ワタシの国の健康習慣

インド人OLのランチタイムに密着。
アーユルヴェーダ的お手軽ドリンクって?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

乾布摩擦といえば日本古来から伝わる健康習慣。タオルを使い身体をこすることで、風邪などを予防してくれると言われています。そんな先人の知恵は、きっと日本だけでなく海外の色々な国にもあるはず!? ということで出身国の方に、特有の健康習慣を教えてもらおうと思い立ちました。今回は東銀座のIT会社で働く、シプラ・シングさんにお声掛け。無理やり(合意のもと)、社内までついて行って撮影しちゃいました!

今回の国はコチラ!

INDIA
インド

Shipra Singh

しぷら・しんぐ
会社員

スパイスの力で午後も乗り切る!?

オフィス街に咲いた一輪の花? インドカレー屋さんから出てきたオリエンタルな美女を発見! たまらず声を掛けた取材班。北インド出身のシングさんは、時たま、ふるさとの味を食べたくなるんだとか。「スパイスを摂ると元気が出るし、午後の仕事も乗り切れるの」。お願いします、オフィスまで付いて行っていいですか? もっとスパイスの効能が知りたいんです。「え、そこまで言うなら仕方ないな……」。

半ば強引にオフィスに潜入。フリースペースでご飯を食べるシングさんにインタビューを続けます。「ガラムマサラには多様なスパイスがミックスされているから、それだけで色々な効果があるって聞いたことがあるわ。クミンシードは消化促進、ターメリックは肺機能を助けてくれる(母の受け売りだけど)。色々なスパイスを組み合わせているから、できるのよ」。 今度からインドカレーを食べるときは、そういうことも気にしてみよっと。

白湯で心もリフレッシュ。

インドカレーといえば、勝手な思い込みでラッシーとかを飲むイメージだけど、シングさんはお湯を飲んでいるご様子。「お湯じゃなくて白湯(さゆ)よ」。なんですか、その違いは。「お湯を少し冷まして、50度くらいにして飲むのを白湯というの(ただし人によって違うそうです)。白湯を飲むと、心がリラックスできるのよ」。え、でもお湯ですよね……。

「インドには“アーユルヴェーダ”という病気になりにくい心や身体を作るという考え方が古くからあるの。白湯には水分補給だけでなく、体内の毒素を排出するデトックス効果や心を穏やかにする効果があると言われていて。白湯を飲む文化はインド発祥なのよ」。白湯が身体にいいというのはぼんやり聞いたことがあるような。なるほど、そんな効果があったのですね。神秘の国の健康習慣、様々な知恵がいっぱいでした!

写真/黒坂明美 編集・文/井上峻

  • Facebook
  • Twitter
  • LINEで送る

RELATED ARTICLE関連記事

臓器移植医療給付金付先進医療保険

先進医療と臓器移植に特化した保険

公的医療保険が充実している日本でも、自己負担が高額になるリスクがあります。
臓器移植医療給付金付先進医療保険「Linkx coins(リンククロス コインズ)」は、経済的な負担の大きい先進医療と臓器移植の保障に特化した保険です。

+ VIEW MORE

HL-P-B1-16-00531(2016.09.20-2017.10.31)

無料保険相談サービス

当社のプランナーが親身にお応えします!
お客さまを取り巻く環境、家族構成や将来設計等を把握することから始まり、様々な視点からアドバイスします。