有無によって表現します。もとの大きさをT(tumor)・リンパ腺への転移の程度をN(node)・遠隔転移の有無をM(metastasis)で表す、TNM分類という方式がもっとも一般的です。

T1〜T4(数値が小さいほど腫瘍が小さい)、N0(転移なし)〜N3(数値が小さいほどリンパ腺への転移の程度が軽い)、M0(転移なし)〜M1(転移あり)に分けられ、例えば「T2N1M0」のように書きます。

これによって進行度(ステージⅠ〜Ⅳ)を表すのです。
——参考文献『がんのひみつ 最新版』中川恵一著(朝日出版社)

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

プロフィール


鈴木ポガ子

すずき・ぽがこ/アスキー・メディアワークス第1回デジタルMANGA新人賞デジタルコミックエッセイ部門で部門賞を受賞し、2013年より漫画家・イラストレーターとして活動。50回に及ぶリンククロスでの長期連載「がんのことみんな知ってる?」のほか、ぬか漬けマンガ『ぬかロイド花子』が電子書籍として発売中。最新情報は@pogako

+ 鈴木ポガ子の記事一覧

漫画/鈴木ポガ子 編集・文/井上峻 監修/中川恵一

この記事を読んだ
あなたにおすすめ!

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン