意思を伝えることの大切さ

グリーンリボンランニングフェスに
参加し、家族と話し合った日。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

10月9日、グリーンリボンランニングフェスティバルが、駒沢オリンピック公園内にある陸上競技場およびジョギングコースにて行われました。グリーンリボンは移植医療普及のシンボルマーク。特に大切になるのが、臓器移植の意思表示です。以前その大切さを同志社大学准教授の瓜生原先生に伺いましたが、より意思表示について話して欲しいという想いから、今回はひとりの女性を主役に、イベントに参加し家族と話すまでを追いかけてみることにしました。

移植医療普及のシンボルでもある「グリーンリボン」を冠につけたランニングイベント。臓器移植を受けた方をはじめ、障がい者の方や一般ランナーの方が共に参加し、走る喜びを分かち合いました。競技前には、ドナー(臓器提供者)への感謝の気持ちを込めて風船を飛ばすセレモニーも。「10km」「親子ペアラン(約2.5km)」「42.195kmリレー」「ハーフマラソン」の4種目があり、リオデジャネイロオリンピック・卓球男子団体銀メダリストの吉村真晴選手、元宝塚歌劇団の成瀬こうきさん、アテネパラリンピックマラソン(視覚障害)金メダリストの高橋勇市選手がゲストランナーとして参加しました。

プロフィール

リード真珠

りーど・しんじゅ/奈良県出身。アメリカ人の父と日本人の母を持つハーフモデル。6歳から10年間ダンスを習い、中高時代はバトントワリング部に所属し、最近ではフィットネスやヨガのトレーナーとしても活動するアクティブガール。フルマラソンは30歳までに挑戦するのが目標。https://www.instagram.com/shinjyu_reid/

ランニングに参加してみた

1
まずは公園でストレッチ。
2
陸上競技場内に到着。
3
スタートまでベンチでも柔軟。
4
ピストルが鳴ったら走り出します。
5
競技場内を抜けると……。
6
緑豊かな駒沢公園内を疾走。
7
黄色枠内がランナー用。
8
給水してエネルギーチャージ。
9
いよいよゴール見えてきた……。
10
無事完走、お疲れ様でした!

完走後、臓器提供の
意思表示について母と話す。

お仕事の都合で、奈良から東京に来ていた真珠さんのお母さま。せっかくなので会場にお呼びし、今回のテーマである「臓器移植の意思表示」について話し合って頂きました。実は、お母さまが交通事故にあったりお父さまが心筋梗塞や肝硬変になったりと、意外と病院と縁が多い真珠さん家族。だから意思表示の話もしたことがあったみたいで……。

:真珠が10歳ぐらいの頃に、私が臓器提供していいかどうか聞いたことあったよね? おぼえてる? イヤがってたよね、あの時は。

真珠:すごい唐突に話されたから、お母さんがいなくなっちゃうんだと思ったんだよね。突然の話で子どもながらに困惑した……。でもお父さんが倒れたりして考えは変わったかな。今なら、もし明日何かあっても、その意思を尊重できると思う。

:昔、交通事故にあった時に輸血のおかげで助けられたから、誰かを助けてあげたい気持ちが強く私の中にあって。それはお父さんも同じ。健康な臓器を使って、別の家族が助かるのは幸せなことだからね。

真珠:中高時代に観た『僕の初恋をキミに捧ぐ』という映画あるんだけど、主人公が心臓病で20歳までしか生きられなくて。たまたま同級生が脳死になって、お母さんが一度は心臓移植を承諾するんだけど、その脳死になった同級生が脳死なのに涙を流したんだよね。それでお母さんが移植を取りやめるって場面は、今思うと考えさせられるな……。

:たしかにそれは気持ちが揺らぐかも……。でもだからこそ、ちゃんと話しておくことが大切なんじゃないかな。家族の意思がどれくらい強いのか。

真珠:そうだよね、やっぱり話すことがすごく大事。もしかしたら、いちばん話題にすべきことなのかもしれない。家族にきちんと「なんでそうしようと思ったのか」を話さなきゃ。理由は生きているときしか伝えられないし、亡くなったときも最初は辛くても冷静になったら思い出せる。家族だからこそしておくべきことだと思う。

いかがでしたでしょうか? あなたもぜひ家族と一度話し合ってみてください。家族だからこそ伝えなきゃいけない大切なことがあるはずです。

写真/黒坂明美 編集・文/井上峻

人気企画の更新や最新情報をお届けします! メールマガジン登録人気企画の更新や最新情報をお届けします! メールマガジン登録

RELATED ARTICLE関連記事

Linkx (リンククロス)とは

臓器移植医療給付金付先進医療保険

月々500円で手に入れる、未来の安心

耳にすることがある「先進医療」。なぜ備えたほうがよいといわれているか、知っていますか? 先進医療とは、将来的に保険導入が期待されている厚生労働大臣が承認した医療技術です。先進医療の技術料は、公的医療保険の対象外。万が一の時には、経済的な負担がかかります。
「Linkx coins(リンククロス コインズ)」は、年齢・性別にかかわらず月々500円で、先進医療と臓器移植を保障する保険です。月々500円の安心、はじめてみませんか。

+ VIEW MORE

HL-P-B1-17-00619(2017.08.28-2019.07.31)

無料保険相談サービス

無料保険相談サービス

暮らしや経済的な変化でお困りごとはございませんか?
当社のライフプランナーが、お客さまのライフステージに合わせてアドバイスいたします。どうぞお気軽にご相談ください。