リンククロス×ターザン For Body

継続は力なり!
保て、モチベーション!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る
Linkx (リンククロス)×ターザン

雑誌『ターザン』といえば、常に第一線でカラダを動かすことを提唱し続けてきたメディアです。健康をテーマに情報を配信するリンククロスにとっては、見習うべき“大先輩”。そんな『ターザン』とまさかのコラボレーションが実現しました。Webとメールマガジンで展開する、「今日トレ」(1日1トレを提案するコンテンツ)の一部を、リンククロスでも掲載します(しかもここでしか読めない拡張版付き)。ボディメイク術・ラストは、モチベーションの保ち方。どんなにボディメイク術を学んでも、実践し続けなくては理想の体にはなれない! ジュニア先生ならではのモチベーション維持方法を参考にしつつ、自分流の維持方法を見つけてみましょう!

スペシャルコラボ!

ターザン

1986年に創刊。「快適なライフスタイルの追求」をコンセプトに掲げる、アクティブ・ライフスタイル・マガジン。スポーツ、フィットネス、ヘルス、ウェルネス、クルマ、アウトドア、などの情報を、独自の視点で展開する。楽しくカラダを動かし、快適な生活を目指す、知的な行動派にファンが多い。今回コラボした『ターザン』発のWebマガジン&メール配信サービス「今日トレ」は、2016年7月よりスタート。最新記事や配信登録はこちらから!
http://kyotore.jp

三日坊主にサヨナラ!
モチベーションの保ち方。

食事コントロールに有酸素運動、そして筋トレ。今のままではヤバいと思っていても、すべてをストイックに実践し、継続していく自信がない。そんなとき、モチベーションの保ち方を知っているか否かがボディメイクの明暗を分けることも。

ジュニア・オリヴェイラさんが自ら実践しているモチベーション維持法は、以下の通り。「メルマガで自分のトレーニング内容や食べたものを配信しています。そういう記録をつけることもモチベーションの維持のひとつ。毎日ではなくとも、要所要所で写メをとってカラダの状態を確認することもしています。もっとも僕の場合は体脂肪率が7%以下にならないと写メは撮りません。だから今はお休み中(笑)」。

また、食事に関してはストイックに我慢してばかり、というのもよろしくないという。「週に1度、日曜日のランチをチートデイ(ダイエット中に好きなものを食べてもいい日)にしていて、そのときだけは脂質やカロリーを気にせず、ピザやハンバーガー、フライドポテトなど何でも食べます。そして次の食事からはまた調整をスタートする。そういうメリハリをつけることも、長続きさせるコツだと思います」

写メでモチベーション

トレーニングや食事の内容を記録し、自分のボディを要所要所に写メで撮る。こうしたレコーディングがモチベーションに。

大会出場は究極のモチベーション維持。

「ベストボディ・ジャパン2015」のチャンピオンであるジュニア・オリヴェイラさん。モデルにしてパーソナルトレーナーという職業柄、日本一というタイトルをどうしてもプロフィールに加えたかったというのが、そもそもの参加理由。

現在では、直接ビジネスに繋がらない一般人もこうしたコンテストに参加する機会が多くなっているという。考えてみれば、これほどの究極のモチベーションは他にないかもしれない。「確かにその通りです。大会に出場するとき、僕がまずやったのは、自分に骨格の近い人をインスタグラムなどで探すことでした。そういう人たちをピックアップして目標にしたんです」。

ジュニアさん曰く、やみくもに憧れの人を目標にするのはNG。「誰もがヒュー・ジャックマンみたいなカラダになりたいと思っても、それは無理。彼は身長が190cmもありますから。身長はもちろん、手足の長さとか腹筋の形とか、自分とフレームが近い人を探して目標にします。その人がどういうトレーニングをして何を食べているのかを参考にするんです」。

最高峰までいけば、こんなカラダになれるかも。その可能性を現実に引き寄せることが何より重要ということ。

コンテストでモチベーション

コンテストへの出場は究極のモチベーション。ベストボディ・ジャパン2015日本大会で優勝したときのジュニアさん。

プロフィール

ジュニア・オリヴェイラ

じゅにあ・おりう゛ぇいら/ブラジル出身。モデルとして活躍する傍ら、食事指導を含めたボディメイク、ダイエットなどのパーソナル指導を行う。ベストボディ・ジャパン2015日本大会ミドルクラスグランプリを獲得。現在はベストボディのひとつ上の階級のメンズフィジークという競技に標準を合わせてボディメイク中。

取材・文/石飛カノ 撮影/千葉論 編集/ターザン編集部

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

RELATED ARTICLE関連記事