第6話 日本人はお酒にも注意して。


よく耳にする「がん」という病気のこと、あなたはどれくらい知っていますか? 備えあれば憂いなし、まずはがんについて知るところから始めましょう。健康のことが気になるりんちゃん家族と共に、楽しく解説します! タバコに引き続き、今回も大人の嗜好品とがんについてのお話。実はアルコールが身体に良くないのは東洋人特有の悩みなんだとか。どれくらいの飲酒量なら許容範囲か、などを解説していきます。

顔が赤くなる人は要注意。

お酒のアルコールは、肝臓で「アセトアルデヒド」に分解されます。このアセトアルデヒドは、DNAを傷つける発がん性物質です。アセトアルデヒドは、さらに酵素(アセトアルデヒド脱水素酵素)によって分解され、無害な酢酸(さくさん)になります。

ところが問題は、東洋人の4割はこの酵素を作る遺伝子に欠陥があり、アセトアルデヒドを十分に分解できないのです。この変異型は白人や黒人には見られず、東洋人だけの特徴です。お酒を飲むと顔が赤くなるのはアセトアルデヒドのせいですから、このタイプの人は要注意。また二日酔いもアセトアルデヒドを分解しきれてない証拠です。

白人にはお酒で顔が赤くなる人はまずいませんから、西洋ではお酒による発がんはあまり問題になりません。しかし東洋人は別です。日本人にとってお酒は、タバコ、ウイルスに次ぐ、3番目のリスク要因なのです。男性の場合、1日に2~3合飲む人で1.4倍、3合以上飲む人では1.6倍高くなります。さらに喫煙が重なると危険性は急激に高まります。のどのがんや肝臓がんだけでなく、すべてのがんで、死亡率が高まるのです。

毎日飲むなら1合まで(ビールなら大瓶1本、ワインならボトル3分の1)。それ以上飲むなら休肝日が必要です。なお、女性は一般的に男性に比べて身体が小さく、また女性ホルモンの影響もあり、アルコールの影響を受けやすいためより注意が必要です。
——参考文献『がんのひみつ 最新版』中川恵一著(朝日出版社)

  • なるほど 0

  • おもしろい 0

  • やってみたい 0

この記事が気に入ったらシェア!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

プロフィール


鈴木ポガ子

すずき・ぽがこ/アスキー・メディアワークス第1回デジタルMANGA新人賞デジタルコミックエッセイ部門で部門賞を受賞し、2013年より漫画家・イラストレーターとして活動。50回に及ぶリンククロスでの長期連載「がんのことみんな知ってる?」のほか、ぬか漬けマンガ『ぬかロイド花子』が電子書籍として発売中。最新情報は@pogako

+ 鈴木ポガ子の記事一覧

漫画/鈴木ポガ子 編集・文/井上峻 監修/中川恵一

FOLLOW US

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • メールマガジン

RELATED ARTICLE関連記事