第13話 がんの治療法は自分で選ぶ。


よく耳にする「がん」という病気のこと、あなたはどれくらい知っていますか? 備えあれば憂いなし、まずはがんについて知るところから始めましょう。健康のことが気になるりんちゃん家族と共に、楽しく解説します! 今回はがんの治療法と選択肢について。メディアの影響か、昔からのなごりか、がん=手術という印象が強いですが、実はそうではないんです。後悔しないためにも、治療法と選択肢を知っておきましょう!

「がん=手術」の時代は終わった。

がん治療の三本柱である「手術・放射線治療・化学療法」のうち、日本ではなんといっても「手術」が、がん治療の代名詞でした。これには、かつて、がんと言えば「胃がん」だったことが背景にあります。胃は、全摘(臓器を丸ごと摘出)できる数少ない内臓で、ほかのがんに比べて手術向きの臓器なのです。

しかし、第3話でも説明したように、現在、胃がんは減りつつあります。いま増えている欧米型のがんには、放射線治療や化学療法(抗がん剤)、あるいはそれらの組み合わせ(化学放射線治療)も有効なのです。

世界では、がんの半分は放射線治療を受けるのが常識です。しかし、日本では3割以下にとどまります。「がんと言えば胃がん(=手術)」だった時代のなごりで、外科で治療するイメージが強く、内科の放射線治療医や腫瘍内科医(抗がん剤のスペシャリスト)が少ないというのもあります。

手術と放射線治療で同じ治癒率が見込まれる場合でも、日本では手術が選択されることが多いようです。たとえば子宮頸がんでは、欧米では8割方が放射線治療を選びますが、日本では逆に8割近くが手術です。

なぜ日本では放射線治療が少ないのか、それは第一に、日本人が治療法の選択肢を知らないからと言えます。がん治療で後悔しないため、多くの方に、別の選択肢もあることを知ってほしいと思います。
——参考文献『がんのひみつ 最新版』中川恵一著(朝日出版社)

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

プロフィール


鈴木ポガ子

すずき・ぽがこ/アスキー・メディアワークス第1回デジタルMANGA新人賞デジタルコミックエッセイ部門で部門賞を受賞し、2013年より漫画家・イラストレーターとして活動。50回に及ぶリンククロスでの長期連載「がんのことみんな知ってる?」のほか、ぬか漬けマンガ『ぬかロイド花子』が電子書籍として発売中。最新情報は@pogako

+ 鈴木ポガ子の記事一覧

漫画/鈴木ポガ子 編集・文/井上峻

FOLLOW US

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン

RELATED ARTICLE関連記事

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status