イケメン直伝!“ながら体幹”

着信音で、体幹トレ開始!
通話しながらお腹を引き締める。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

日常の軽作業と同時進行でこなせる“ながら体幹”を提唱する本連載。4回目は、現代人に欠かせないスマホ編。“筋肉王子”ことトレーニングサロン「Mirroris」代表の秋場航さんが、スマホで会話しながらシレッと腹筋を鍛える方法を実演してくれました。友人からの悩み相談にうなずきながら、厳しい口調で部下に指示を出しながら、空いている手足で自分を磨くことも忘れない……。そんな究極の“聞き上手”を目指せるかも!?

ゆっくりやるほど、効果的!
通話しながら体をひねる!

今回紹介する「ニートゥーエルボー」というトレーニングで鍛えられるのは、腹直筋や腹斜筋、腸腰筋。つまり、わき腹を含めたお腹全体を効率良く引き締めることができます。基本的な動作はシンプル。立った状態で頭の後ろで腕を組み、肘と膝をくっつけるように体をひねるだけ。寝転んだ状態で上半身を起こす定番の腹筋運動(シットアップ)よりも負荷が軽いので、女性でも気軽に取り組めるのではないでしょうか。片手にスマホを持っていても支障はありませんが、エアロビのようにリズミカルに行うと姿勢や呼吸が乱れて効果が減少し、通話相手に気づかれて不信感を持たれてしまいます(笑)。体の軸がブレないように、正しいフォームを保ってゆっくりと取り組んでください。

こんな風に「ながらトレ」

1
まずは両足を肩幅程度に開き、背筋を伸ばして立ったら頭の後ろで手を組みます。これがニートゥーエルボーのセットポジションです。手を自然に下ろす方法もあり、負荷は軽くなりますがバランスが取りやすく動作が楽になります。
2
右足を腰の上まで高く上げながら、同時にゆっくりと体をひねって右足の膝に左肘をくっつけます。頭を曲げて膝を迎えに行くのではなく、なるべく膝を高く上げることがポイントです。また、腸腰筋(わき腹)にしっかり負荷をかけるために、足を上げる時にしっかり股関節を曲げる(内側にひねる)ことを意識しましょう。その後、同じスピードでゆっくり元の位置に戻してください。
3
次は、左足を腰の上まで高く上げながら、同時に体をひねって左足のひざに右肘をくっつけます。これがニートゥーエルボーの1動作です。目標は、左右各10回×3セット。バランスよく行うことが重要なので、左右交互に必ず同じ回数行うようにしてください。右と左を変える時に状態をしっかりと伸ばして、反動はつけずに筋肉の力のみで行いましょう。動作中にフラフラしてしまう場合は、軸足の膝を少し曲げるとバランスが取りやすくなりますよ!

プロフィール

秋場航

あきば・わたる/1991年生まれ。山形県出身。2015年、「日本のカッコイイを変える」をスローガンとする株式会社Mirrorisを創業。東京・港区にトレーニングサロンをオープンし、テレビや雑誌などの様々なメディアにて「鏡に見せたいカラダ」を実現するレッスンが話題を呼んでいる。
http://www.mirroris.jp

写真/黒坂明美 編集・文/浅原聡 監修/秋場航

人気企画の更新や最新情報をお届けします! メールマガジン登録人気企画の更新や最新情報をお届けします! メールマガジン登録

RELATED ARTICLE関連記事

Linkx (リンククロス)とは

ふたりだから続けられるダイエットアプリ

ひとりでダイエット、挫折したことありませんか?

Linkx reco(リンククロス レコ)は毎日4つの簡単なタスクを行うだけのシンプルなダイエットアプリです。ペアリング機能があるから、お互いの達成状況を確認したり、ふたりだけのトーク機能で励まし合ったり、無理なく楽しくダイエットを続けられます。

アプリダウンロードはこちらから

+ VIEW MORE
無料保険相談サービス

無料保険相談サービス

暮らしや経済的な変化でお困りごとはございませんか?
当社のライフプランナーが、お客さまのライフステージに合わせてアドバイスいたします。どうぞお気軽にご相談ください。