第15話 がんは新天地を求める。

よく耳にする「がん」という病気のこと、あなたはどれくらい知っていますか? 備えあれば憂いなし、まずはがんについて知るところから始めましょう。健康のことが気になるりんちゃん家族と共に、楽しく解説します! 今回は、がんがどういった経緯で転移していくのかを、詳しく説明。身体の中で起きている、がんの動きを追ってみましょう。

がんは自分専用の
新しい血管を作らせる。

胃がん、大腸がんなど、ほとんどのがんでは、外界と人体がふれあう境界面である「粘膜」にがんが発生します。がんが粘膜のあたりにとどまっていれば「早期がん」です。しかし、がんは次第に周りの組織を壊しながら陣地を広げていきます。これを専門用語で「浸潤(しんじゅん)」と言います。

乳がんを例にすると、お乳を作る「小葉」という部分や、小葉と乳首をつなぐ「乳管」にがんができやすいのですが、「小葉」や「乳管」を包む「膜」を破って、外の組織にまで侵入していると「浸潤がん」と呼ばれます。

小さいうちは、がんは周りの血管から栄養や酸素をもらって増殖しますが、徐々にがんが大きくなってくると、がんのかたまりの内部は“栄養不足”になっていきます。

この飢饉を乗り切るため、がん細胞は体に向かって「新しい血管を作れ」というシグナル(血管新生因子)を送ります。すると、近くの血管から新しく支流が伸び、がん専用の血管が作られます。もともと人には、ケガなどで損傷したときのために、血管を新しく作る機能が備わっていて、がんはそれをうまく利用しているのです。

しかし、外から血管を引き込んでも、大きくなったがんのかたまりの内側では、低栄養状態が解消されません。すると、がんは「新天地」を求めます。がん細胞はかたまりから離れ、血管まで移動し、血流にのって新たな繁殖地へと旅立ちます。これが「転移」です。
——参考文献『がんのひみつ 最新版』中川恵一著(朝日出版社)

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

プロフィール


鈴木ポガ子

すずき・ぽがこ/アスキー・メディアワークス第1回デジタルMANGA新人賞デジタルコミックエッセイ部門で部門賞を受賞し、2013年より漫画家・イラストレーターとして活動。50回に及ぶリンククロスでの長期連載「がんのことみんな知ってる?」のほか、ぬか漬けマンガ『ぬかロイド花子』が電子書籍として発売中。最新情報は@pogako

+ 鈴木ポガ子の記事一覧

漫画/鈴木ポガ子 編集・文/井上峻 監修/中川恵一

この記事を読んだ
あなたにおすすめ!

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン