料理家・市瀬悦子の風邪ごはん

「パクチー餃子」で
手軽に体内デトックス!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

体調が万全でないとき、体の中から優しく元気に導いてくれるのが食事です。食欲がないときでもさくっと食べられるのはもちろん、簡単に作れておいしいメニューを料理家の市瀬悦子先生に教えてもらいました。体調に合わせて、「風邪を引いたときに食べる」「風邪予防で食べる」「体を整えるために食べる」「元気を出したいとき食べる」の4つのテーマで料理をご紹介! 第4回目のテーマは、「元気を出したいとき食べるごはん」。食べ応えのあるメニューで、お腹も活力も満たしましょう。

元気を出したいとき食べる
サポート食材「パクチー」

スーパーでも気軽に買えるようになってきたパクチーは、“コリアンダー”とも言い、香辛料のスパイスとしても重宝されています。添えるだけでもアクセントになる独特の香りに注目がいきがちですが、実はとっても栄養価の高い食材でもあります。疲労回復や免疫力アップ、美肌効果もある“ビタミン”や、骨を丈夫にする“マグネシウム”や“カルシウム”などを含むほか、体内に溜まった毒素を排出してくれる働きも期待できます。

材料(2人分)

餃子の皮…1袋(24枚)
パクチー…1パック(30g)
玉ねぎ…1/4個(50g)
豚ひき肉…250g

A
しょうがのみじん切り…2かけ分
酒、オイスターソース、片栗粉…各大さじ1/2
塩…小さじ1/4

片栗粉…適量
サラダ油、ごま油…各大さじ1
水…1/3カップ
パクチー、レモン、スイートチリソース…各適量

作り方

1
パクチーは1㎝幅に刻み、玉ねぎは粗みじん切りにする。
2
ボウルに1、ひき肉、Aを入れ、粘りが出るまでよく練り混ぜる。肉だねを24等分にして餃子の皮に均等にのせ、皮のフチに水少々(分量外)をつけて半分に折り、手前の皮にひだを寄せながら包む。バットに片栗粉を薄くふり、餃子を並べていく。
3
フライパンにサラダ油を中火で熱し、2の片栗粉を軽く落としながら並べ入れる。焼き色がつくまで2分ほど焼き、分量の水を回し入れてふたをし、4分ほど蒸し焼きにする。ふたをはずして余分な水気をとばし、ごま油を回し入れてカリッと仕上げる。器に盛ってざく切りにしたパクチーをのせ、くし形に切ったレモン、スイートチリソースを添える。

市瀬先生の「風邪ごはん」ポイント

デトックス食材のパクチーで
心も体もスッキリ、元気に!
香り豊かなヤミツキ餃子で
お腹もしっかり満たしましょう。

「餃子をよりおいしく仕上げるコツは、“焼き色をつける部分にだけ薄く片栗粉をまぶすこと”と“焼き色を軽くつけてから蒸し焼きにすること”。これを実践することで皮はカリッカリになり、最後にごま油で風味づけをすることで、お店にも負けない味わいを楽しむことができます。さらに肉だねは包む前に線を入れて皮の枚数分に分けておくと、皮か肉だねのどちらかが余ることもなく、ピッタリ均等に包むことができるので、ぜひお試しください。疲れが溜まっているな……と感じたら、デトックス作用のある“パクチー”をたっぷり摂取して、体の中の毒素を排出! 香りのいい餃子をおいしく食べることで、疲れやストレスもスッキリするはずです」

プロフィール

COOKING EXPERT
市瀬悦子

いちせ・えつこ/料理研究家、フードコーディネーター。大学卒業後に食品メーカーで勤務したのち、料理の世界へ。多くの料理研究家のアシスタントを経て独立。「おいしくて、作りやすい家庭料理」をモットーにしたレシピが、簡単で分かりやすいと大好評! 書籍、雑誌、テレビなどで数多くのレシピを提案し、幅広く活躍している。『ラクちんおかず 作りおき200』(主婦と生活社刊)など、著書も多数。
http://www.e-ichise.com/

レシピ考案・料理・監修/市瀬悦子 写真/黒坂明美
文・スタイリング(料理)/中田裕子 編集/井上峻

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

RELATED ARTICLE関連記事

ふたりだから続けられるダイエットアプリ

ひとりでダイエット、挫折したことありませんか?

Linkx reco(リンククロス レコ)は毎日4つの簡単なタスクを行うだけのシンプルなダイエットアプリです。ペアリング機能があるから、お互いの達成状況を確認したり、ふたりだけのトーク機能で励まし合ったり、無理なく楽しくダイエットを続けられます。

アプリダウンロードはこちらから

+ VIEW MORE
無料保険相談サービス

無料保険相談サービス

暮らしや経済的な変化でお困りごとはございませんか?
当社のライフプランナーが、お客さまのライフステージに合わせてアドバイスいたします。どうぞお気軽にご相談ください。