がんのことみんな知ってる?

第6話 日本人はお酒にも注意して。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

よく耳にする「がん」という病気のこと、あなたはどれくらい知っていますか? 備えあれば憂いなし、まずはがんについて知るところから始めましょう。健康のことが気になるりんちゃん家族と共に、楽しく解説します! タバコに引き続き、今回も大人の嗜好品とがんについてのお話。実はアルコールが身体に良くないのは東洋人特有の悩みなんだとか。どれくらいの飲酒量なら許容範囲か、などを解説していきます。

顔が赤くなる人は要注意。

お酒のアルコールは、肝臓で「アセトアルデヒド」に分解されます。このアセトアルデヒドは、DNAを傷つける発がん性物質です。アセトアルデヒドは、さらに酵素(アセトアルデヒド脱水素酵素)によって分解され、無害な酢酸(さくさん)になります。

ところが問題は、東洋人の4割はこの酵素を作る遺伝子に欠陥があり、アセトアルデヒドを十分に分解できないのです。この変異型は白人や黒人には見られず、東洋人だけの特徴です。お酒を飲むと顔が赤くなるのはアセトアルデヒドのせいですから、このタイプの人は要注意。また二日酔いもアセトアルデヒドを分解しきれてない証拠です。

白人にはお酒で顔が赤くなる人はまずいませんから、西洋ではお酒による発がんはあまり問題になりません。しかし東洋人は別です。日本人にとってお酒は、タバコ、ウイルスに次ぐ、3番目のリスク要因なのです。男性の場合、1日に2~3合飲む人で1.4倍、3合以上飲む人では1.6倍高くなります。さらに喫煙が重なると危険性は急激に高まります。のどのがんや肝臓がんだけでなく、すべてのがんで、死亡率が高まるのです。

毎日飲むなら1合まで(ビールなら大瓶1本、ワインならボトル3分の1)。それ以上飲むなら休肝日が必要です。なお、女性は一般的に男性に比べて身体が小さく、また女性ホルモンの影響もあり、アルコールの影響を受けやすいためより注意が必要です。
——参考文献『がんのひみつ 最新版』中川恵一著(朝日出版社)

プロフィール

中川恵一

なががわ・けいいち/1960(昭和35)年東京生まれ。東京大学医学部附属病院放射線科准教授。東京大学医学部医学科卒業後、スイス、ポール・シェラー・インスティチュートに客員研究員として留学とした経験をもつ。著書に『がんのひみつ』『がんの練習帳』など、癌にまつわるもの多数。

漫画/鈴木ポガ子 編集・文/井上峻 監修/中川恵一

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

RELATED ARTICLE関連記事

臓器移植医療給付金付先進医療保険

先進医療と臓器移植に特化した保険

公的医療保険が充実している日本でも、自己負担が高額になるリスクがあります。
臓器移植医療給付金付先進医療保険「Linkx coins(リンククロス コインズ)」は、経済的な負担の大きい先進医療と臓器移植の保障に特化した保険です。

+ VIEW MORE

HL-P-B1-16-00531(2016.09.20-2017.10.31)

無料保険相談サービス

当社のプランナーが親身にお応えします!
お客さまを取り巻く環境、家族構成や将来設計等を把握することから始まり、様々な視点からアドバイスします。