第17話 がんはタチが悪くなる。


よく耳にする「がん」という病気のこと、あなたはどれくらい知っていますか? 備えあれば憂いなし、まずはがんについて知るところから始めましょう。健康のことが気になるりんちゃん家族と共に、楽しく解説します! 今回はがん細胞が進化し強くなっていく、その仕組みや過程についてのお話です。どんどんタチが悪くなるって……がんってやっぱり厄介な病気ですよね。

がんは進化し強くなる。

がんの治療がむずかしいのは、すこし変異しているとはいえ、がんが私たちとほぼ同じDNAを共有しているからです。免疫にとっては異物と思いにくく、手強い相手です。しかも、がんは身体のなかで「進化」するのです。

がん細胞はもともとみな同じDNAですが、分裂して増えるうちに細胞のコピーミスを起こし、次第に多様なDNAを持つようになります。このうち、「弱いがん細胞」は、免疫による攻撃や、がん治療に負けて、死んでいきます。しかし、なかには、治療に屈することなく生き残る「強いがん細胞」もいます。

例えば「A」という抗がん剤を使った場合、一時的にがんが小さくなったり、腫瘍マーカーの値が下がったりします。しかし「A」に負けない、少数のがんは生き残り、増殖するので、次第に抗がん剤「A」は効かなくなっていきます(「耐性を獲得する」と言います)。次に抗がん剤「B」を使った場合にも、同じことが起きます。

このように抗がん剤で治療すればするほど、がん細胞は淘汰をかいくぐり、生き残ったがん細胞は鍛えられて強くなっていきます。がん細胞は、環境の激変のなかで生き延びてきた、私たち生物の「しぶとさ」を受け継いでいるのです。

ですから、がん治療は、最初が肝心なのです。まだ「がん」が鍛えられていない最初の段階で、完全に退治するのが一番というわけです。これは「抗がん剤」に限ったことではありません。放射線治療でも手術でも同じことです。
——参考文献『がんのひみつ 最新版』中川恵一著(朝日出版社)

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

プロフィール


鈴木ポガ子

すずき・ぽがこ/アスキー・メディアワークス第1回デジタルMANGA新人賞デジタルコミックエッセイ部門で部門賞を受賞し、2013年より漫画家・イラストレーターとして活動。50回に及ぶリンククロスでの長期連載「がんのことみんな知ってる?」のほか、ぬか漬けマンガ『ぬかロイド花子』が電子書籍として発売中。最新情報は@pogako

+ 鈴木ポガ子の記事一覧

漫画/鈴木ポガ子 編集・文/井上峻 監修/中川恵一

FOLLOW US

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン

RELATED ARTICLE関連記事

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status