安田美沙子の愛夫のための健康料理

旬の魚は栄養も満点!
塩焼きさんまと薬味たっぷりごはん。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

女優やタレントとして活躍されている安田美沙子さんは、自ら料理本も出されるほど、料理上手としても知られています。愛する旦那さんのために食育インストラクターの資格も取得した美沙子さんが、栄養豊富な“旬”の食材を主役に、手軽でおいしい、そして健康的な料理を提案! 1回目のテーマは秋の味覚を代表する「さんま」。脂がのった絶品のうまみを、ぜひ堪能してください。

材料(2~4人分)

米…2合
さんま…2尾
塩…適量
太白ごま油…大さじ1

A
水…360ml
しょうゆ…大さじ2
酒…大さじ1

昆布(15×5㎝のもの)…1枚
しょうがのせん切り…1かけ分

B
すだちのしぼり汁…1個分
大葉のせん切り…1束(約10枚)分
みょうがの薄切り…3個分
万能ねぎの小口切り…1/3~1/2束分

すだちの皮のすりおろし…少々

作り方

1
米をといでざるに上げ、30分ほどおく。
2
さんまはわたを除いて水で洗い、水気をペーパータオルでふく。半分に切って両面に塩をふり、5分ほどおく。フライパンに太白ごま油を中火で熱してさんまを並べ入れ、焼き色がつくまで5分ほど焼いて裏返し、さらにこんがりと焼き色がつくまで3~4分焼いて取り出す。
3
鍋に米、Aを表記順に入れて軽く混ぜ、昆布、しょうが、2をのせてふたをし、中火で熱する。煮立ってきたら弱火にして15分炊き、火を止めてそのまま10分蒸らす。食べるときに、さんまの頭と骨を除いて身をほぐし、Bも加えて底からさっくりと混ぜ合わせる。器に盛り、すだちの皮を散らす。
※炊飯器でも上記分量で同様に作れます。

栄養とうまみが詰まったメニューで
夏の疲れもすっきり解消!

さんまは9~11月が一番おいしい時季。良質なたんぱく源であり、血液をサラサラにする「EPA」や脳細胞を活性化する「DHA」などをおいしく摂取できる、優れた食材として知られています。そのままシンプルに塩焼きにするだけでも充分美味ですが、美沙子さんのおすすめは炊き込みごはん。「旦那さんは、実は魚が苦手。でも、しょうがや大葉、ねぎなどの薬味を入れた炊き込みごはんにすれば食べられるので、わが家ではよく登場します。おいしく作るポイントは、さんまを塩焼きにして、たっぷりのしょうがと一緒に炊くこと。魚の臭みが抑えられ、うまみが引き立ちます。さらに、仕上げにも数種類の薬味を加えることで、風味を増すだけでなく胃腸の働きが促進されるほか、食欲増進にもつながりますよ!」。しぼり汁と皮を加えたすだちの酸味で、魚の脂もさっぱり。この一皿があれば、食卓から秋を実感できます。

プロフィール

TALENT
安田美沙子

やすだ・みさこ/1982年生まれ。京都府出身。タレント、女優としてテレビやCMで活躍中。2014年に結婚し、2017年5月に第一子を出産。料理を作るのも食べるのも大好きで、家族のために愛情たっぷりのごはんを日々作っている。料理やファッション、愛犬などの写真などを載せたブログ(https://ameblo.jp/misanna/)も大人気。『「またあれ作って」と言われる幸せごはんレシピ』(講談社刊)も好評発売中。

レシピ考案・料理/安田美沙子 写真/黒坂明美 ヘアメイク/佐々木シエラ
文・スタイリング(料理)/中田裕子 編集/井上峻、戸塚真琴

人気企画の更新や最新情報をお届けします! メールマガジン登録人気企画の更新や最新情報をお届けします! メールマガジン登録

RELATED ARTICLE関連記事

Linkx (リンククロス)とは