安田美沙子の家族のための健康料理

濃厚バナナとチアシードの食感が絶妙!
簡単チアシード入りバナナケーキ。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

女優やタレントとして活躍され、春には第一子を出産予定の安田美沙子さん。旦那さん、そして産まれてくるお子さん、愛する家族のために、日ごろから健康的なメニューを心掛けているそう。そんな美沙子さんが食育インストラクターの資格を生かして提案するヘルシーメニューは「手軽に作れておいしい!」と、連載でも大好評! 今回お届けする15回目のテーマは「チアシード」。実は食べずに残ってしまっている……という人にこそ作ってほしい、チアシードがたっぷり入ったバナナケーキをご紹介します。

材料(24×8×8㎝のパウンド型1台分)

バター(食塩不使用)…120g
きび砂糖…120g
卵…3個
バニラエッセンス…2~3滴
バナナ…2本
チアシード…大さじ1

A
薄力粉…150g
ベーキングパウダー…小さじ1

作り方

下準備
・オーブンは180度に予熱する。
・バター、卵は常温にもどす。
・型の内側にバター少々(分量外)をぬり、薄力粉少々(分量外)をふって余分な粉をはたき落とす。

1
ボウルにバター、きび砂糖を入れ、ゴムべらで混ぜる。ハンドミキサーに持ち替え、白っぽくなるまでよく混ぜる。
2
卵を溶きほぐして1に4~5回に分けて加え、そのつどハンドミキサーでよく混ぜ、バニラエッセンスを加えて混ぜ合わせる。
3
ざるにAを入れて2にふるい入れ、ゴムべらで切るようにさっくり混ぜる。
4
バナナは1㎝幅の輪切りにし、フォークの背で軽くつぶして3に加える。チアシードも加え、混ぜ合わせる。
5
準備した型に4を流し入れ、台に4~5回打ちつけて生地内の余分な空気を抜く。表面をゴムべらでならし、180度に温めたオーブンで60分焼く。竹串を刺してみて、何もついていなければ取り出し、そのまま冷ます。

ボウルでぐるぐる混ぜて焼くだけ!
すぐ作れる、失敗しらずのケーキ。

「バナナケーキは私にとっては母の味。学校から帰ってきてバナナの香りが家中に広がっていると、なんとも幸せな気持ちになっていたのを思い出します。母のレシピをベースに、私なりのアレンジを加えていたものに、今回は“チアシード”をプラス! おやつで気軽に栄養を摂れる一品にしました。食べ応えもあるので、朝食としても重宝します。栄養価の高いチアシードは、ミネラル、ビタミン、食物繊維、オメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)などを豊富に含むスーパーフード。不足しがちな栄養素をケーキで摂れるなんて、うれしい限りですよね」。チアシードのプチプチとした食感が食欲をそそり、ヤミツキになる美味しさ! チアシードの調理バリエーションに悩んだときにも、ぜひお試しください。

プロフィール

TALENT
安田美沙子

やすだ・みさこ/1982年生まれ。京都府出身。タレント、女優としてテレビやCMで活躍中。2014年に結婚し、2017年5月に第一子を出産。料理を作るのも食べるのも大好きで、家族のために愛情たっぷりのごはんを日々作っている。料理やファッション、愛犬などの写真などを載せたブログ(https://ameblo.jp/misanna/)も大人気。『「またあれ作って」と言われる幸せごはんレシピ』(講談社刊)も好評発売中。

レシピ考案・料理/安田美沙子 写真/黒坂明美 ヘアメイク/佐々木シエラ
文・スタイリング(料理)/中田裕子 編集/井上峻、戸塚真琴

人気企画の更新や最新情報をお届けします! メールマガジン登録人気企画の更新や最新情報をお届けします! メールマガジン登録

RELATED ARTICLE関連記事

Linkx (リンククロス)とは