安田美沙子のおいしいクリスマス

ひと口食べたら虜になる!
濃厚グラタン、ポテト・ダフィノア。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

人気連載「安田美沙子の愛夫のための健康料理」も絶好調で、食育インストラクターの資格も持つ安田美沙子さんが、リンククロスのためにクリスマスパーティを開いてくれました! もちろん今回も、手軽でおいしく、健康的な料理を多数ご用意しています~。そんなクリスマスメニューの2回目は、「ポテト・ダフィノア」。少ない食材であっという間に作ったとは思えないリッチな味わいは、ヤミツキになること間違いなしです。子どもにも大人にも喜ばれるおいしさを、クリスマスにぜひ!

クリスマスメニュー

1
もち麦・たこ・セロリの梅酢サラダ
2
ポテト・ダフィノア
3
手羽元の塩麹焼き
4
ベリーパイ

材料(4人分)

じゃがいも…5個(約450g)
アンチョビ(フィレ)…8枚
生クリーム…200ml
塩、粗びき黒こしょう…各少々

作り方

1
じゃがいもは皮をむき、スライサーで薄切りにする。アンチョビは刻む。
2
耐熱皿にじゃがいもの1/3量を広げ、アンチョビの1/2量を散らす。同じ作業をもう一度くり返し、一番上に残りのじゃがいもを広げて生クリームを全体にかけ、塩、黒こしょうをふる。
3
200度に温めたオーブンに2を入れ、表面に焼き色がつくまで20~25分焼く。

アンチョビを生クリームでまろやかに!
お腹を満たす、幸せなおいしさ。

みんな大好きな“じゃがいも”が主役のメニューが登場! 生クリームと合わせて、クリスマスにもピッタリな極上のグラタンに仕上げます。「食べる機会も多く、身近な食材のじゃがいも。実はビタミンCやビタミンB1、カリウムを含んだ栄養食材で、うれしいことにカロリーがごはんの約半分なんです。調理をするときは、じゃがいものでんぷん質を生かしたいので、水にさらさないようにすることがポイント! スライサーがなければ、包丁で薄い輪切りにすればOKです。じゃがいもを薄く切ることで、アンチョビ、生クリームと層になり、贅沢なおいしさに仕上がります」。また、おもてなしメニューは見栄えの良さも大事ですが、友人や家族を待たせないように、手軽にパパッと作れることも必要。「せっかくのクリスマス会、料理ばかり作っていて席にあんまり座れなかった……だと、盛り上がりも半減してしまいますよね? ポテト・ダフィノアは、焼く前の状態まで準備しておけば、あとはオーブンに入れて焼くだけ。みんなとの会話を楽しみながら、熱々の料理も食べてもらえるので、パーティメニューにも最適なんです」。今年のクリスマスは、いつもとはひと味違うじゃがいも料理で、もてなしてみてはいかがですか?

プロフィール

TALENT
安田美沙子

やすだ・みさこ/1982年生まれ。京都府出身。タレント、女優としてテレビやCMで活躍中。2014年に結婚。料理を作るのも食べるのも大好きで、旦那さんのために愛情たっぷりのごはんを日々作っている。料理やファッション、愛犬などの写真などを載せたオフィシャルブログMICHAEL(ミチャエル)(http://ameblo.jp/misanna/)も大人気。近著は『「またあれ作って」と言われる幸せごはんレシピ』(講談社刊)。

次回へ続きます!

レシピ考案・料理/安田美沙子 写真/黒坂明美 ヘアメイク/佐々木シエラ
文・スタイリング(料理)/中田裕子 編集/井上峻、戸塚真琴

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

RELATED ARTICLE関連記事