自分を高ぶらせ、レッツ改善。
正月休みボケを解消しよう!

〈正月太り〉の記事を読んで「ヤバい、ダイエットしなきゃ」と思ったあなた、偉い! でも、その身も心にも、ある魔物がとりついていませんか? “正月休みボケ”という、ぐうたらな魔物が。やる気が出ない、集中力が続かない、なんだか身体がダルい……。このままじゃ、せっかく高まったモチベーションも維持できない。ということで、正月休みボケ対策しましょう。これさえ読めば、正月休みボケがすっきり解消されて、きっとやる気が出ます!

まずは睡眠を改善だ!

『「朝がつらい」がなくなる本 「ぐっすり眠る」「すっきり起きる」習慣術』
著者:梶村尚史
発行:三笠書房

正月休みボケでまず問題になるのが、不規則になった生活。休日の間、夜更かしが続き、仕事がはじまっても眠い・ダルい・やる気が出ない、という人、手をあげてください(うんうん、たくさんいますね)。結局これって、きちんとした睡眠ができてないからということが大半だったりします。ならば、睡眠医学を専門とする先生が執筆した、寝つきがよくなる方法と快適に目覚めるテクニックが載った、こちらの本を読んでみてはいかが。「不眠度」「睡眠タイプ」などの項目をチェックする、睡眠についての判定シートもついてきます。「早起きするのがいいのは分かるけど……」という天の邪鬼さんも納得の、論理的・医学的な解説も。布団でぬくぬくゴロゴロしてる場合じゃありません!

瞑想で頭もすっきり!

『始めよう。瞑想 15分でできるココロとアタマのストレッチ』
著者:宝彩有菜
発行:光文社

睡眠の次は、集中力の改善について。休み明けに大切な会議や行事があるのに、なかなか身が入らない、なんてことないですか。そこで始めてみたいのが「瞑想」。昨今、話題のマインドフルネスが、流行る前(2007年発行)から瞑想の大切さを紹介してきた本書。イライラ気分も、集中力の低下も、15分の瞑想で解消できるというのです。瞑想の型や行う際のコツ、瞑想時に出てくる感情や情報の対策法などを解説してくれています。「瞑想は宗教ではなく心の科学」とのことで、瞑想が上達すると、レム睡眠中の脳と同じ働きをすることが医学的にも解明されているんだとか。どうしても眠気が取れない人は、瞑想で睡眠効果を得てみましょう!

ダメな人は諦めましょう

『諦める力 勝てないのは努力が足りないからじゃない』
著者:為末大
発行:プレジデント社

睡眠改善も集中力改善も、頑張りたいけど頑張れない。正月休みボケが深刻なあなたは、もういっそのこと諦めてみてはどうでしょうか? ということで、為末大さんによる『諦める力』。ただしこの書籍に書かれている内容は、ネガティブな意味の「諦める」ではなく、前向きな意味の「諦める」。例えば、為末さんは18歳で花形種目の100メートルから400メートルハードルに転向したのですが、それは自分の才能をきちんと見つめ限界を受け止めた上で「諦め」、次へと「切り替えた」。つまり、無理して正月休みボケを克服するのではなく、あえて諦め、逆に頭を切り替え考えてみる、なんてのは無理矢理すぎ? でも、これをきっかけにたくさん読書したら、きっと糧になるはずです!

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

漫画/鈴木ポガ子 編集・文/井上峻

この記事を読んだ
あなたにおすすめ!

フォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン

いつもの道が楽しくなるお散歩アプリ

いつもの道が楽しくなるお散歩アプリ

アプリダウンロードはこちらから

+ もっと見る+ もっと見る

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status