がんのことみんな知ってる?

第11話 がんは千差万別。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

よく耳にする「がん」という病気のこと、あなたはどれくらい知っていますか? 備えあれば憂いなし、まずはがんについて知るところから始めましょう。健康のことが気になるりんちゃん家族と共に、楽しく解説します! 新年初は、がんには種類だけでなく、それぞれ個性があるよ、という話。一口にがんと言ってもひとつとして同じがんは存在しないということです。つまりどういうこと? 詳しくご説明します!

がんはひとつひとつ違う。
同じがんは存在しない。

「がん」はひとつひとつが違い、一口にがんと言っても千差万別なのです。「がん」という言葉は、がんが、結核や心筋梗塞などと同じ、ひとつの病気であるという誤解を与えます。

しかし、がんはもともとのDNAについた様々なキズ(突然変異)が原因ですので、ひとつとして同じがんは存在しません。しかも、がん細胞はどんどん突然変異を繰り返して性質が変わってしまいます。すべてのがんは、それぞれ違った世界にひとつだけの病気(症状)なのです。

がんができる臓器の種類と、がんのタイプ(病理型)によって、その性質はおおよそ決定します。治癒率や治療法も臓器ごとに大きく変わります。増殖スピードが早いがんもあれば、放っておいても命に差し支えない「おとなしいがん」もあります。甲状腺がんは、何十年も大きくならないことがふつうですが、肺がんや食道がんは、月単位で進行するケースも。「がん」か「がんでないか」だけではなく、どの臓器のがんなのかも大事なのです。
——参考文献『がんのひみつ 最新版』中川恵一著(朝日出版社)

プロフィール

中川恵一

なががわ・けいいち/1960(昭和35)年東京生まれ。東京大学医学部附属病院放射線科准教授。東京大学医学部医学科卒業後、スイス、ポール・シェラー・インスティチュートに客員研究員として留学とした経験をもつ。著書に『がんのひみつ』『がんの練習帳』など、癌にまつわるもの多数。

漫画/鈴木ポガ子 編集・文/井上峻 監修/中川恵一

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

RELATED ARTICLE関連記事

臓器移植医療給付金付先進医療保険

先進医療と臓器移植に特化した保険

公的医療保険が充実している日本でも、自己負担が高額になるリスクがあります。
臓器移植医療給付金付先進医療保険「Linkx coins(リンククロス コインズ)」は、経済的な負担の大きい先進医療と臓器移植の保障に特化した保険です。

+ VIEW MORE

HL-P-B1-16-00531(2016.09.20-2017.10.31)

無料保険相談サービス

当社のプランナーが親身にお応えします!
お客さまを取り巻く環境、家族構成や将来設計等を把握することから始まり、様々な視点からアドバイスします。