健康社長が部下と行く店!

ネットイヤーグループ社長・異性編 
上質イタリアンで仕事トークに熱中!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

バリバリと働く一方で、ヘルシーな習慣を取り入れて自己管理も徹底。そんなイマドキの健康社長の“社内交流”に迫る本企画。今回のゲストは、デジタル全般のマーケディング・コンサルティングを行っている、ネットイヤーグループ株式会社の社長・石黒不二代さん。後編は、よく社外での仕事終わりに男性の部下と訪れるという飲食店を紹介してもらいました。お店の雰囲気やお気に入りのメニューだけでなく、健康的な「働き方」にも注目です!

本場イタリアの空気が漂う繊細な料理が魅力。

厳選食材を使ったパスタやメインディッシュを、料理に合ったワインと共に堪能できる隠れ家的イタリアン。白を基調とした、居心地の良い落ち着いた空間も人気。

Ristrante la Brianza
住所:東京都港区麻布十番2-17-8 パークIビル1F
電話:03-5440-8885
URL:http://www.la-brianza.com/ristrante

洗練された空間なら会話の生産性がアップ!

オーナーシェフの奥野義幸さんと親交があることから、自然と『Ristrante la Brianza』に通うようになったという石黒さん。「社外での打ち合わせやプレゼンの帰りに訪れることが多いですね。密談ができる個室も、軽くランチを済ませられるカウンター席もあって、料理の味はもちろん“使い勝手”も抜群なんです」。部下と食事をともにして、自分と違う目線の意見を聞くことは、石黒さんにとって貴重な時間だ。「やはり男性の社員とは仕事の話が多くなるので、本音で話してもらうために会社や私に関するダメ出しも受け付けます。でも、ひたすらグチを聞くのは避けたいところ(笑)。そういう意味でも、くだけすぎないムードで上質な料理を堪能できる同店は、生産性のある会話をするにはぴったりなんです」

自分へのご褒美に本格的な一皿を!

同店における石黒さんのオススメメニューは「季節のトリュフのオーブン焼き」だ。「目の前でトリュフを削って仕上げてくれる贅沢な一品。中には卵が入っていて、まったりとした食感や濃厚な香りが癖になるんです。『またこれを食べるために仕事を頑張る!』という気分にさせてくれますよ」。サラダ代わりに注文したのは、彩り豊かな「有機野菜のバーニャカウダ」。そして、数あるパスタメニューの中で、石黒さんが選んだのが「アマトリーチェ風トマトとパンチェッタのスパゲティ」だ。「トマトの酸味と豚バラの塩漬けの相性が抜群です。こうしたイタリアの地方料理を日本人に合う繊細な味付けで表現できるシェフの腕前には脱帽ですね」。おいしい食事で盛り上がったら、ついつい時間を忘れてしまいそうになるものの、部下と一緒のときは早めに解散することが石黒さんのこだわりだ。「部下からは『もっと飲みニケーションしてください』と言われるのですが(笑)。なるべく普段から早めに仕事を終えて帰るようにしていますし、健全な社風を作るためにも、私自身が仕事と家庭を両立する働き方を示すことが大事だと思っています」

プロフィール

石黒不二代

いしぐろ・ふじよ/愛知県生まれ。名古屋大学経済学部卒業。リクルートのアルバイトを経て、ブラザー工業入社。29歳で結婚、32歳で出産。当時2歳の長男を連れて、渡米。スタンフォード大学大学院にてMBA留学取得後、シリコンバレーにてハイテク系コンサルティング会社を設立。99年ネットイヤーグループ参画。2000年より同社の代表取締役就任。

写真/黒坂明美 文/浅原聡 編集/井上峻

人気企画の更新や最新情報をお届けします! メールマガジン登録人気企画の更新や最新情報をお届けします! メールマガジン登録

RELATED ARTICLE関連記事

Linkx (リンククロス)とは