安田美沙子の家族のための健康料理

新しいおいしさに感動!
春菊といちごのフレッシュサラダ。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

女優やタレントとして活躍され、春には第一子を出産予定の安田美沙子さん。旦那さん、そして産まれてくるお子さん、愛する家族のために、日ごろから健康的なメニューを心掛けているそう。そんな美沙子さんが食育インストラクターの資格を生かして提案するヘルシーメニューは「手軽に作れておいしい!」と、連載でも大好評! 今回お届けする18回目のテーマは「春菊」。独特の苦みを生かしたサラダは、今までの春菊のイメージをがらりと変え、料理の幅を広げてくれるはず! ぜひお試しください。

材料(2~3人分)

春菊…1束
いちご…12個
カッテージチーズ…80g
塩…小さじ1/2
黒こしょう…少々
オリーブ油…大さじ2
バルサミコ酢…大さじ1

作り方

1
春菊は根元を切り落とし、4~5㎝長さに切る。いちごはへたを取り、4つ割りにする。
2
ボウルに春菊、塩小さじ1/2を入れて混ぜる。いちごを加え、黒こしょうをふってさっと混ぜ、カッテージチーズを加えてさっくり混ぜる。
3
器に2を盛り、オリーブ油、バルサミコ酢をかける。

苦み・甘み・酸味が交わる、
食べればヤミツキの大人サラダ。

今までは鍋やおひたしなど、春菊を加熱調理して食べることが多かった美沙子さん。でも最近のイチオシは生のまま食べることだそう。「春菊は塩をふって水分を適度に抜くことで、生のままでも美味しく食べられます。独特の苦みやえぐみが生の状態だと控えめに感じるので、ほんのり甘酸っぱいバルサミコ酢やいちごはもちろん、さわやかな風味が特徴のカッテージチーズともよく合うんです」。春菊には、胃腸の働きを促進して消化吸収を助けるほか、免疫力を高めて風邪を予防する、肌荒れを改善するなどの効果があるそう。「春菊は、ツナやローストビーフなどと合わせてもおいしいですし、マスタードやマヨネーズ、練りごまのドレッシングなどともよく合います」。生のまま食べるからこそ実感できる、春菊の新しい魅力をぜひ堪能してみてください。

プロフィール

TALENT
安田美沙子

やすだ・みさこ/1982年生まれ。京都府出身。タレント、女優としてテレビやCMで活躍中。2014年に結婚し、2017年5月に第一子を出産。料理を作るのも食べるのも大好きで、家族のために愛情たっぷりのごはんを日々作っている。料理やファッション、愛犬などの写真などを載せたブログ(https://ameblo.jp/misanna/)も大人気。『「またあれ作って」と言われる幸せごはんレシピ』(講談社刊)も好評発売中。

レシピ考案・料理/安田美沙子 写真/黒坂明美 ヘアメイク/佐々木シエラ
文・スタイリング(料理)/中田裕子 編集/井上峻、戸塚真琴

人気企画の更新や最新情報をお届けします! メールマガジン登録人気企画の更新や最新情報をお届けします! メールマガジン登録

RELATED ARTICLE関連記事

Linkx (リンククロス)とは

臓器移植医療給付金付先進医療保険

月々500円で手に入れる、未来の安心

健康だから、医療保険なんて必要ないと思っていませんか?高度な先進医療の技術料は、公的医療保険の対象外。万が一の時には、経済的な負担がかかります。
「Linkx coins(リンククロス コインズ)」は、年齢・性別にかかわらず月々500円で、先進医療と臓器移植を保障する保険です。月々500円の安心、はじめてみましょう。

+ VIEW MORE

HL-P-B1-16-01131(2017.01.13-2017.10.31)

無料保険相談サービス

無料保険相談サービス

暮らしや経済的な変化でお困りごとはございませんか?
当社のライフプランナーが、お客さまのライフステージに合わせてアドバイスいたします。どうぞお気軽にご相談ください。